Site Overlay

7月7日(木)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

混合型粘液癌の予後に関して   [管理番号:10420]
1 混合型粘液癌は珍しい乳がんとのことですが、生存率や再発率といった予後はどうなのでしょうか?

2 今後の治療法としてはホルモン療法のみがよいでしょうか? それとも、オンコタイプDXの検査をして抗がん剤の使用も検討する方がよいでしょうか?

3 ホルモン療法において、抗エストロゲン薬とアロマターゼ阻害薬、どちらを第一選択にする方がよいでしょうか?

4 粘液癌はリンパ行性転移より血行性転移の方が多いようですが、今後の検査の間隔・頻度と検査方法はどのように行われるのでしょうか?
■病名:混合型粘液癌
<女性81歳> ……【詳しく読む】混合型粘液癌の予後に関して

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン剤の期間について   [管理番号:10419]
約9年前にステージ2の乳癌多発(4個、最大1.7cm)で右を全摘しました。

リンパ転移33個取り1個転移があり、ki67 43%という事で、その後
TC療法をしました。

TC療法が終了した3月から 3年程トレミフェン、5年程アナストロゾール を服用しています。
合わせて10年飲むと思っておりましたが、4月に主治医から「アナストロゾール 5年飲んだので ホルモン剤を終了しますか?」と、言われました。
突然で決められず、その日は3ヶ月分薬をもらって帰りました。
主治医からは「やめてもあと2年飲んでもどちらでも良いです」と言われています。

副作用として感じるのは脱毛(遺伝かもです)と、膣萎縮、記憶力の低下です。
骨密度は100あります。

悩んで決められません、先生なら、どちらを選択されますか?
■病名:乳癌
<女性57歳> ……【詳しく読む】ホルモン剤の期間について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳管がんについて   [管理番号:10263]
自分で大きめなしこりに気付き、生検検査をしてもらったところ3箇所から非浸潤癌が見つかった。

またそのうち1箇所からは少量の浸潤もみつかった。
と病理の結果がでました。

担当医の先生はほとんどが非浸潤部分だと思うよ、と言ってくれたのですが、非浸潤癌はしこりや腫瘍を作らない。
とネットで見ました。

非浸潤癌で手で触れるしこりを作るってことは無いのでしょうか?
■病名:乳がん
■症状:胸のしこり
<女性33歳> ……【詳しく読む】非浸潤性乳管がんについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の補助療法などについて   [管理番号:10418]
以下についてご意見をよろしくお願いします。

①AC療法はTC療法より効果が低いというのを拝見しました。
アレルギーで仕方のないことですがやはり不安です。
AC療法単独で大丈夫でしょうか?

先生なら代わりに何を提案されますか?

②今後タキサン系の抗がん剤(パクリタキセルなど)は使えないのでしょうか?

③オンコタイプの再発率が思ってたより高くてショックを受けました。
年齢が若いと再発率が高いというのは本当なのでしょうか?
ki値も高くて不安です。
(予後には関係ないという先生の言葉が希望です)
■病名:乳がん
<女性36歳> ……【詳しく読む】術後の補助療法などについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳頭下の穴からの透明な分泌があります   [管理番号:10417]
3日前、自己検診で見つけましたが、右の乳頭の下(乳頭と乳輪の境)に
小さな穴があり、そこから少しですがキラッと透明のものが分泌していました。

乳頭以外でも3ヶ月様子を見て受診でもよいでしょうか。

先月エコー検査で異常なしでした。
■症状:乳頭以外からの分泌
<女性55歳> ……【詳しく読む】乳頭下の穴からの透明な分泌があります

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up