乳がんは早期発見、早期治療で治せる癌です。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

化学療法を選択するか迷っています。   [管理番号:1996] 
子宮筋腫や高血圧などの不安材料がありすぎて化学療法をする決断ができずにいます。
■病名:浸潤性乳管癌(硬癌)
<女性:49歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

脈管侵襲と放射線   [管理番号:6705] 
8/(上旬)に右乳房、乳頭温存皮下乳腺全摘手術を行い、現在エキスパンダーを挿入しております。

手術前のエコーでは脇のリンパ節には転移は無いと言われていましたが、センチネルリンパ節生険で2個中1つに5ミリの転移がありリンパ節郭清を受けました。

病理結果
浸潤癌lcm(+非浸潤1cm)
リンパ節12個取った内、センチネルリン
パ節1つに5mmの転移
ly2、VO
ホルモンER+,PgR+HeR2+
KI67 20~30%

ちょうど浸潤径が1cmですが、リンパ節に1つ転移があり、ハーセプチンが効くので9月から化学療法(TCH)+ハーセプチンを行う予定です。

その後ホルモン治療を5年の予定です。

主治医から脈管侵襲がly2だから放射線も最後に追加してもいいかもと言われ動揺してます。

全摘していて、リンパ郭清していて、リンパ節転移が1つなのにly2というのはそんなに危機的状況なのでしょうか?

全摘でも乳頭温存皮下乳腺全摘手術だからなのでしょうか?
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

 
 

Q&Aコーナーで質問をした方へ。

可能な方は、その後の【結果(経過)】をおしらせください。
【結果】のご案内ページはこちらをクリックしてください。