Site Overlay

2月15日(火)② 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

素朴な疑問   [管理番号:10087]
素朴というか、率直な疑問が湧くのですが、
①検査で良性と言われたもの、もしくは判断出来ず経過観察だったものが悪性だった(観察の間に大きくなった)、
②全摘で局所再発しないはずなのに取り残しがあって再手術、というのは医療ミスとは言えないものなのでしょうか。
そんな単純なものではない?
これは仕方のないことで、患者のもやもやは受け入れるしかないのでしょうか。
■病名:乳がん
<女性49歳> ……【詳しく読む】素朴な疑問

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

細胞診クラスⅢaについて   [管理番号:10086]
健康診断(エコーのみ)で要再検査だった為、
紹介状をもらい乳腺外科にてマンモ、エコーまでしてもらいました。

結果はしこりが左右で4つ。
そのうち右胸の1つが不整形だった為、
細胞診までしました。

結果はⅢaで、悪性の可能性は30%であり、
別病院でMRI検査を勧められました。

細胞診で要再検査になった場合は、組織診をするではないのかと聞いたところ、MRI検査を飛ばして組織診をする事もできるが、
癌だった場合、組織診をする事によってがん細胞が腫瘍周辺にも広がる為、
早急に治療が必要になる事から、リスクがあるような言い方をされました。

そのような事はあるのでしょうか。
■症状:乳房痛、胸のしこり
<女性30歳> ……【詳しく読む】細胞診クラスⅢAについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプDX結果 50歳以下RS21-25の治療   [管理番号:9215]
私は今回の結果をもってTC療法をすれば、(ケモありケモなしの差が5~6%位あるので)9年遠隔再発率12%に上乗せを期待できるのでしょうか?それとも、この年齢による補足情報は化学療法による卵巣機能抑制によって予後が改善しているという考えからタモキシフェンにリュープリンを追加して治療すれば十分、化学療法上乗せ効果なしなのでしょうか?主治医にはどちらの治療にするか迷っていることは伝えています。

或いは、田澤先生がよく掲示してくださる
「RS≦20 抗がん剤不要
21~25 抗がん剤不要 TAM(タモキシフェン内服薬)
+ LH-RHagonist(注射薬)必要
RS≧26 抗がん剤必要」、但し、「LH-RHagonistの併用効果は「化学療法閉経後の月経回復」と「35歳未満」となります」をもとにすると、私の場合はタモキシフェン単薬治療で十分、リュープリンは私の年齢では適応外となるのでしょうか?
■病名:右乳がん
<女性:46歳> ……【詳しく読む】オンコタイプDX結果 50歳以下RS21-25の治療

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳房温存術の後の治療   [管理番号:9935]
その後の手術ではセンチネルリンパ節には転移は全く無く、癌は全て取り除いたと先生が仰っていました。

再発や転移の可能性があるから治療はした方が良いと思っています。
もともとPCOS、子宮内膜症(チョコレート嚢胞)などもありますが子供がまだ居なくて欲しいと思っていて、色々悩んでいます。
チョコレート嚢胞も今8cmで近々手術を検討しています。

先生に質問です。
私みたいな状態で放射線治療とホルモン療法をしなかった場合、再発率、転移率はどのようなものですか?
もし治療はせずに定期的に検査をしてまた再発した場合に全摘や治療をするという考えはどう思いますか?(その時は抗がん剤治療でしょうか?)
定期的に検査の間、再発の発見の前に転移をする可能性は高いでしょうか?
今子供が欲しい場合どの治療法で進めるんが良いと思いますか?
■病名:乳癌初期
<女性35歳> ……【詳しく読む】乳房温存術の後の治療

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後6年目のベージニオ適用について   [管理番号:10085]
・2016年 Stage3硬癌、T3N1M0(浸潤径9センチ)、ルミナールb
ki67 60%、グレード3、ER・PgR 90%、Her2陰性
・抗がん剤→手術→放射線→ホルモン治療中(Tam,LH-RHアゴニスト)

【質問】
1.現在術後6年目となりますが、今からベージニオを服用する事は可能でしょうか?可能な場合、先生ならすすめますか?

2.浸潤径も大きく再発高リスクだと思いますが、もしベージニオの適用外となっても、術後6年以降、このまま無再発で過ごせる可能性の方が高いでしょうか?
<女性35歳> ……【詳しく読む】術後6年目のベージニオ適用について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up