Site Overlay

術前造影検査ができておらず不安

[管理番号:9295]
性別:女性
年齢:42
病名:右浸潤性乳管癌
症状:しこり
投稿日:2021年4月3日

乳がんと告知された日から検索をしまくり悪いことばかり頭に入り頭がおかしくなりそうな時に田澤先生の存在を知り先生のこちらをのぞけば前向きに他を見ればどん底に。
の繰り替えしです。

去年の7月右胸しこりを見つけ線維腺腫(1.1センチ)だから1年後と言われたが気になり1月に他院受診
細胞診で良悪性鑑別困難組織診で右浸潤性乳管癌と言われ、骨シンチ、単純CTで明らかな転移はなしといわれました。
エコーでは右にしこり3つ。
1つはがん、残りのふたつは細胞診で良性左にも石灰化があり、定期観察。

私は喘息があるため造影はできないとの事でとても不安です。

いとこも乳がんでエコーでは温存でいけると言われたが造影で広がりがわかり全摘になったんです。

しかし主治医にはなしても場所(C、乳頭からはなれている)からしても十分温存でいけるからと温存にきまりました。

3/(中旬)右温存オペ ドレーンなし
3/(下旬)2CCリンパ液が抜ける
3/(下旬)退院からなんとなくなにか挟まったような腫れた感じがあり
3/(下旬)外来受診 75CCぬける。
今また溜まってきてます。
そして傷の少し離れたとこが岩のように硬いです。
また脇の後ろの背中の痛みと二の腕のピリピリ感があります。

3/(下旬)病理結果が出ました、そこでまた不安が。
何%という詳しい説明はありません。
以下
ホルモンタイプではあるが、ki67が術前60.術後50%と高いので抗がん剤は確定。

術前ハーツーはマイナスだったのでルミナルと思っていたが術後2+となりハーツーの遺伝子検査にかけている。

しこり1.1センチ、5センチ角を切除
断端陰性だが、断端近くにわずかな癌がひとつ見つかった。
これはおおもとのガンとは別のものであろう、造影しても分からないレベル。
今回とったからわかった。
だからといって今から全摘する必要はないと思う。
が、多発性の可能性もなしではない。
と言われました。
怖くて怖くて。
先生ならこの場合全摘しませんか?
主治医は今こちらを全摘しても左も分からないよ、それより遠隔転移を止める方が大切と。
確かにそうですが。
センチネルリンパ節生検で2個とりましたが、リンパ節転移はなしとのことです。

昨日ルミナルbは抗がん剤の上乗せ効果が低いともみました。

また私アルコールの匂いをかぐと刺激で喘息がでるため、先生がこの場合にオススメするTC?が使えないと思うのでそちらも不安です。

造影出来ないのに温存。

断端部内にもう1つ見つかり多発性かもしれないのに温存のまま。

細胞診は良性だったがエコーで残り2つしこりがあった。

ルミナルbは抗がん剤上乗せ効果が低い
喘息で抗がん剤も限りがある。

6月辺りから左右鎖骨上あたりのクリクリ動くリンパ節がある。

ドクター曰く僕もこんなのあるよで終了です。

左側の石灰化も去年から指摘されていてマンモトームの話も出ましたがとりあえずサイズが変わらないから様子見となってて、今回の病院でも定期観察でと言われてます。

このような流れで不安でおしつぶされそうです。
先生のアドバイスいただけたら嬉しいです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

色々なことが「ごちゃ混ぜ」になっているから混乱しているようです。
私から見れば
『線維腺腫(1.1センチ)だから1年後と言われたが気になり1月に他院受診』
⇒結果的に、(半年は待ってしまいましたが)ここで「更に半年待たなかった」質問者の決断が最大の勝利だと思います。

整理すると

1.断端 本当に陰性であれば、そのまま(放射線)でいいのでは?
2.TCで使用するドセタキセルは「アルコールフリーにできる」ので問題ありません。

何に悩んでいるのか?
普通にTCを行って、術後照射でいいのです。
ステージ1なのだから、(繰り返しますが)質問者が「1年またずに」気になり他院を受診したことが勝利なのです。
ご安心を。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

ルミナルb 抗がん剤3ヶ月か6か月かについて
性別:女性
年齢:42
病名:右浸潤性乳管癌
症状:胸のしこり オペ後
投稿日:2021年4月7日

先日先生に相談させて頂き追加で質問お願いします。
1週間まってからとありますが、昨日受診し明日までに考えてきてと言われ急いで相談させて頂きたく申し訳ありません。

ER:Jスコア3、Allredスコア PS5+IS3=TS8、
PgR:Jスコア2、Allredスコア PS2+IS3=TS5、
p53(1+)
HER2:スコア2+
HER2-DISHネガティブ HER2/CEP17=1.3~1.4
MIB-1 LI:49.2%
エコー、骨シンチ、単純CT、センチネル生検では転移なし

断端陰性だが5cm角の切除内にしこりと別に断端ちかくに非浸潤癌が1つあり

以上の結果からPgR低めで、kiが高いのでホルモン療法だけでは足りないので、TC×4もしくは万全にしたいなら半年の抗がん剤でTCとEC-Dと言われ考えてくるように言われました。
抗がん剤したくないならオンコタイプに出しても良いと。

抗がん剤はやらないと不安なのでオンコタイプしてもしなくても抗がん剤はすると話したらそれなら不要といわれました。

オンコタイプにだしたら抗がん剤3ヶ月で良いとか、半年した方が良いなどの指標になりますか?

オンコタイプは出した方が良いですか?

また先生でしたら私のような場合どのような治療にすすみますか?今ここでしっかり半年した方が良いですか?

ちなみに父方いとこ2人乳がんです。
(42歳非浸潤48歳浸潤でしたが、遺伝子検査もしてません)

よろしくお願いします

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

「また先生でしたら私のような場合どのような治療にすすみますか?今ここでしっかり半年した方が良いですか?」
⇒ルミナールタイプの術後補助療法で用いる抗がん剤はTC(3週間に1回の点滴4回=3か月)です。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
31+
Scroll Up