Site Overlay

乳がん 肺転移と治療について

[管理番号:9258]
性別:女性
年齢:89歳
病名:右乳がん 右肺多発転移
症状:息苦しさ、左肩や左肘、背中の痛み
投稿日:2021年3月20日

ちょうど3年前に江戸川病院で手術していただき、祖母の命を救っていただき、ありがとうございました。

腫瘍が大きかったこと、また再発予防の抗がん剤も歳と副作用の理由で半分しかできなかったため、再発する可能性は高いと覚悟しておりました。
半分しか出来なかったのは、ウィークリーパクリタキセル、ハーセプチン の組み合わせです。

手術後3年が過ぎようとしていたときに肺転移が複数見つかりました。

歳や体力低下のこともあり、抗がん剤を試すかそれともそのまま寿命を全うするかとても本人も含めて葛藤しています。

手術したときは、右乳房全摘、HER2 3+ という結果です。
今回、CTやMRIなどの様々な検査を行い、肺転移右肺のみ見つかっています。

そこで、先生のご経験から教えていただきたいことですが、

①89歳でも抗がん剤を選択する方が多くいますか。

②もし、抗がん剤を選択するとしたら、先生がよくおすすめしているハーセプチン 、パージェタ、エリブリンですか。

③ハーセプチン 、パージェタ、エリブリンは副作用と効果のバランスが良いとおっしゃっていますが、副作用が出るとしたらどんな副作用が出ますか。
特に多く出る副作用がありましたら教えていただきたいです。

④もし、ハーセプチン 、パージェタ、エリブリンをした際に副作用がひどいときはエリブリンを6ー7割の投与に変更はできるものですか。
やらないよりは投与を減らして副作用を軽減しながら行ったら少しでも効き目はあるのではないか、と考えてしまうのですが、先生のお考えはいかがでしょうか。

⑤祖母は10年前に心筋梗塞を発症して手術してから月一回循環器で内服等治療していますが、今のところ高齢で心臓がやや肥大していますが、ハーセプチン パージェタ エリブリンなどの抗がん剤をすることで心臓に影響したり、負担がかかったりしますか。

心臓に影響出るケースは多いですか。

⑥ハーセプチン 、パージェタ、エリブリンが仮に効かなくなった
ら次の抗がん剤治療でおすすめはありますか。

⑦HER2タイプにカドサイラ治療は効き目はありますか。

⑧カドサイラの副作用はどんな副作用が多いでしょうか。

⑨右乳がんで右肺転移でしたが、祖母は左肩や左肘、背中等を痛がります。
CTなどの検査では骨転移は画像では見受けられなかったのですが、転移から来ている痛みの可能性は考えられるでしょうか。
(心臓には異常ありませんでした)

様々質問して申し訳ありません。
少しでも長生きしてもらいたいこともあり、体力的なことも考えて抗がん剤を迷っていますが、最初的には本人次第ということもあります。
前向きに考えていけたらと思っております。

お忙しいところ、恐縮ですがご教示いただきたいです。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

高齢で肺転移とのこと、ご心配なことと存じます。

「①89歳でも抗がん剤を選択する方が多くいますか。」
⇒再発治療の場合には(年齢ではなく)、ご本人のモチベーション次第です。(お元気であれば躊躇する必要はありません)

「②もし、抗がん剤を選択するとしたら、先生がよくおすすめしているハーセプチン 、パージェタ、エリブリンですか。」
⇒それが一番「効果と副作用のバランス」がいいですね。(特にタキサンに比べ、副作用を危惧しなくて済みます)

「③ハーセプチン 、パージェタ、エリブリンは副作用と効果のバランスが良いとおっしゃっていますが、副作用が出るとしたらどんな副作用が出ますか。
特に多く出る副作用がありましたら教えていただきたいです。」

⇒殆どありませんが…
 もし「疲労感」などあったら(年齢的に) 減量投与するといいでしょう。

「④もし、ハーセプチン 、パージェタ、エリブリンをした際に副作用がひどいときはエリブリンを6ー7割の投与に変更はできるものですか。
やらないよりは投与を減らして副作用を軽減しながら行ったら少しでも効き目はあるのではないか、と考えてしまうのですが、先生のお考えはいかがでしょうか。」

⇒上記通り。

「⑤祖母は10年前に心筋梗塞を発症して手術してから月一回循環器で内服等治療していますが、今のところ高齢で心臓がやや肥大していますが、ハーセプチン パージェタ エリブリンなどの抗がん剤をすることで心臓に影響したり、負担がかかったりしますか。
心臓に影響出るケースは多いですか。」

⇒通常殆ど影響ないですが…
 循環器内科診療中の患者さんであれば、「循環器内科に確認が必須」です。(医師の常識)

「⑥ハーセプチン 、パージェタ、エリブリンが仮に効かなくなったら次の抗がん剤治療でおすすめはありますか。」
⇒選択肢は豊富ですが…

 副作用を優先すればweekly paclitaxel

「⑦HER2タイプにカドサイラ治療は効き目はありますか。」
⇒勿論です。(適応ありますよ)

「⑧カドサイラの副作用はどんな副作用が多いでしょうか。」
⇒血小板減少位で、自覚症状としては「殆どない」ですよ。

「⑨右乳がんで右肺転移でしたが、祖母は左肩や左肘、背中等を痛がります。
CTなどの検査では骨転移は画像では見受けられなかったのですが、転移から来ている痛みの可能性は考えられるでしょうか。」

⇒違うと思います。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

乳がん 肺転移について
性別:女性
年齢:89歳
病名:乳がん 肺転移
症状:
投稿日:2021年3月26日

お忙しいなか参考となる回答をいただき、ありがとうございました。

また教えていただきたいことがあります。

肺転移の程度はCTなどで見るとポツポツ小さな白い点がいくつか見える状態です。

①祖母はここ数ヶ月前から息苦しさを感じています。

肺転移から来る息苦しさでしょうか。

また息苦しさがあると抗がん剤はできないのでしょうか。

(特に酸素濃度等悪くなってはいません)

②主治医はもう歳だし、抗がん剤は心臓にも影響があるからと治療は勧めないし、できればやりたくないと言われました。
抗がん剤をして心臓が止まってしまったら大変だからと。
抗がん剤をすることで心臓が止まってしまうこともまれにあるのでしょうか。

③心臓の機能低下で抗がん剤を勧められないケースもよくあるのでしょうか。

④ハーセプチンは心臓機能低下が起こりやすいと言われましたが、先生のご経験からよくありますか。

⑤様々な抗がん剤のだいたいの副作用に心障害と記載されていることが多いですが、心障害が起こる割合はどのくらいでしょうか。

⑥主治医が治療を勧めないことに衝撃をうけています。
田澤先生も身体状況や病気の状況により、抗がん剤治療を勧めないことはありますか。
もし、治療を勧めない時はどういった状況の時でしょうか。

様々質問して申し訳ありません。

もし、質問内容の中に失礼な文面がありましたらお詫びします。

先生のご経験から教えていただけたらありがたいです。

お忙しいところ、申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

高齢者でもeribulinは(初回はとりあえず)減量投与すれば、十分に「効果と副作用」のバランスが取れます。
ご本人がお元気で、ご家族も希望があれば十分にやる価値はあります。

Trasutuzumabの心毒性は滅多にありません。
初回に心エコーして、(無症状ならば)半年後に再度心エコーすれば安心して行えます。(本当に「滅多に」おこりませんよ)
ご安心を。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
44+
Scroll Up