Site Overlay

10月22日(金)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

抗がん剤が必要か?   [管理番号:9819]
いつも拝見させて頂き勇気と安心を頂いております。

浸潤がん
乳房温存術(腫瘍摘出)2cm??2cm
センチネルリンパ節生検 陰性
リンパ節郭清有り
リンパ節転移の数3個中0個
ホルモン反応有り グレード3
脈管浸潤無し HER2 90%
でTC療法を4クール勧められてます。

出来れば抗がん剤は受けたくないのですが、
田澤先生も抗がん剤を勧められますでしょうか?
また抗がん剤を受けた場合の後遺症で脱毛が有りますが、
治療後も髪の毛量が減ったり、白髪しが生えて来ないなどの患者を見かけますでしょうか?
もとの状態に戻れなかったらと言う不安と抗がん剤を受けた場合の再発率が3~4%しか上乗せされない点で迷っています。
■病名:右乳がん
<女性53歳> ……【詳しく読む】抗がん剤が必要か?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

副乳のシコリについて   [管理番号:9801]
わたしは右脇の下に副乳があります。

産後母乳が作られて脇が閉じれないほど硬くて痛くなり数日で落ち着き、5年経った今はぷにぷにと膨らんでいて、その奥に乳腺なのかな?胸と一緒で掴めるしこりがあります。

生理前や排卵日前などになると硬くなってきて痛くなります。

毎年乳がん健診時に脇もエコーでみてもらっていて、
1月に受けた時は問題なしでした。

今回気になるのは、生理中にまた痛みを感じて、いつものかと思っていましたが、よく触ると固まりの上部分(腕に近い部分)に米粒より少し大きめの硬いシコリがありました。

生理が終わって4日たった今もあります。

硬くて痛くて丸っこいです。

以前胸に乳腺症のシコリができたときと似てる感じです。
■症状:右脇副乳の乳腺のかたまりの上部(腕に近い部分)に硬いシコリがある
<女性35歳> ……【詳しく読む】副乳のシコリについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

授乳中のしこり(一年前に脂肪注入による豊胸術をしています。)   [管理番号:9818]
現在もうすぐ生後4ヶ月になる子供の授乳中です。

しこりに気付いたきっかけは生後1ヶ月頃、右胸が張り痛み乳腺炎の一歩手前の様な状態になった時です。

母乳が溜まってる感覚があったので胸全体を少しずつマッサージしたり子供に沢山吸わせて張りや痛みは翌日には落ち着きました。
痛みがあったのは上部です。

その時に気付いたしこりが右胸の内側下方全体に渡ってある大きなものです。

授乳中なのと、一年前に受けた脂肪注入のこともあり乳腺か脂肪の固まりかなと様子をみていました。

が、現在全くしこりの大きさは変わらず、乳腺炎のような症状や痛みもありません。

様子を見過ぎたかなと後悔し始めています。
<女性36歳> ……【詳しく読む】授乳中のしこり(一年前に脂肪注入による豊胸術をしています。)

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

針生検の結果がindeterminateの場合のその後の対応   [管理番号:9817]
健康診断の乳腺エコーで要検査(カテゴリー3)となり、針生検を受けました。

結果はindeterminateで担当の先生からは9割型白と言われ、この時点で取ることも可能だが経過観察でいいのではないかとのことでした。

とりあえず3ヶ月は経過観察としたのですが、わずかでも異変があるなら取ってしまった方が安心なのではという気持ちになっています
(ここから悪くなる可能性が少しでもあるなら早いうちに取ってしまった方が良いのではという気持ちです)。

所見は以下でした。

「1)Fibroepithelial neoplasmと思われる病変を少し認めます。
当該腫瘍の乳管成分は小型類円形であり2細胞構造を認め、異型はみられません。
間質成分にも異型はみられません。
<女性39歳> ……【詳しく読む】針生検の結果がINDETERMINATEの場合のその後の対応

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

化学療法が必要か   [管理番号:9784]
9月(上旬)日に右乳房部分切除+センチネルリンパ節生検をしました。

その後病理結果が下記の通りでした。

組織型 浸潤性乳管癌(硬性型)
腫瘤の大きさ 0.9センチ
断端 陰性
リンパ節転移2/10 ステージ2A
エストロゲン陽性  プロエストロゲン陽性
Her2蛋白/遺伝子 陰性
MIB1 13.6%
サブタイプ 女性ホルモン感受性

リンパ節転移2個 閉経前なので化学療法EC→ドセタキセル
3週間毎??8回
その後放射線療法とホルモン療法との説明をうけました。

化学療法はよく考えて決めて下さいとの事で、また1週間後にお返事する事になりました。

突然の事で化学療法を受ける勇気がなく、田澤先生にご意見を伺いたく送らせて頂きました。
■病名:浸潤性乳管癌(硬性型)
<女性47歳> ……【詳しく読む】化学療法が必要か

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up