乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6778]
性別:女性
年齢:26歳
病名:
症状:しこり、乳頭分泌

質問させて頂きます。

去年しこりに気づき細胞診をしたところ良性との結果が出ました。
1か月前から乳頭からの出血がありマンモエコー細胞診の結果 しこりは3つあり大きいもので2cm。
小さいもので5mm。
非浸潤性の疑いとの事で大学病院に紹介状を書いてもらい先週組織診をして今結果待ちです。
その際脇の下の触診では何も言われず非浸潤性か浸潤性かで治療内容も変わってくるから手術してから治療法を考えましょうと言われました。

1か月前から咳が続いており既に肺に転移しているのではと不安になっています。
手術前にある程度のステージや非浸潤性か浸潤性かはわからないのでしょうか? 医師からは、もし浸潤性だった場合ステージ1.2どころじゃないと言われ、不安でたまりません。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

肺転移は1000%ありませんので無駄な心配はしないように

「去年しこりに気づき細胞診をしたところ良性との結果」
「1か月前から乳頭からの出血がありマンモエコー細胞診の結果 しこりは3つあり大きいもので2cm。小さいもので5mm。非浸潤性の疑い」

→この状況からすると、乳管内腫瘍(乳頭腫もしくは非浸潤癌)の可能性が高いです。(さすがに、「浸潤癌だったら細胞診で良性」とはならなかったでしょう)

「先週組織診をして今結果待ち」
「 手術前にある程度のステージや非浸潤性か浸潤性かはわからないのでしょうか?」

→組織診で出てきますよ(ただし、微小浸潤など最終的には手術標本でないと確定しません)

「 医師からは、もし浸潤性だった場合ステージ1.2どころじゃないと言われ、不安」
→馬鹿げている。(患者さんを無駄に心配させるようでは困ったものです)

 前医から「非浸潤癌の疑い」として紹介されているのをお忘れなく。

 
 

 

質問者様から 【質問2 質問させて頂きます。】

性別:女性
年齢:26歳
病名:
症状:

先日は丁寧に回答して頂きありがとうございました。

組織診の結果が出ました。

3つあるしこりの内2つは良性腫瘍との事でした。
一番小さいしこりは小
さすぎて取りきれず11月に細胞摘出手術(2泊3日全身麻酔)をし病理検査になりました。
その際良性腫瘍もすべて摘出してもらう事になりました。

そこでまた質問なのですが、
組織診で良性の場合、癌の可能性はないという事ですか?
細胞診で非浸潤疑いと言われているのに組織診で良性が出る事はあるのでしょうか?
まだ乳頭出血も続いており、やはりそれは一番小さいしこりが悪さをしてると考えればいいのでしょうか?
医師の話を聞く限りでは小さいしこりが非浸潤か浸潤だからと言われています。
小さいしこりは組織診で取りきれなかったのに癌なのか疑問です。
小さいしこりも良性ということはないのでしょうか?
手術まで1カ月以上あります。

それまで2週間に一回通院しその都度、細胞をとって悪性になっていないか(浸潤性だった場合良性が悪性になるかもしれないからと言われました)調べるそうです。
良性と出ているのに2週間に一度のペースで細胞を取ると言う事は実は悪性なのではないか、、など不安でいっぱいです。

また、手術までの間に進行することはないのでしょうか?

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

細胞診も組織診も医師により診断精度に差があるので、私が(その大学病院の医師達の)「細胞診や針生検の結果が正しいのか?」判断することはできないしコメントできません。
ただ、(結果として)全て手術で摘出するのであれば、(組織診の精度がどうであれ)最終的には正しい診断となるので安心ですね。

 
 

 

質問者様から 【質問3 非浸潤性乳がんについて】

性別:女性
年齢:26歳
病名:非浸潤性乳がん
症状:

こんにちは。

先日摘出生検をし結果が出ました。

やはり小さい腫瘍が原因で非浸潤性乳がんでした。
(他の腫瘍は良性でした)
摘出生検(腫瘍の周りを大きめに取ったと言っていました)で取り切れていると思われるので追加手術は行わず来週から放射線治療になりました。
放射線が終わったら治療は終了だそうです。

そこで質問なのですが、
①摘出生検しかしていないのに追加手術や全摘はしなくていいのでしょうか?私は全摘の覚悟も出来ていたのですが、先生は全摘はしなくていいとのことでした。

②本当に取り切れたのか、これから先再発はしないのか?
③放射線後ホルモン療法をした方がいいのか?
④今小さい子供がいるのですが、2人目も欲しいと思っています。
治療終了後妊娠などに問題はありますか?

田澤先生の意見をお聞かせ下さい。
よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「①摘出生検しかしていないのに追加手術や全摘はしなくていいのでしょうか?私は全摘の覚悟も出来ていたのですが、先生は全摘はしなくていいとのことでした。」
「②本当に取り切れたのか、これから先再発はしないのか?」

→担当医が「もしも癌であってもいいように(追加手術はしなくてもすむように)」
というつもりで手術しているのであれば(そして病理でも断端陰性であれば)追加手術は不要でいいとは思います。

「③放射線後ホルモン療法をした方がいいのか?」
→不要(非浸潤癌に全身療法は不要)

「治療終了後妊娠などに問題はありますか?」
→当然!!

 何の支障もありません。

 
 

 

質問者様から 【質問4 再発について】

性別:女性
年齢:26歳
病名:非浸潤
症状:

こんにちは。
何度もお世話になってます

放射線も残り2週程になりました。
そして先日詳しく病理の結果を聞いて来ました。

断端は陰性
lowグレード
主治医からは再発の可能性は低いと説明を受けました。

しかしネットで検索してみると局所再発率も高く、遠隔転移している人もいるようでショックで不眠症になってしまいました。
私のように若年性だと、もっと再発率は高くなるのでしょうか?
まだ子供も小さく、成長を見届けるまで死にたくありません。
せめて60歳までは生きたいです。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

「主治医からは再発の可能性は低いと説明を受けました。」
→ここでいう「再発」は(遠隔転移再発ではなく)「局所再発(温存乳房内再発)」のことを言っているようです。
 ★非浸潤癌では遠隔転移再発はしません。

「しかしネットで検索してみると局所再発率も高く」
→局所再発は「手術」によって全く異なるので、担当医の「可能性は低い」という言葉を信頼すべきです。

「遠隔転移している人もいる」
→極めて例外的なことで悩むのは、まるで「自分の家に飛行機が落ちてこないか、心配で眠れない」ことと同様と言えます。

「私のように若年性だと、もっと再発率は高くなるのでしょうか?」
→無関係

「まだ子供も小さく、成長を見届けるまで死にたくありません。」
→非浸潤癌では死にません。
 ご安心を。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。