Site Overlay

2月18日(木)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。【2/8受付分】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ルミナルA センチネルリンパ節微小転移2個 抗がん剤は必要でしょうか?   [管理番号:9185]
左乳房部分切除術を行い、病理結果が出ました。

浸潤がん(硬がん) 1.8cm
センチネルリンパ節2個微小転移 リンパ節郭清無し
ホルモン受容体陽性 ER97% PgR 12%
HER 2陰性
ルミナルA
グレード1 Ki67 18%
脈管侵襲あり
温存手術後の断片 陰性
ステージⅡA
の病理結果が出ました。

質問1.
昨年10月初めに告知を受けたのですが、コロナの影響で手術が1月になってしまいました。

当初転移の可能性は低いと言われていたのですが、センチネルリンパ節3個中2個に微小転移がありました。

手術してみないと分からないと言われてはいましたが、腫瘍の大きさ1.8cm。
そんなに早くリンパ節にたどり着くものでしょうか?
場所は乳房外側の中間位、乳首から1cm位離れた所です。
■病名:右乳がん(硬がん)
<女性:51歳> ……【詳しく読む】ルミナルA センチネルリンパ節微小転移2個 抗がん剤は必要でしょうか?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳頭分泌物について   [管理番号:9184]
最後に病院を受診してから1年半経つのでかかりつけの病院へ行こうと思いますがいくつか質問があります。

1.今でも強く絞ると透明、黄色、白色の分泌物が出ます。

右のみです。
たぶん1つの穴だと思います。

何か悪いものでしょうか?

2.左胸にずっと痛みがあります。
押すと痛いです。

3.子宮内膜症治療のため、2年ほど低容量ピルを
飲んでいますが、分泌物や胸の痛みと関係ありますか?

4.分泌物の症状が出ていてもマンモとエコーのみしかしていただけない場合、より詳しく検査してもらえる病院に変えた方が良いですか?
■病名:乳腺症
■症状:乳頭分泌、乳房痛
<女性:32歳> ……【詳しく読む】乳頭分泌物について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

悪性葉状腫瘍の追加切除について   [管理番号:9183]
葉状腫瘍の診断を受け、手術をしました。

しこりに気が付いたのは2020年春頃。

検査は11月で、サイズは8か月で1.5倍ぐらいになりました。

病理検査の結果は悪性葉状腫瘍。

検査の結果の数値について
●病変サイズ 65×45
●手術で切除した術部は約80mm
●断端は陰性とのこと
●12/10HPF
●K1-67 20%
●脂肪組織内に侵潤あり
●壊死あり(内部の多くが壊死していました)

家に帰って調べてみて「思っていたより(相当)悪かったな・・」という印象です・・

伺いたいのは手術のことです。

今回、乳腺の全摘などはしておりません。

今後は3か月ごとの検査になりますが、悪性度が高そうなので、追加で全摘をしなく
てよいか?ということが気になっています。
■病名:悪性葉状腫瘍
■症状:術後経過観察中
<女性:56歳> ……【詳しく読む】悪性葉状腫瘍の追加切除について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

食生活について   [管理番号:9182]
SNSで、食事によるエストロゲンの摂取は乳がんリスクを高めるとお話されている先生がおりました。

過剰摂取が良くないという意味だと思いますますが、
私は乳がん手術後から、朝は豆乳にきな粉を混ぜた物を飲み、夜は納豆1パックを食べています。

①このような食生活を毎日続けていても問題ないでしょうか?
過剰摂取となり毎日は控えるべきですか?

②牛乳やヨーグルトなどの乳製品、お菓子の糖分も普通に食べて問題ないですか?

③罹患前も平日は自炊でごく一般的な食事をし、休日には外食やアルコールを飲む機会もある。
というような食生活でした。

今後も気にしすぎずこのような生活で大丈夫でしょうか?
何か改善する点があれば教えて下さい。

小麦粉や砂糖、肉類などを断つなど徹底してやられてる方を見ると自分の食生活が不安になり質問させていただきました。
■病名:乳癌
<女性:36歳> ……【詳しく読む】食生活について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

【再掲 変更なし】生検でマイクロパピラリー様、ルミナールB、ki67は30です。   [管理番号:9040]
下記について先生のご意見をお願いします。

①マイクロパピラリーについて
“マイクロパピラリー様”と聞いて先生の質問者へのご回答もいくつか拝見させたいただいたのですが、組織型で早期転移の根拠は無い“と断言されていましたが、それはまだ医学的に断定できる様な治験結果がなく、(例えば)将来的にはサブタイプ?の様に分類される可能性はあるかもしれない(?)が、現時点では組織型での治療方法の違いは無いので現時点で心配する必要は無いという事でしょうか? (ただ、主治医は明らかに意識されていますが。)

②手術してがん細胞がリンパ節に(多数?)転移していた場合:
オンコネルDXをやる必要は無く、抗がん剤治療だと言われています(またマイクロパピラリーなので通常ならホルモン剤治療と判断する場合でも抗がん剤治療を考慮するとの事)が、先生もそう判断されますか?
■病名:浸潤性乳管がん
■症状:自覚症状はありません。
<女性:52歳> ……【詳しく読む】生検でマイクロパピラリー様、ルミナールB、KI67は30です。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up