Site Overlay

7月28日(水)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。【7/12、13受付分】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳癌告知と同時に胸骨傍リンパ節転移の可能性   [管理番号:9542]
●術前ホルモン療法を勧められたが手術予約を取るための時間稼ぎの心配
9月まで2ヶ月なので悪化することはないと思うが、母親は再発リスクを抱えるよりも全摘をしたい気持ちでいるので温存の意思はなく、小さくしてから手術をするORホルモンの効きを術前に確かめる意義があるのか。

また2ヶ月ではそもそもホルモンで小さくなるようなことはないのではという点、術前ホルモンになることでのデメリットはあるかなど。

●胸骨傍リンパ節5mmの腫れについて
教授は「あばら骨の裏に5mmの腫れがあるが、それは取り除けないから放射線になると思う」と仰られていたので、胸骨傍リンパ節への転移と理解したのですが、その理解で間違いなさそうでしょうか。

また今日のエコー担当をして下さった女性医師はその点を把握していない様子で「術前化学療法もあるかも」と言っていましたが、そもそもセンチネルリンパへの転移もなさそうで本日行う予定だった細胞診までキャンセルされたにも関わらず、胸骨傍リンパ節に転移していることなどあり得るのか。

ガン以外の理由で胸骨傍リンパ節が腫れて見えることは少ないと思うが、そのほかの理由で所見で間違って見えてしまった可能性などあるものか(具体的に5mmくらいと言っておられましたが…)
術後にトモセラピーをするのが一番か、その場合の治療期間や副作用などについて
■病名:乳癌
<女性65歳> ……【詳しく読む】乳癌告知と同時に胸骨傍リンパ節転移の可能性

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ乳がん   [管理番号:8924]
今回田澤先生にお伺いしたい事は。

①トリプルネガティブ、増殖高ですが、シコリに気付いて手術までに1月半近く空いてしまいますが、進行してしまう可能性は高いでしょうか?遺伝性の検査をしてしまい2週間程、手術の期間が延びてしまった事を後悔しております。

②初診のエコーで12mmから2週間後のMRIで20mm無い位と言われましたが、8mmも大きくなったとの事ではなく機械の測定での誤差だと認識していいのでしょうか?

③画像診断で温存可能ですと言われて、いざ手術したら広がりが大きく全摘になってしまう可能性は、あるのでしょうか?
命が優先である事は間違いないので、全摘でも構わないと思ってはおりますが。

④遺伝性乳がんの結果、陽性の場合、抗癌剤が効きにくいとの記述をネットで見てしまったのですが。
実際はどぉですか?

⑤画像診断では、リンパへの転移所見は無しとの事でしたが、センチネンタル生検時に転移有りの可能性は低いでしょうか?

⑥手術後の病理検査で浸潤径が今の20mmより大きくなる事は多いのですか?
担当の医師はMRIの画像を見てツルッとしてて広がってる感じはしないとは言われていましたが。
■病名:乳癌 浸潤生乳管癌
<女性:36歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ乳がん

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肉芽腫性乳腺炎について   [管理番号:9568]
五年前に、しこり、赤み痛みがあり、普段から検診を受けている乳腺外科で診察を受け、パコラ生検?という針生検をして、肉芽腫性乳腺炎?であろうと、診断をうけました。
その後は、普段のマンモエコー検査の際に、経過観察をしてきました。

五年間の間に、2回ほど、同じような症状がでましたが、生理周期に関係しており、しこりは、手でさわって、3センチぐらいあるようでしたが、落ち着いていました。

先日、コロナ接種をうけ、生理前になり、また、急に痛み、赤み、
急激にまたしこりが、大きくなり、
三月にも定期検診しましたが、
心配になり、乳腺外科を、再度受診しました。

画像上、はっきりとしなかったのか、
前回の針生検から、五年もたっているから、再度しこりも、大きいからと、針生検をすることに、なりました。

やはり。
また、再度、しこりに、
変化が、みられたら、針生検はしたほうがよいですか?
■病名:肉芽腫性乳腺炎
■症状:左胸しこり、痛み赤み、現在は生理も終わり。痛み赤みはなし。
<女性40代> ……【詳しく読む】肉芽腫性乳腺炎について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肺再発転移?   [管理番号:8279]
●今回の経緯
2019年12月 造影CT (右肺中葉に2カ所結節)
2019年1月  PETCT (右肺上葉?中葉?に一カ所5ミリ、中葉に一カ所3ミリ 肺以外臓器転移なし)
2019年2月  肺 造影CT (結果待ち)
結果次第で、肺の中葉全部切除か上葉と中葉の両方の部分切除かが決まります(胸腔鏡手術)
手術を担当してくださる呼吸器科の先生は初発の肺癌の可能性は低く、乳がんからの転移だろうとのことです。

この4年間恐れていた転移が目の前に突きつけられ絶望感で一杯です。

田澤先生に質問です。

①遠隔転移の場合の予後悪いと聞きます。
5年生存率3-4割のようです。
一般的にあと何年元気に日常を送れますか。

②10年元気でがんと共存されている方はいらっしゃいますか。

③転移再発の場合の治療は、手術ではなく抗癌剤と放射線と聞いたことがあります。
私の場合、肺の切除手術は必要ですか?
④肺の術式、胸腔鏡手術は一般的でしょうか
⑤抗癌剤治療は今後ずっと続きますか。
(初発の時は3ヶ月で終わりましたが転移の場合は?)
■病名:乳がん肺転移
<女性:49歳> ……【詳しく読む】肺再発転移?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up