Site Overlay

肝転移後の治療の選択肢について

[管理番号:9156]
性別:女性
年齢:42
病名:
症状:
投稿日:2021年1月31日

2018年10月 妊娠中にしこりに気づき乳がん発覚
2018年11月 針生検にて浸潤性乳管がんと診断
2018年12月 出産
2019年1月 右全摘手術、リンパ郭清あり、再建予定なし
2019年2月 術後の病理診断

浸潤性乳管がん
浸潤部分腫瘍径 6.5センチ(術前は2.2センチ)
リンパ節転移 10/11
グレード 2
ER +、PgR +陽性
HER2 陰性-
ki-67 36%

腫瘍径6.5センチと大きく、郭清したリンパ10個転移ありの為、
ルミナールタイプですが、抗がん剤治療→放射線治療→ホルモン治療のフルコースを進められる

2019年3月 近くの病院に転院し、EC療法開始
2019年5月EC終了.ドセタキセル開始
2019年8月ドセタキセル終了
2019年9月放射線治療30回、ホルモン治療(リュープリン、タモキシフェン)開始

先日術後2年の CTにて転移性肝臓腫瘍の疑いがあると言われ、
腫瘍マーカーは正常値で、CT画像だけでは確定診断ができないので来週にPET CTで詳細と骨等に転移がないか確認する事になりました。

PET CTの結果にもよりますが、肝転移だった場合は、今のホルモン剤の薬があまり効いていないという事になるので、ホルモンの薬を変更して様子をみるようになると思いますと言われました。

今2歳の子供がおり、出来る限り長生きをしたく、肝転移の場合予後がよいと思われる治療の選択肢を教えて頂けますでしょうか。

ホルモン剤を変えた所で肝臓の腫瘍が無くなる事はないですか?
抗がん剤をした方が、腫瘍は無くなる可能性はありますでしょうか?
また加入しているがん保険に先進医療特約がついているのですが、重粒子線治療や陽子線治療などは転移性肝腫瘍に有効でしょうか?

宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

再発治療にスタンダードはありません。
まずは画像診断結果を待ちましょう。

万が一「肝転移」だった場合には 抗癌剤(bevacizumab+paclitaxel, eribulinなど)⇒画像上CR(ここまでが第1ステップ)⇒ホルモン療法+CDK4/6阻害剤
(palbociclibもしくはabemaciclib)で維持(これが第2ステップ)

まずは先を急がずに第1ステップを目指しましょう。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
60+
Scroll Up