Site Overlay

10月26日(火)② 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後補助療法、再発の可能性について   [管理番号:9836]
浸潤径21×16㎜
腋窩リンパ節転移なし 0/6
血管侵襲なし
リンパ管侵襲なし
核異形度1
組織学的異形度1
ER陽性、PR陽性
HER1+
ki-67:7%

①主治医より、リュープリンはしてもしなくても良いのでご自身で判断してください、と言われました。
その後に薬剤師からの詳しい説明があり、タモキシフェンとダ
ブルで女性ホルモンを阻害しましょう!とのことで、ダブルの作用があるならばと思い、リュープリンを投与することになりました。
私の年齢で、ダブルの作用が働くこともあるのですか?

②手術後の説明で、断端陽性はなかった、と言われましたが、非浸潤部分がとても大きかったようです。

胸壁のすぐ側まで非浸潤部分があったようですが、全部取りきれました、とのことです。
この場合、再発の可能性は低いのですか?

③私の場合、ステージ2ではありますが、
ステージ1と1㎜しか変わらないので、生存率はステージ1を目安にして良いのでしょうか?
■病名:右乳癌
<女性45歳> ……【詳しく読む】術後補助療法、再発の可能性について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン治療中の子宮体がん検診の実施について   [管理番号:9835]
2021/04 左乳房全摘出手術

術後病理の結果、
ステージ1(腫瘍2cm)
センチネルリンパ節生検 陰性(微小転移もなし)
HER2 陰性
サブタイプ ルミナールA
ki67値 39%

ki67の値が、グレーゾーンであったため、
Onco type Dxを実施しまして、
抗がん剤上乗せ効果がほぼなかったので、2021/06からホルモン単独療法(タモキシフェンを服用)で治療中の者です。

タモキシフェンを服用していると、子宮内膜が厚くなって、子宮体がんのリスクが高まることから、定期的な子宮体がんの検診が推奨される(1年に1回)、という記載を目にいたしました。

検査に初めて行くタイミングとしては、薬を服用しはじめて、どのくらい期間を経て、第一回目の検査を受けにいけばよろしいですか?
■病名:浸潤性小葉がん
<女性50歳> ……【詳しく読む】ホルモン治療中の子宮体がん検診の実施について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

40歳前後のLH-Rhagonistについて   [管理番号:9834]
私は、41歳(先月まで40歳) ステージ1 ルミナルA 温存手術済 放射線治療中という状況です。

今後の治療として、主治医からタモキシフェン服用およびLH-Rhagonistの注射を勧められています。

田澤先生のブログでは、LH-RhagonistについてSOFT試験の結果からは
「35歳未満」もしくは「化学療法閉経から回復」したケース以外では上乗せ効果はないとのことですので、
効果がないのであればLH-Rhagonistの注射はしたくないと考えていましたが
管理番号9354さんの投稿で、
「実際のところ…40歳ならリュープリンをしてもいいと思います。(感覚的な問題)」
と田澤先生が回答していらっしゃったのを拝見し注射をした方が良いのか迷いが生じてきました。

40歳前後の場合は、LH-Rhagonistの注射はした方が良いのでしょうか?
田澤先生が40歳前後の患者さんにLH-Rhagonistの注射をすることあるとすれば、どのようなケースでしょうか?
<女性41歳> ……【詳しく読む】40歳前後のLH-RHAGONISTについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

硬癌だったのが再々発で小葉癌の診断名だった。新しいガンができたのでしょうか?   [管理番号:9833]
13年前右乳癌をRFAで切除
9年前RFA後再発。
温存術で切除
4年後の今年の9月、右乳癌局所
再発、温存術で切除
ホルモン療法と放射線治療の予定です。

温存術で切除したものの全摘のうが再発率が低いのでは無いかとおもあのですが迷っています。
■病名:乳がん小葉癌
■症状:針生検:PR:陽性ER:陽性HER2:2+ 時々傷あとや脇の下が痛い
<女性68歳> ……【詳しく読む】硬癌だったのが再々発で小葉癌の診断名だった。新しいガンができたのでしょうか?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

左胸痛みで細胞診と針生検   [管理番号:9832]
新たに組織診(麻酔してパチンと音のする針生検)と採血をして、MRIを予約しました。

今、組織診の結果待ちです。

生検後に先生は良性よりかなぁとおっしゃってたのですが、MRIも採血もするということは悪性の可能性が高いからなのかと心配しています。

所見は、どの様なことなのでしょうか?
二相性の記載はありません。

クラスⅢということは、五分五分ともいわれてました。

針生検後、しこりが固くなり自分でも直ぐに分かるようになった気がします。
筋状に感じます。

とても不安で、検索ばかりして、こちらの方にたどり着きました。
■症状:左胸しこり、たまに痛む
<女性43歳> ……【詳しく読む】左胸痛みで細胞診と針生検

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up