Site Overlay

12月2日(木)③ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳頭分泌細胞診の結果について   [管理番号:9426]
初めて分泌があった時に、分泌物をプレートに取って細胞診をしましたが(こちらのQ&Aを見ると意味のない検査のようですが)、結果はclassⅡだったので、経過観察になっています。

今回、マンモで出血し、その後のエコー中にも出血があったので、その色(黒っぽい血液)を見て、先生が「色が気になるから細胞診しよう」とおっしゃって、結果はclassⅢ aで良性の腫瘍との事でした。

そこで質問なのですが、エコーやマンモで映らない良性の腫瘍はあるのでしょうか?
血性分泌を伴う良性の腫瘍=乳管内乳頭腫という事でしょうか?
詳しく聞きそびれてしまい、家に帰ってから、疑問を持ちました。

また、今回左側にはカテゴリー3の石灰化が見つかりました。

2年前と比べると少し増えているので、こちらも注意が必要との事。

マンモを受けた時は、1年前には無かったと言われましたが、細胞診の結果を聞きに行った時に、小さくて気づかなかったけど、2年前からあって、今回は少し増えているという状態です。

右も左もグレーゾーンで、3ヶ月後にまたエコー、マンモと乳頭分泌の細胞診の予定です。

私としては、グレーのまま無駄に経過観察せずに、白黒はっきりさせたいと思っています。

田澤先生に診て頂きたいと思っておりますが、マンモトームや乳管造影の対象になりますか?
■症状:血性乳頭分泌、カテゴリー3の石灰化
<女性43歳> ……【詳しく読む】乳頭分泌細胞診の結果について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

晩期再発だったのか?と生存率   [管理番号:9920]
質問なのですが、
①1年前に発見には至らなかったがすでに癌は存在していた可能性は高いでしょうか?

②現在の主治医には再発しない確率は70~80%と言われていますが、私のような症例でもその確率は変わらないでしょうか?
手術前に聞いていた腫瘍径より大きい結果となり、失敗に終わった同時再建により抗がん剤スタートが遅れたことを後悔しています。

今回の癌は再発なのか、原発なのかは2001年のデータがないため分からないと聞いています。
<女性49歳> ……【詳しく読む】晩期再発だったのか?と生存率

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

脇のしこりについて   [管理番号:9919]
11月中旬に脇にしこりを見つけたそうです。
大きさは小豆くらいで2つあるそうです。
私は離れて暮らしているため直接さわれていはいないですが、リンパかな?と話していましたが母がコロナ影響か不安症になっており、心配がひどかったので、地元の病院を調べ今度は乳腺科を受けるようにいいました。

そこは先生が手術まで対応しているのでしっかり見てくれると予約して受診したところ、脇をエコーで確認したあとにマンモが追加になりました。

マンモは縦だけとったそうです。

マンモしたところ胸に石灰化があり悪く見えると・・母が落ち込んでると、妊娠したときに性別が分からないことや胃潰瘍の人ががんになるかどうかわからないなどをたとえ話をされ、一か月後の来月頭くるように言われ、予約をしたそうです。

結果、今は分からないから経過観察ということなんでしょうが・・母も不安になっており、今後なるかもしれないから経過観察をしっかりしないといけないよねと考えておりますが、一か月後の経過観察でよいでしょうか?

母は地方ですが、私は東京に住んでいるので近いうちに上京きてもらって、田澤先生に見ていただいた方が母の精神的にもよいのでは?とも思っております。
■病名:脇のしこり
<女性58歳> ……【詳しく読む】脇のしこりについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後抗がん剤 ACTかTCについて   [管理番号:9918]
術後抗がん剤についてお伺いできますでしょうか。

主治医からはACTの半年を強く勧められております。

再発のリスクはこわいのですが、どうしても半年やりきれる自信がなく、どうご判断されるかお伺いできますでしょうか?

浸潤性乳管癌 充実型 〉硬性型
浸潤径 20mm×14mm
広がり 26mm
浸潤癌の組織学波及度 g
Ly0 V0
核グレード NG3
組織学グレード3
ki67 40%
リンパ転移 2/14 最大径 6mm

以上より、主治医からはリンパ転移あり、ki値、グレードがハイリスクのため半年の抗がん剤を勧められてます。
■病名:乳がん
■症状:手術完了
<女性37歳> ……【詳しく読む】術後抗がん剤 ACTかTCについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

リンパ節転移と放射線治療   [管理番号:9917]
①手術先行→抗がん剤治療の間に、取り残された鎖骨上リンパの転移がグングンと悪さするかもしれないことはしょうがないことなのでしょうか。

左脇の下の腫れは前医者曰く、「3つほどエコーで見え、最大2センチのものがあった」とのこと。
そこから、たった1ヶ月で明らかに膨張してるようで(自分で触っても、これはすぐに病院!と思うレベルの異物感になりました)、さっさと体内から無くなって欲しいですが、鎖骨上は手術では取れないわけですし気になっております。

②待機してる間に、こちらのサイトで勉強させていただき、放射線治療の重要さを理解しました。

もしも、鎖骨上の部分が抗がん剤で寛解した場合、
その部位の放射線治療は予防照射なのでしょうか?
それとも、転移部位なので、画像上から消えても治療照射ということでしょうか?
■病名:乳がん、リンパ節転移
■症状:胸と脇の下と鎖骨上のしこり
<女性31歳> ……【詳しく読む】リンパ節転移と放射線治療

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up