Site Overlay

3月22日(火)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

治療方法の選択について   [管理番号:10163]
質問したいのは治療法についてです。

今、医師から提案されているのは以下の2つです。

どちらを選択したら良いのか悩んでいます。

方法1.
EC療法→抗がん剤3ヶ月+抗Her2剤1年→手術→放射線治療
方法2.
手術+センチネルリンパ節生検(手術の際に実施)→放射線治療
陽性の場合 EC療法→抗がん剤3ヶ月+抗Her2剤1年
陰性の場合  抗がん剤3ヶ月+抗Her2剤1年

医師からは方法1がスタンダードと言っていました。

術前化学療法だと薬が効いているのかわかる点、年齢が若い点から、こちらがお勧めだそうです。
■病名:乳がんステージ1 左胸しこり1.3cm ルミナルB HER2陽性
■症状:胸のしこり
<女性39歳> ……【詳しく読む】治療方法の選択について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後6年でのリンパの腫れ   [管理番号:10162]
2015年 8月 右乳房全摘手術
大きさ1.2cm 浸潤経1.5mm ki67 18% トリプルネガティブ
術中センチネルリンパ節陰性
病理結果でリンパ節転移あり。
(0.2mm1つ・0.2mm以下2つ・計3つ)
ステージ2A

2013年 全身性エリテマトーデス発症のため放射線治療ができず術後TC療法発症からステロイド・免疫抑制剤 服用中。

以降、年1度のマンモ、半年おきの血液検査、3ヶ月おきの主治医によるエコーをしてきました。

術後6年目の検診で右腋窩リンパ節が腫れていました。
コロナワクチン接種後だったため経過観察し、3ヶ月後に再度エコー。

3ヶ月経っても腫れていたので、その場で細胞診し、結果は陰性でした。

また、その3ヶ月後にエコーしたところ、まだ腫れており鎖骨リンパも腫れていました。

主治医は細胞診して大丈夫だったので問題ないとおっしゃいました。
■病名:乳癌
■症状:右腋窩リンパ 鎖骨リンパの腫れ
<女性43歳> ……【詳しく読む】術後6年でのリンパの腫れ

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

進行性粘液癌   [管理番号:7086]
一年前に1.5センチの腫瘍が見つかりましたが、良性だろうとのことで半年ごとの検査で、半年後には変化なく、今回の検査で2センチに大きくなっていたため細胞検査したところ悪性で進行性粘液癌との診断でした。

HER2 +3
ER +3
Pgr +1
KI-67 30%
乳首のすぐ横に2センチのしこりあり。
MRIで脇のほうにも小さいしこりがありそうなので全摘出手術予定です。

術前にセンチネルリンパ生検してからリンパ郭清するかは決定。

手術後1か月してから
抗がん剤FEC 3週おき×4回
抗がん剤DOC+HER 3週おき×4回
リンパ郭清すればここで放射線治療5週間
その後HER トータル1年間(3週おき)
ホルモン療法開始と言われました。

質問①すぐに手術するよういわれましたが、深刻な状態でしょうか?
②粘液癌は進行しにくいと書いてあるのを見たことありますが、どうなのでしょうか?
③粘液癌は抗がん剤が効くのでしょうか?
④術後の治療は、上記の方法以外に副作用の弱い抗がん剤を使うとか方法はないのでしょうか?上記のとおりに治療をうけたほうがいいのでしょうか?
■病名:粘液癌
<女性:45歳> ……【詳しく読む】進行性粘液癌

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

手術が延期に   [管理番号:10057]
昨年秋の健康診断で引っかかり、12月に乳がん告知となり、検査済ませて2月頭に手術となっておりました。

しかし、入院前日の夜、家族にコロナ陽性がわかり一旦延期となりました。

これまで既に二ヶ月待ち。
もしかすると、この先二ヶ月待つことになる可能性もあるとのこと。

隠して行って病院に迷惑をおかけすることはできないです。

しかし当日のキャンセルとなりそれも迷惑をおかけすることとなり、心苦しいばかりです。

手術がいつになるのか、不安です。

やはり、悲観するようなじょうきょうでしょうか。

右乳管がん
2b
ki67 10%
HER2-
しこり2.2cm

いま聞かせていただいている状況は上記の通りです。
■病名:浸潤性乳管がん
<女性41歳> ……【詳しく読む】手術が延期に

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

腋窩鎖骨下リンパ節転移節外浸潤について   [管理番号:10161]
今は1ヶ月後に病理結果説明待ちなのですが、
気になる事があり、質問させていただきます。

私の場合、リンパ節がかなり節外浸潤しており、腋窩静脈にガッチリ癒着し、筋肉にも浸潤していたため、大胸筋と小胸筋ごと切除した。
かなり難しい手術でした。
との事。

手術が終わりやっと安堵したのも束の間、かなり落ち込んでおります。

①私のように節外浸潤していた場合、先生の今までのご経験から、やはり全身転移している可能性は非常に高いのでしょうか?

②抗癌剤治療は迷っているのですが、もししなかった場合、放射線治療+イブランスになるようですが、それは根治は望めず延命治療に近い状態なのでしょうか。
■病名:腋窩鎖骨下リンパ
<女性51歳> ……【詳しく読む】腋窩鎖骨下リンパ節転移節外浸潤について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up