Site Overlay

9月6日(月)③ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。【8/30受付分】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

浸潤性小葉ガン手術後、のちに腹膜転移、骨転移の疑い   [管理番号:9327]
質問ですが、ランマークをすると腎臓に負担がかかると見たことがありますが、私の場合片方が機能していませんが使っても大丈夫でしょうか?

今のところ普通に生活できていて、ハイキングで岩場を30分くらい歩いたりしましたが、それから右の後ろの骨が痛くなったり気になりだしました。
もし骨転移だった場合、どのくらいの痛さになるのでしょうか?

私の場合イブランスから始めましたが、あと飲み薬は何種類くらい試す薬はあるのでしょうか?主治医からは試す薬は抗がん剤も入れてたくさんあると言われ、今回BRCA1の血液検査もして当てはまれば使える飲み薬が増えると聞いています。

これからの検査ですが、私の場合ガン細胞が細かすぎてペットでは映らず、薬が効いているかは確認が難しいそうで、まずこのタイプは効くだろうと薬を飲み続けています。
この先どのような検査をしたらよいのでしょうか?
■病名:腹膜転移、骨転移の疑い
■症状:水腎症、腸骨の欠け
<女性52歳> ……【詳しく読む】浸潤性小葉ガン手術後、のちに腹膜転移、骨転移の疑い

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

今後の治療とcyp2d6遺伝子チェック検査について   [管理番号:8520]
質問①
抗がん剤はしなかったこと、リュープリン注射してないこと、放射線の回数等私の病理結果の見ていかがでしょうか?間違ってないでしょうか?

質問②
今後、タモキシフェンを服用するにあたり、タモキシフェンが効かない体質があるというのを目にしました。
探して見たら、以前、乳がんプラザでも閉経後の方が質問してました。

私は閉経前なのですが、cyp2d6遺伝子チェック検査を受けようか迷ってます。
結果が低代謝という結果になってもその先のエビデンスがあるのかないのかわからなくて。
■病名:乳管癌
<女性:47歳> ……【詳しく読む】今後の治療とCYP2D6遺伝子チェック検査について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳房再建方法よる再発の見つけやさの違いと再建時期について   [管理番号:9680]
①「自家組織では局所再発が見つけにくい場合がある」とありますが、定期的にエコー(半年に一度を予定しています)をしていれば、問題ないでしょうか。

②田澤先生のご感覚で、インプラントによる再建と自家組織による再建を比較して、
局所再発の発見のしやすさの差はありますでしょうか。

③1日でも早く再建したいと思っています。

ハーセプチン単独投与(3週間おき)になってからの再建手術は問題ないでしょうか。

ハーセプチン18回投与を終えてからの再建手術がいいのでしょうか。
■病名:右浸潤性乳管癌
<女性45歳> ……【詳しく読む】乳房再建方法よる再発の見つけやさの違いと再建時期について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

血性乳頭分泌物   [管理番号:9679]
今年の3月頃から、左側の3、4箇所分泌のある一つの孔から、茶色い血性の混ざったような色に変化し(それまでは薄い黄色でした)乳腺外科を受診しました。

マンモとエコーで異常無し、医師の触診時には、摘んでも分泌がなかった為、それ以上の検査はしていません。

摘んでも、乳頭が硬くなっている時には分泌が出ないこともあります。
しかし、ここ何日か茶色い分泌が濃くなっています。

自然に下着に付くようなことはありません。

両側多孔性で、左右それぞれ3、4箇所から分泌物がありますが、
血液混じりの分泌が出る孔はいつも同じです。

この5ヶ月間、2週間程血性→薄くなり黄色い分泌になる→また血性が出る。
を繰り返しております。

両側多孔性なことから、乳腺症による出血と考えてよろしいでしょうか?
■症状:血性乳頭分泌物
<女性43歳> ……【詳しく読む】血性乳頭分泌物

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療法及び予後について   [管理番号:9678]
病理の結果が以下の通り出ました。

浸潤癌 スキルス癌
断端陰性
浸潤径4.5センチ
異形2 分裂1
エストロゲン70%以上
プロゲステロンマイナス
ki67 20%
HER2 陰性
リンパ節転移なし
遠隔転移なし

主治医からは、ホルモン療法が効くタイプではあるが、プロゲステロンがマイナスのためホルモン療法だけだと少し効きが弱い可能性がある、併せてEC療法4回、ドキタキセル4回を半年間でするとパーフェクトだと示唆されました。

娘がまだ幼いため、再発や転移の恐れが少しでも軽減されるのであれば,との思いで化学療法を受けることを決めましたが、先生もやはり同じご意見でしょうか。
■病名:右乳癌
<女性45歳> ……【詳しく読む】治療法及び予後について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up