Site Overlay

4月30日(金)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

オンコタイプ閉経前   [管理番号:9331]
43歳閉経前リンパ節転移陽性でオンコタイプ結果RS12でした。

リュープリンで化学閉経にして、治療で大丈夫でしょうか。

RxPonder試験の中間報告により、リュープリンで閉経にしたら、安全に抗がん剤を回避できるのでしょうか。

化学療法で閉経した方の多くは生理が戻ってきているようです。

となると、やはり閉経前は化学療法に恩恵があり、偽閉経で化学療法なしでは同じ恩恵はうけられないのでしょうか。
■病名:左乳がん
<女性43歳> ……【詳しく読む】オンコタイプ閉経前

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

同時性両側性乳がん 断端陽性   [管理番号:9330]
今後の治療方針
大人しいがんの為全摘手術は行わず、放射線療法 一部ブースト照射。

タモキシフェン5年内服。

(どうしても不安であれば、要望により全摘手術も可能との事)

両側ともに断片陽性、組織学グレードが高く、がん家系なので再発リスクが高いのではと不安があります。

BRCA遺伝子検査は陰性でしたが
父方血縁者に乳がん、卵巣癌の病歴があり、父が前立腺がん、母が肺癌なのでBRCA以外の遺伝要因もあるのではと懸念しています。

質問は
組織学グレードが高くても、総合的に判断すると再発リスクは少ないのでしょうか。

再発率は、BRCA以外の遺伝要因がある場合、高くなるのでしょうか。
■病名:左:浸潤がん 充実型  右:非浸潤 乳管がんと小葉がんの混合型
<女性49歳> ……【詳しく読む】同時性両側性乳がん 断端陽性

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術前造影検査ができておらず不安   [管理番号:9295]
先生ならこの場合全摘しませんか?
主治医は今こちらを全摘しても左も分からないよ、それより遠隔転移を止める方が大切と。
確かにそうですが。
センチネルリンパ節生検で2個とりましたが、リンパ節転移はなしとのことです。

昨日ルミナルbは抗がん剤の上乗せ効果が低いともみました。

また私アルコールの匂いをかぐと刺激で喘息がでるため、先生がこの場合にオススメするTC?が使えないと思うのでそちらも不安です。

造影出来ないのに温存。

断端部内にもう1つ見つかり多発性かもしれないのに温存のまま。

細胞診は良性だったがエコーで残り2つしこりがあった。

ルミナルbは抗がん剤上乗せ効果が低い
喘息で抗がん剤も限りがある。

6月辺りから左右鎖骨上あたりのクリクリ動くリンパ節がある。

ドクター曰く僕もこんなのあるよで終了です。

左側の石灰化も去年から指摘されていてマンモトームの話も出ましたがとりあえずサイズが変わらないから様子見となってて、今回の病院でも定期観察でと言われてます。
■病名:右浸潤性乳管癌
■症状:しこり
<女性42歳> ……【詳しく読む】術前造影検査ができておらず不安

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

閉経前のオンコタイプの結果、リュープリン等について   [管理番号:9243]
質問です。

①ほぼ確定診断が下されるマンモトーム生検で良性の乳腺症といわれていたのに半年後の摘出生検で悪性となり、半年の時間のロスが悔やまれます。
これは最初の病理医が見落としてしまったのでしょうか?このようなことはよくあることなのですか?

②リュープリンの併用は40歳未満、化学療法閉経後の月経再開の場合適用となることをこのサイトで勉強いたしました。
私の場合はリュープリンなしで良いですか?現在、月経の周期が規則正しいことは全く気にする必要はありませんか?

③主治医は、オンコタイプの結果はおそらく低スコアだと思うが、もしも高ければアンスラサイクリン系とタキサン系を半年やりますとおっしゃっていました。

これは妥当でしょうか?
■病名:浸潤性乳管がん
<女性:44歳> ……【詳しく読む】閉経前のオンコタイプの結果、リュープリン等について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up