Site Overlay

12月2日(木)② 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

トリプルネガティブ術後治療について   [管理番号:9916]
質問なのですが
①骨髄抑制のため、DDパクリタキセルが中止となったのですが、上記の数値から仕方のないのないことだったのでしょうか。

②放射線終了後にパクリタキセルを投与してもらうという選択肢はあるのでしょうか。
また、仮に投与した場合としなかった場合に、予後にどれだけの違いがあるものでしょうか。
(主治医は、DDEC療法からこれだけの期間があいており効果は不明、また放射線後の抗がん剤投与は今までやったことがないと話しています。)

③ゼローダは、術前抗がん剤をしていない私にとっても保険適用になりますか。
■病名:右浸潤性乳管がん
<女性61歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ術後治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ乳がん   [管理番号:8924]
今回田澤先生にお伺いしたい事は。

①トリプルネガティブ、増殖高ですが、シコリに気付いて手術までに1月半近く空いてしまいますが、進行してしまう可能性は高いでしょうか?遺伝性の検査をしてしまい2週間程、手術の期間が延びてしまった事を後悔しております。

②初診のエコーで12mmから2週間後のMRIで20mm無い位と言われましたが、8mmも大きくなったとの事ではなく機械の測定での誤差だと認識していいのでしょうか?

③画像診断で温存可能ですと言われて、いざ手術したら広がりが大きく全摘になってしまう可能性は、あるのでしょうか?
命が優先である事は間違いないので、全摘でも構わないと思ってはおりますが。

④遺伝性乳がんの結果、陽性の場合、抗癌剤が効きにくいとの記述をネットで見てしまったのですが。
実際はどぉですか?

⑤画像診断では、リンパへの転移所見は無しとの事でしたが、センチネンタル生検時に転移有りの可能性は低いでしょうか?

⑥手術後の病理検査で浸潤径が今の20mmより大きくなる事は多いのですか?
担当の医師はMRIの画像を見てツルッとしてて広がってる感じはしないとは言われていましたが。
■病名:乳癌 浸潤生乳管癌
<女性:36歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ乳がん

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

チョコレート嚢胞とノルバデックスの関係について   [管理番号:9915]
2014年に温存手術を受け局所再発が判明し、2018年に田澤先生にご相談しご執刀いただいた者です。
現在は近医で経過を診ていただいておりノルバデックスを服用しています。
先日、膣より4.5cmのポリープが出て摘除しました。

その際にチョコレート嚢胞3.5cm、筋腫5cm、ポリープ2.5cmがある為、子宮卵巣全摘を勧められました。
経過観察から子宮卵巣全摘まで多岐に選択肢があると説明を受け、卵巣摘出するとノルバデックス服用も止めることができると説明を受けました。
乳がんプラザを拝見しているとノルバデックスの影響で嚢胞が大きくなり、別の薬に代え小さくなった等の書き込みがありました。
現在、子宮体がんの検査結果を待っています。
田澤先生ならどのようなご診断されるかとご質問しました。
■病名:乳がん
<女性47歳> ……【詳しく読む】チョコレート嚢胞とノルバデックスの関係について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

左胸側のリンパ節郭清手術を再度、受けるべきですか?   [管理番号:9889]
両側乳房全摘手術を行いました。

①術前検査
造影剤CTリンパ節転移なし。

②術中センチネルリンパ生検
陰性。

③術後、病理検査で、左胸センチネルリンパ5個中2個の1.8mm微小転移見つかる。

左 浸潤性小葉癌12mm
リンパ節転移2/5
リンパ管侵襲(-)
血管侵襲(+)
ホルモン感受性(+)
HER2(-)
ki67 5%
右 浸潤性小葉癌25mm
リンパ管侵襲(-)
血管侵襲(+)
ホルモン感受性(+)
HER2(-)
ki67 40%
右は25年前に乳がん手術をして、
リンパ郭清をしておりますが、今
回のがんは再発ではないそうです

今、担当医から左胸側の腋窩リンパ節郭清の手術をするかどうか、決めて欲しいと言われてます。
どうすべきでしょうか?
■病名:浸潤性小葉癌
■症状:再建中でありますが、良好な状態です。
<女性61歳> ……【詳しく読む】左胸側のリンパ節郭清手術を再度、受けるべきですか?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up