Site Overlay

5月19日(木)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後再発予防のための治療について   [管理番号:10284]
《担当医師より》

◎ERが低いが5%あるのでホルモン療法の適用となる。

◎抗癌剤をするかどうかについては、

希望するならオンコタイプdx検査ができるので、
→その結果も判断材料の一つとして相談しましょう。

◎ただし、小葉癌という少ないタイプの乳がんでありデータが少ないため、オンコタイプdxしたとしても結果をそのまま当てはめるかどうかは悩むところではある。
と言われています。

そして、抗がん剤について決めるまでの間に
ホルモン療法を開始しましょうと言われ、
アロマターゼ阻害薬の服用を開始しています。
■病名:乳癌
<女性56歳> ……【詳しく読む】術後再発予防のための治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

最終結果   [管理番号:3671]
私は先月に左乳房の全摘出手術終えました。
<結果>
●乳頭腺管癌(浸潤7mmあり、ステージ1a)

●リンパ節転移なし
●核グレード1、病理グレード1
●エストロゲンレセプター+、プロゲステロンレセプター+
●HER2陰性
●ki67が5%

と分かりました。
抗ホルモン剤内服に決定しました。
先生から見ても、ホルモン剤必要かいらないか知りたいので10月に江戸川病院に予約を入れました。
<女性:34歳> ……【詳しく読む】最終結果

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

妊娠してから、線維腺腫が大きくなっています。妊娠を継続しても大丈夫ですか。   [管理番号:10283]
先生に伝えたところ、葉状腺腫の場合、悪性はとても少なく、転移はしにくいとのことでした。
ただ家族歴もあるし、万が一転移があると、他の乳癌とは違い、まだ詳しい治療法が見つかっていないので治療が難しいとのことでした。

手術は、胎児への影響があるため出産後と言われていますが、それまで待っているだけで問題はないのでしょうか?
万が一、悪性の葉状腺腫だった場合でも、出産後の手術で間に合いますか?
緊急性がわからなくて不安です。
■病名:乳腺線維腺腫
■症状:両胸に複数のしこり
<女性37歳> ……【詳しく読む】妊娠してから、線維腺腫が大きくなっています。妊娠を継続しても大丈夫ですか。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティヴの進行速度、治療方法について   [管理番号:10196]
私の状況ですが、
2021年11月29日地域のがん検診でマンモ、結果異常なしでした。

2021年12月10日エコー検査で腫瘤が見つかり、2022年1月19日再びマンモ、エコー検査にて怪しい影あり、針生検結果はグレーのため、太い針で再度、クラスⅢ。

質問①11月のマンモで映らなかった物が1月に大きくなっていたのか?
撮影の仕方によるものなのでしょうか?
(マンモ検査は同じクリニックです)

質問②トリプルネガティヴの場合、抗がん剤治療から行われ、手術となることが多いようですが、手術が初期治療となることもあるのでしょうか。
■病名:乳癌 ステージⅡ トリプルネガティヴタイプ
<女性57歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティヴの進行速度、治療方法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

腋窩鎖骨下リンパ節転移節外浸潤について   [管理番号:10161]
今は1ヶ月後に病理結果説明待ちなのですが、
気になる事があり、質問させていただきます。

私の場合、リンパ節がかなり節外浸潤しており、腋窩静脈にガッチリ癒着し、筋肉にも浸潤していたため、大胸筋と小胸筋ごと切除した。
かなり難しい手術でした。
との事。

手術が終わりやっと安堵したのも束の間、かなり落ち込んでおります。

①私のように節外浸潤していた場合、先生の今までのご経験から、やはり全身転移している可能性は非常に高いのでしょうか?

②抗癌剤治療は迷っているのですが、もししなかった場合、放射線治療+イブランスになるようですが、それは根治は望めず延命治療に近い状態なのでしょうか。
■病名:腋窩鎖骨下リンパ
<女性51歳> ……【詳しく読む】腋窩鎖骨下リンパ節転移節外浸潤について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up