Site Overlay

3月4日(木)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。【2/24受付分】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

リュープリンは必要ないでしょうか   [管理番号:9216]
術後
AC療法 4クール
ドセタキセル+ハーセプチン 4クール
ハーセプチン単独 14クール

ドセタキセル後、
タモキシフェン内服開始
放射線短期照射 20回

現在はタモキシフェン内服のみで、内服期間は5年~10年の予定と言われています。

AC療法1クール目で、化学療法閉経をして、今も生理は復活していません。

主治医にはこのまま閉経になると思うと言われてます。

子宮筋腫が3つあり、それが大きくなっていくようならばリュープリンを考えると病理結果がでて、治療方針を決めていく時に言われました。

私の年齢くらいの方はリュープリンを併用している方が多い印象で、私はやらなくても大丈夫かなとずっと考えてます。
■病名:左乳癌
<女性:47歳> ……【詳しく読む】リュープリンは必要ないでしょうか

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

手術後の治療方針について   [管理番号:4543]
両側浸潤性小葉ガンで、一ヶ月位前に両方全摘手術をして、右リンパ郭清、同時再建でシリコンも入れました。
細胞が小さいため、細胞診でもPETでもリンパや胸もガン細胞は確認する事が出来ず、生検で両方見つかりました。
担当医には左はリンパに転移していないから無視して、右はリンパ転移の数が多く全身にガン細胞がまわっている可能性が高いと言われて、抗がん剤AC療法+タキソテールの後、放射線とホルモン治療ノルバデックス10年と言われました。
<女性:48歳> ……【詳しく読む】手術後の治療方針について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤癌が病理で覆る可能性   [管理番号:9124]
現在以下の状況を言い渡され、来週の左全摘手術に向けて準備をしております。

<現状>
・マンモトーム生検で「非浸潤性乳管癌」の結果
(ホルモン受容体 陽性・核異形度 グループ2)
・MRIで病変が左上内側(乳房の約4分の1くらいのイメージ)にモヤモヤと広範囲に広がっている
・エコーで平べったい黒い影がいくつかあった
・CTでは目に見えた転移なし

主治医からは本当に早期か分からない、センチネルリンパ生検を実施とおっしゃっています。

また同時再建も避けるとのことでした。

情報が少ない中で大変恐縮なのですが、病理の結果で「浸潤癌」「進行癌」とステージが上がり、抗がん剤を使うような展開がありうるか、田沢先生の所感をお伺いできないでしょうか。

なんだか左腕もむくんでいる感じがして、リンパ節転移しているのではないかと、こちらも大きな不安材料となっております。
■病名:乳癌
■症状:乳頭分泌・時々乳房痛
<女性:40歳> ……【詳しく読む】非浸潤癌が病理で覆る可能性

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールA、リンパ転移1つ、に対して抗がん剤使用について   [管理番号:9186]
2/(上旬)に無事に手術を終えて
右胸全摘出・エキスパンダー挿入

リンパ転移が1つみつかり、リンパ節郭清をしました。

先生からの話によると
術後の病理結果によって
抗がん剤・放射線、、、と追加の治療になるとの話でした。

術前の病理結果のように進行速度も遅いタイプのままだったらホルモン治療のみで大丈夫では?(妊娠希望もあるので)
オンコタイプは病理結果をみてやってもいいのでは?
との事でした。

??ルミナールAでもリンパ転移になることはあるのか?
??私の場合はオンコタイプはするべきか?(する場合は病理結果みてからでいいのか?)
??サブタイプがそのままルミナールAで、リンパ転移の場合
抗がん剤使う・使わないはどこで判断すればよろしいでしょうか?

術前がルミナールA、リンパ転移なし…でしたので落ち込んでおります。
■病名:乳がん
■症状:右胸、乳頭直下
<女性:38歳> ……【詳しく読む】ルミナールA、リンパ転移1つ、に対して抗がん剤使用について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプDX結果 50歳以下RS21-25の治療   [管理番号:9215]
私は今回の結果をもってTC療法をすれば、(ケモありケモなしの差が5~6%位あるので)9年遠隔再発率12%に上乗せを期待できるのでしょうか?それとも、この年齢による補足情報は化学療法による卵巣機能抑制によって予後が改善しているという考えからタモキシフェンにリュープリンを追加して治療すれば十分、化学療法上乗せ効果なしなのでしょうか?主治医にはどちらの治療にするか迷っていることは伝えています。

或いは、田澤先生がよく掲示してくださる
「RS≦20 抗がん剤不要
21~25 抗がん剤不要 TAM(タモキシフェン内服薬)
+ LH-RHagonist(注射薬)必要
RS≧26 抗がん剤必要」、但し、「LH-RHagonistの併用効果は「化学療法閉経後の月経回復」と「35歳未満」となります」をもとにすると、私の場合はタモキシフェン単薬治療で十分、リュープリンは私の年齢では適応外となるのでしょうか?
■病名:右乳がん
<女性:46歳> ……【詳しく読む】オンコタイプDX結果 50歳以下RS21-25の治療

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up