乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

パージェタの追加について   [管理番号:6961] 
パージェタを追加するかで悩んでおります。

現在ハーセプチン7回目まできており、パージェタを追加しても半年程度になります。

私の状態でパージェタを追加した場合、再発予防の効果はどの程度あると思われますでしょうか。

もしパージェタ1年に合わせてハーセプチンも半年程度延長可能だとすると効果は上がると思われますでしょうか。

パージェタ追加での下記の副作用の程度・割合、またそれらは薬をやめると戻るものなのか、ずっと残るものなのでしょうか。

下痢・発疹・脱毛
また、そろそろ再建手術(インプラントの予定)も行う時期なのですが、パージェタを追加することによってそちらの手術に影響は出ないでしょうか。

お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご回答頂ければ幸いです。
<女性:53歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

しこり   [管理番号:6960] 
質問です
医師からは何も言われませんでしたが、画面を見ていて赤く光っていた様な?後に思い、こちらのサイトを見つけ拝読させてもらい、この年齢からすると血流があるのはやはり乳がんや葉状腫瘍なのではないか?若い方なら乳腺線維腺腫や乳腺症ならあり得る。

また、血流があると言う事はこれから大きくなるということでしょうか?
今のところ、形や大きさは変わってないように思います。

医師からは形がギザギザやしこりが急に大きく‥病院受診促されました。
と言うことは、疑っているのは葉状腫瘍や乳がんと言うことなのか?不安になりました。

自己触診のやり方もこちらで学び実施していますが、何も付けない状態ですとしこりは触れない為クリームを付けて大きくなっていないかと観察をしていますがこの様なやり方で良いのでしょうか?
■症状:左胸のしこり
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗HER2療法のレジメンと化学療法閉経について   [管理番号:6892] 
質問させてください。

① 術前化学療法でACを4回投与後、タキサン+ハーセプチン4回、術後にハーセプチン9ヶ月投与の予定です。

アンスラサイクリンは副作用がとても強いようで、仕事ができなくなることを懸念しています。
先生が過去レスでローリスクの抗HER2療法としてあげられていたパクリタキセル+ハーセプチン12回、術後にハーセプチンという選択肢は私の現状でも可能ですか?
術前化学療法をするのは温存を希望しているからです。

②10月上旬から時々背中が痛みます。
10日ほど前の検査では骨転移の所見は見られなかったようですが、1CTPも高いので、骨転移が進んでいる可能性が高いですか?増殖能が高いがんのようなので。

③化学療法中は生理は止まると思いますが、終了後も40歳ならそのまま閉経する可能性が高いですか?HER2乳がん初発時化学療法で使える薬の中で、比較的閉経しにくいものはどれですか?

④PETの子宮の集積は、子宮体がんも併発している可能性が高いのでしょうか?
(子宮筋腫などの可能性もあるとのことです)
■病名:乳がん
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肝臓転移 抗がん剤の治療継続判断について   [管理番号:6916] 
昨年の4月乳房よりかなり体の中央にしこりを感じ(マンモグラフィーの挟めない位置)最初に検査した病院は乳腺外科ではありませんでしたが、5mmの大きさで、そんなに硬くなかったので、線維線種と診断されました。

今年の2月にかなり大きくなってきて、不安に感じて再検査、しこり部分がかなり硬く、大きくいびつな形になっていたので、乳腺外科へ紹介状を書いてもらい現在治療中の病院へ。

今年の3月に乳癌と診断され、CTの結果、肝臓にも転移疑いとの状態で
4月から薬物治療に入りました。

針生研結果:
浸潤性乳癌 径21mm
ホルモン 陽性
ハーツー 陽性
Ki-67 70%
ステージⅣ
ルミナルハーツータイプ

肝臓転移 14mm(場所 肝臓上部 肋骨の一番下の骨の裏あたり)

4月からFEC4回

7月造影CT検査:
肝臓、原発ともに薄くなってきているとの説明あり
(この時どのくらい小さくなっているのかは確認しませんでした。)

続けて
8月からドセタキセル+ハーセプチン 4回

10月造影CT検査:
肝臓は転移ではないかもしれない(肝臓7月と変化なし13mm)
原発はかなり小さくなってきている
(画像を見せていただいたら、確かに最初の映像の1/4ぐらいになっていました)
このまま抗がん剤が効いたら見えなくなってしまい、来年の2月検査の造影CTでなくなっていたら、手術は不可能かもしれない。
との事でした。
■病名:浸潤性乳癌
■症状:左乳房上部にしこり
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールAの術後の治療について   [管理番号:6959] 
お聞きしたいことは以下です。

・今後の治療は、オンコタイプDXの結果が高リスクだったら①
低リスク、中間リスクだったら②で良いのでしょうか?
(①はキツ過ぎ、②は気休め??のようにも感じますが。

そもそも低リスクだったらUFT内服も不要でしょうか?
私自身の気持ちとしては、髪の抜ける治療は避けたいですが、
高リスクであるならば受ける覚悟はあります。)

オンコタイプDXの結果を待ってからとも思いましたが、
こちらの質問はすごく人気で受け付けてもらえるまで時間がかかるかもと思い少し先走ってしまいました。

お忙しいところ恐れ入りますがよろしくご回答を頂けたらと思います。
<女性:54歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。