Site Overlay

5月6日(木)③ 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

治療について   [管理番号:9362]
生検をしないとわからないとのことで、手術をして2箇所とも摘出しました。

結果はどちらも癌で、左上部は、大きさ0,2ミリ、癌の広がり3,1センチ、浸潤あり、ER90%、PgR80%、HER2評価不能、MIB-1記載なし。

左下部は、大きさ5ミリ、癌の広がり0,7センチ、浸潤あり、ER60%、PgR50%、HER2陰性、MIB-1は5%。

2つは繋がっていない別の癌でした。

先生から治療方針として、「放射線30回とその後ホルモン療法5年。
もしくは希望があれば全摘します。」と
お話がありました。

全摘の目安をお尋ねしたら、「心配性な方は全摘されます。放射線でも、経過は見ていきますからね…ご自身でどちらか選択されてください。」とのことでした。

【今、全摘をしてホルモン療法をする】
のと、【今は放射線とホルモン療法をして局所再発をしたときに全摘(もしくはその時適した治療)をする】のと、どちらを選択すべきでしょうか。

遠隔転移をいちばん恐れています。

どうすべきか、先生の見解をお聞かせ下さい。
■病名:乳癌
<女性45歳> ……【詳しく読む】治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳頭分泌の変化について   [管理番号:9361]
数年前から乳腺症、この3月にしこりが大きくなり、針生検やMRI、造影CT、血液検査、分泌液の検査をして乳管内乳頭腫といわれました。

以前から左の乳頭1か所から黄色透明の分泌があり、それは数年前に田澤先生にも診ていただいて特に悪いものではないと診断をうけていたのですが、
3月の針生検のあとしばらく透明茶色のとろみのある分泌(コーラみたいな色です)に変わり、つい最近はまた黄色透明に戻りました。

しかし、左の乳頭もう1つから茶色透明の分泌が出るようになりました。

そして、これまでは無かった右の乳頭1か所からも黄色透明の分泌が出るようになりました。

どちらも、しぼらなければ出てきません。

両胸とも、よくチクチク、ピリピリします。
乳管内乳頭腫には良性でも血性の分泌もあると聞きましたが、私も気にしなくてよいのでしょうか。

これは多孔性だからあまり心配いらない、のうちに入るのでしょうか。
■病名:乳管内乳頭腫、乳腺症
■症状:乳頭分泌 、しこり
<女性41歳> ……【詳しく読む】乳頭分泌の変化について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

脱毛症の薬を飲んで再発、癌になる可能性はありますか?   [管理番号:9360]
2018年7月に非浸潤性乳癌で皮下乳腺全摘術をしました。

術後は何の治療もなく、定期的に検査のみです。
癌が発覚する前3年間位、円形脱毛症の治療で光線療法、飲み薬ではレダコート、セファランチン を飲んでいました。
光線療法を受けた回数は癌になる可能性まで達してないとの事でした。
しばらくは薬もやめていましたが、脱毛症が良くならないため、薬と光線療法を再開しようと思っています。
レダコートは発毛に有力だと言われました。
ホルモン剤は癌を引き起こすと聞いた事があるので、心配です。

治療により、再発に繋がる可能性はありますか?
■病名:非浸潤性乳がん
<女性43歳> ……【詳しく読む】脱毛症の薬を飲んで再発、癌になる可能性はありますか?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

断端陽性における追加手術の時期について   [管理番号:9346]
①このタイプの癌はルミナールA、全摘手術をした場合、ホルモン治療のみで大丈夫でしょうか?
ホルモン治療は5年と言われております。

②先生のお考えでも、追加手術は必要だと思われますか?部分摘出、全摘、どちらがよいと思われますか?
また、全摘をした場合、放射線治療は必要ないと考えてよろしいでしょうか?

③仕事の都合上、手術を7月中旬くらいに受けたいと考えております。
この時期が一番お聞きしたいところで、3か月先でも大丈夫でしょうか?
先生の今までの回答を拝見しておりますが、このタイプの癌は比較的顔つきがよいものだとは考えおります。
主治医の先生も、それくらい先でも大丈夫と言っていただいておりますが、田澤先生のお考えをお聞かせいただけますか?
■病名:左乳房下外側部乳癌
<女性48歳> ……【詳しく読む】断端陽性における追加手術の時期について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up