Site Overlay

1月12日(水)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。【1/7受付分】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳がんの告知を受けました。   [管理番号:9260]
(1)手術が立て込んでいるのであれば、手術日を予約した上で、その間にできる抗がん剤をするという形をとりたいと考えているのですが、こういうことは可能でしょうか?
コロナの影響で総合病院の1つが新規受入中断していることも不安材料の1つです。

(2)抗がん剤は定期的にやらないと効果が下がるということはないのでしょうか?

(3)抗がん剤を手術の前後にすることで、個人病院の乳腺内科と総合病院の乳腺外科で連携が難しいことはあるのでしょうか?

(4)住まいが(東海)県なのですが、手術を田澤先生にして頂くことは可能でしょうか?
可能であれば手術以外にも術前の検査等で何回くらい診察する必要がありますか?
最短でどれくらいで手術して頂けるでしょうか?
治療後の定期検診は乳腺内科でも大丈夫でしょうか?
■病名:乳癌
■症状:しこり
<女性:42歳> ……【詳しく読む】乳がんの告知を受けました。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ステージ4 トリプルネガティブ   [管理番号:9988]
12月に受診した時には乳房が硬く浮腫みも酷くなっていました。
改めて検査をした所
左乳房、右脇に1つ、鎖骨上窩に2つのがんがありました。

糖尿病も見つかった為、血糖値がコントロールできるまで
FEC6回、パクリタキセルアバスチン6回を終え、22年1月(上旬)日左乳房全摘、腋窩リンパ節郭清+植皮、右リンパ生検の手術をしました。
担当医からは対側リンパ節に転移しているためステージ4と言われました。
今現在、内臓、骨には転移していません。
今後の治療は、放射線と抗がん剤になります。

良い結果出ない事はわかっていたのですが、少しでも前向きに治療に取り組めるようにしたいのですが、これから先少しでも良い状態でいられるのでしょうか。
■病名:左再発性乳がん
<女性52歳> ……【詳しく読む】ステージ4 トリプルネガティブ

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肝転移後の治療の選択肢について   [管理番号:9156]
2018年10月 妊娠中にしこりに気づき乳がん発覚
2018年11月 針生検にて浸潤性乳管がんと診断
2018年12月 出産
2019年1月 右全摘手術、リンパ郭清あり、再建予定なし
2019年2月 術後の病理診断

浸潤性乳管がん
浸潤部分腫瘍径 6.5センチ(術前は2.2センチ)
リンパ節転移 10/11
グレード 2
ER +、PgR +陽性
HER2 陰性-
ki-67 36%

腫瘍径6.5センチと大きく、郭清したリンパ10個転移ありの為、
ルミナールタイプですが、抗がん剤治療→放射線治療→ホルモン治療のフルコースを進められる

2019年3月 近くの病院に転院し、EC療法開始
2019年5月EC終了.ドセタキセル開始
2019年8月ドセタキセル終了
2019年9月放射線治療30回、ホルモン治療(リュープリン、タモキシフェン)開始

先日術後2年の CTにて転移性肝臓腫瘍の疑いがあると言われ、
腫瘍マーカーは正常値で、CT画像だけでは確定診断ができないので来週にPET CTで詳細と骨等に転移がないか確認する事になりました。
<女性:42歳> ……【詳しく読む】肝転移後の治療の選択肢について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

単孔分泌物について   [管理番号:9987]
生理前に胸がかなり単孔で張りオレンジ色の分泌物が続いていましたが生理が始まると胸の張りが落ち着き分泌物は徐々に減り始め色は薄い透明に近い黄色になりました。
でまた排卵を過ぎた頃からまた量が増え始め色は少し濃くなります。

この状況が3ヶ月ほどつづいています。
量が増える時期と減る時期がありますが全く分泌物がない時期は3ヶ月ありません。
これはホルモンの現象での症状なのでしょうか?それとも乳腺の病変があるのでしょうか。
単孔分泌物なのも気になります。
<女性44歳> ……【詳しく読む】単孔分泌物について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプDX   [管理番号:8901]
質問させていただきます。

①主治医の先生からはオンコタイプで、低リスク、中間リスクになった人は抗がん剤は必要ないと言っていたのですが、あるネットでは「中間リスクの人は抗がん剤は必要ないが、50歳以下で中間リスク16~25の人はある程度の化学療法の利益があった」と書いてありました(でも、今は30までが中間リスクと書いてあるので、
この情報は前の情報かもしれません)。
田澤先生はどうお考えでしょうか?中間リスクでも、限りなく高リスクに近いスコアだったら、抗がん剤は必要ですか?それとも必要ありませんか?

②もしオンコタイプで抗がん剤必要なしとでた場合、私のがんはKi67:28.6%でグレード3なのですが、ほんとに抗がん剤を使用しなくても大丈夫なのでしょうか?

③オンコタイプDXの検査結果から、抗がん剤をすることになったら、手術から2ヶ月強あくことになります。
遅くはないのでしょうか?早ければ越したことないのでしょうけど、最低どれくらい空いても大丈夫でしょうか?今はゾラデックス注射を一度受けています。

④Ki67:20%、グレード1とKi67:28.6%、グレード3では、だいぶ予後は変わりますか? グレード3と聞いたとき、ショックですぐに死という言葉が頭をよぎりました。
■病名:乳ガン
<女性:43歳> ……【詳しく読む】オンコタイプDX

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up