乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

5㎜の腫瘤、生検をするか様子見か   [管理番号:6194] 
そのクリニックでは針生検まではできるのですが、腫瘤が5㎜と小さいので針生検(バネ式)は的を外す恐れがあるのと、本来1cmほど採れば良い組織を2cmほど採ることになることから、勧めたくないとのこと。

どうしても確定診断を受けたいなら、設備のある病院でマンモトームか外科的生検を受けられるように紹介状を書くと言われました。

さらに もしもマンモトームをするなら、
しこりの元の位置がわからなくなることを考慮して、事前にMRI をとっておくのも良いかもしれないという意見でした。
その一方で当面何もせず、2~3カ月後に再度エコーで大きさの変化を見るという案も出され、どうしたものか迷っています。

腫瘤の形状は不整で境界明瞭(素人目にはツノが一本あるマリモ型)、一部微細分葉状。
乳管との交通あり、血流なし。
現在56才ですが、直近の9年間ホルモン補充療法を続けていました。

田澤先生のご意見をお聞かせいただければありがたいです。
■病名:浸潤性乳管癌(硬癌)
<女性:56歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

針生検後に新たにできたしこり?   [管理番号:6796] 
3週間前くらいから、おそらく針生検したしこりの隣に同じ大きさくらいのしこり?皮膚に近く割と柔らかな。
が出来ました。

私はこれが元々あったしこりだとこの3週間勘違いしていたのです!

昨日、あれ?この位置だったっけ?と思いもう少し下を触るともう一つあり、びっくりしました。

胸の左下から針を刺した跡があり、その上あたりにしこり、そのさらに上に今回勘違いしていたしこりがあります。

大きさは1~2センチくらい?
だと思います。

これは針生検によって出来たものでしょうか?
■症状:針生検後に新たにできたしこり
<女性:37歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

両側乳がん リンパ郭清   [管理番号:6683] 
A病院で手術予定(8月(中旬)日)(A病院医師とクリニック医師との2名で手術)
提案された治療方針は、
1. 左乳房部分切除+SNリンパ節生検のみ(転移にかかわらず郭清しない)
2. 放射線治療25-30回
3. ホルモン治療5年ないし10年

母は左乳房全摘でもかまわないのですが、疑問はSNリンパ生検に転移があった場合です。
過去に右リンパ節郭清済みのため今回左リンパ郭清はさけ、(リンパ浮腫を回避するため)術後放射線治療で制御する方針のようです。
標準治療ではレベル2まで郭清するのだが、両側だから、
郭清できないとか(しにくいとか)あるんでしょうか?レベル1まででないのは、画像診断からでしょうか。
ちなみに母は過去にリンパ浮腫の経験はありません。

リンパ節転移は腫瘍の大きさからして、確率的には低いが、画像では腫れているところがれているところが数か所あるようです。
右リンパがないので比較対称できないとのこと。
SNリンパに転移がなければいいのですが・・・
■病名:乳がん
<女性:74歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

よろしくお願いします   [管理番号:6778] 
去年しこりに気づき細胞診をしたところ良性との結果が出ました。
1か月前から乳頭からの出血がありマンモエコー細胞診の結果 しこりは3つあり大きいもので2cm。
小さいもので5mm。
非浸潤性の疑いとの事で大学病院に紹介状を書いてもらい先週組織診をして今結果待ちです。
その際脇の下の触診では何も言われず非浸潤性か浸潤性かで治療内容も変わってくるから手術してから治療法を考えましょうと言われました。

1か月前から咳が続いており既に肺に転移しているのではと不安になっています。
手術前にある程度のステージや非浸潤性か浸潤性かはわからないのでしょうか? 医師からは、もし浸潤性だった場合ステージ1.2どころじゃないと言われ、不安でたまりません。
■症状:しこり、乳頭分泌
<女性:26歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

手術後の治療について   [管理番号:6795] 
昨年、しこりに気づきましたが、その時は4ミリ。
生検はしていただけず、一年後の今年、7月中旬にマンモトーム生検をして、
8月(上旬)日に、トリプルポジティブ と診断をうけましたが、その時は、1.8ミリ。
リンパ節には転移を認められませんでした、その後、CT.PET.
MRI でも転移はありませんでしたが、8月(下旬)日に、温存で手術をしましたが、
病理検査では
浸潤性乳管癌 硬性型
浸潤径23ミリ
断片陰性
組織波及型 脂肪
脈管侵襲 リンパ1 血管1
核型 NG 3 HG3
センチネル 6.
level2 4.

今後の治療は、EC療法→
ドタキセルかパクリタクセル
分子治療薬 ハーセプチン
放射線 残存乳房 鎖骨領域
ホルモン治療 タモキシフェン

とフルコースになりました。
■病名:乳癌
■症状:乳首の痛み
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤   [管理番号:6794] 
乳がんの病理結果がステージ2aとなりました。

まず、2aは早期でしょうか?
ほぼ非浸潤でしたが、浸潤がパラパラありました。
リンパ6個中1個だけ
2.1mmの転移がありまして、ホルモン剤治療、抗がん剤について、ぎりぎりの転移なので、先生はどうしょうかなという感じです。

先生から言われた病理結果を記載します。

一番大きい浸潤部分 0.8×1.7
核グレード2
エストロゲン 8/8 プラス
プロゲストロン6/8 プラス
HER2 0 マイナス
ki67は言われておりません。

また、術中のセンチネルリンパに一個だけ微小転移がありましたので、
サンプリングとして、リンパを四つ取ったようですが、いずれも転移ありませんでした。

後、よくわかりませんが、リンパ管の数字が3なので、放射線もしたほうがいいじゃないかということです。
果たして、抗がん剤と放射線は必須でしょうか?
私は今40歳で幼い子供が2人います。
抗がん剤と放射線は出来れば避けたいです。
オンコタイプDXの検査を受けたいのですが、
意味ありますでしょうか?
■病名:乳がん
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。