Site Overlay

3月22日(月)② 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

抗がん剤治療について   [管理番号:9259]
34歳 左乳房温存術をし、リンパ節は一個摘出し、転移陰性でリンパ節郭清を省略しました。

浸潤性乳管癌 硬性型 HER2 +1陰性
ステージ1 しこり15ミリ(乳頭方向へ広がりあり)
ホルモン受容体 ER95% pgr80 %
グレード3 ki-67 20%

ホルモン内服薬、注射薬放射線治療の他に抗がん剤も推進されました。
主治医は色々な面を考慮して強くは進めていません。
できれば抗がん剤はやりたくないです。
オンコDX検査も負担が高額な為厳しいです。
どのくらい再発率を下がれるのでしょうか?迷っています。
■病名:乳癌
<女性:34歳> ……【詳しく読む】抗がん剤治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん 肺転移と治療について   [管理番号:9258]
先生のご経験から教えていただきたいことですが、

①89歳でも抗がん剤を選択する方が多くいますか。

②もし、抗がん剤を選択するとしたら、先生がよくおすすめしているハーセプチン 、パージェタ、エリブリンですか。

③ハーセプチン 、パージェタ、エリブリンは副作用と効果のバランスが良いとおっしゃっていますが、副作用が出るとしたらどんな副作用が出ますか。
特に多く出る副作用がありましたら教えていただきたいです。
■病名:右乳がん 右肺多発転移
■症状:息苦しさ、左肩や左肘、背中の痛み
<女性:89歳> ……【詳しく読む】乳がん 肺転移と治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤がん全摘後の治療について   [管理番号:9257]
先日、右側の乳がんを全摘いたしました。
術後の検査結果は以下の通りです。

全てDCIS
ER99%
PgR80%
HERS2 2+
MIB1 index 20%
センチネルリンパ節転移なし
乳管内進展 6.1 センチ×4.0 センチ×0.7センチ
水平切除断端: cut surface陰性、5mm以内陽性乳頭は今のところ温存(あまり血流の状態が良くないため今後とれてしまう可能性もあり)

6.1センチと進展が大きかったので、非浸潤ですが、主治医の先生の中ではホルモン療法も選択肢としてはあったようです。
ですが、私が可能であれば今後子供(2人目)を希望している…という話もしていたため、無治療で経過観察でよいのでは、との診断となりました。

ホルモン療法に伴う副作用もあると思いますが、今後対側の乳房への再発を防ぐためには、本来はホルモン療法を受けた方が良かったのでしょうか。
■病名:右乳がん
<女性:39歳> ……【詳しく読む】非浸潤がん全摘後の治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

グレード3ki67の低値について   [管理番号:9256]
2月の(下旬)日に手術をし、(右乳房温存手術+センチネルリンパ節生検) (中旬)日病理の結果を聞いて参りました。

しこりの大きさ   12ミリ
リンパ節体の数   なし
組織型       浸潤癌
各グレード      3
エストロゲン受容体   +
プロゲステロン14大   +
Her2タンパク     2+
ki67 +

病期  T ic N o Mo 1期
湿潤性乳管癌(充実腺癌)

%での値は出ないと言う事でしたがエストロゲンとプロゲステロンについては1番よく出ている評価、ki67については4段階中2番目、10%以下であろうと言うことです。

her2については、針生検でも2+でした、術前にフィッシュ法で陰性と確認されていますが、病理でもグレーと出てしまい、フィッシュ法で確認中2週間ほどで結果が出るとのことです。
■病名:乳がん 葉状腫瘍
<女性:50歳> ……【詳しく読む】グレード3KI67の低値について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳腺症?(過形成と診断)   [管理番号:9255]
半年以上前に右胸内側にしこりを感じ病院を受診しましたところ、エコー、マンモ、触診をしていただき、
「年齢的にも悪いものは考えにくいから、経過観察もいらない。

このしこりは乳腺が過度に形成されただけだと思うよ。
心配なら半年後またエコーでみる」と診断をいただいておりました。

そして先日 心配性、しこりに痛みを感じたためまた受診したのですが、
エコーより、「半年前より少しだけ大きい気(2~3mm)がする。
乳腺も厚い?から、一応細胞診をしましょう」
とのことで細胞診をしてきました。

医師曰く、心配する必要はないと思うけど、万が一を考えて…とのことでした。

結果は約1週間後に分かります。

この年齢で、悪性の可能性はあるのでしょうか…?
■病名:乳腺症、正常乳腺の過形成
■症状:胸のしこり、しこりの痛み、 反対側の脇の下の違和感
<女性:21歳> ……【詳しく読む】乳腺症?(過形成と診断)

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up