Site Overlay

2月13日(土)② 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ハーセプチンのジェネリックについて   [管理番号:8496]
こんにちは。

いつも先生の解答で元気をもらっている1人です。

私は昨年よりTC療法4回を終え現在ハーセプチンだけを行っています。
12月までの治療が残っています。

4月からがん診療地域連携パスと言う事で手術を受けた病院から乳腺専門クリニックでの治療となったのですが、そこのクリニックでは、ハーセプチンのジェネリック薬での治療と言う事で先月受けたのですが、田澤先生にお尋ねしたい事は、ジェネリックの点滴でも先発薬と比べて効果など問題ないのでしょうか?
文章が上手くなくて申し訳ありません。

よろしくお願いします。
■病名:乳がんステージ1 HAR2陽性
<女性:59歳> ……【詳しく読む】ハーセプチンのジェネリックについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

今後の治療について   [管理番号:9180]
昨日針生検の結果が出て乳がんと診断されました。
結果通知?は貰えず、診察してくれた先生のメモになります。
1.右乳房乳がん 2.約3センチ 3.エストロゲン+ プログスラロン+ HER2ー 4.
Ki67 90%
グレード3 なのでルミナールb HER2ーです。
と診断されました。
その際、顔つきの悪い癌ですと言われたのですが私のような結果では再発率が高いのでしょうか?結果が出てスッキリしましたが悪性度が高いと言われて今後の治療のことを考えると不安で、治療前なのにひどい吐き気に襲われています。

私は全摘希望ですが、今後どのような治療になるのでしょうか?来週から大学病院に通院するのですが、昨日診察してくれた先生からは術前抗がん剤治療になると思うと言われています。
周りに乳がん経験者もいないので先生に相談させてもらいました。
少ない判断材料、主治医でもないのでわかりかねないのは重々承知しています。
先生の意見を聞かせて下さい。
<女性:41歳> ……【詳しく読む】今後の治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ治療方法について   [管理番号:8650]
5月下旬、左胸のしこりで診察を受け、マンモグラフィとエコーでは、穿刺吸引式細胞診で乳癌と診断されました。

紹介された総合病院にて、マンモグラフィ、エコー、CTと針生検を行いステージ2aの乳癌でありトリプルネガティブと診断されました。

腫瘍の大きさは触診で3.5センチ位です。
(5月下旬より大きくなっています)
術前に化学療法で治療を開始する事で、小さくなるようであれば温存も出来る場合もあります。
と説明されました。

温存出来るという言葉に気持ちが傾いたのですが、この大きさであれば、術後の治療や再発、転移全てのリスクを考えた場合、全摘が最善なのでは?と悩んでいます。

現状の大きさでは温存はしない方が良いのでしょうか?
術前の化学療法なしで全摘した方が明らかに予後は良いのでしょうか?
先生のアドバイスを頂ければ助かります。
■病名:乳癌
■症状:胸のしこり
<女性:46歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ治療方法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

浸潤について   [管理番号:9179]
先日妻が田澤先生に手術していただいた者です。
大変お世話になりました。

術前の生検での病理検査の結果は「非浸潤がん」ということだったのですが、明らかなしこりを形成していたこと(触った感じで7.8cmくらいはあったように思います)、一部分ですがしこりが皮膚を突き破るような形になっていたこと(皮膚浸潤というものでしょうか?)を踏まえると、術後の病理検査の結果では「浸潤がん」が見つかることを覚悟した方がいいのかなと思うのでしょうが、田澤先生はどう思いますでしょうか。

お忙しいとは存じますが、ご教授いただけると幸いです。
■病名:右乳癌
<女性:25歳> ……【詳しく読む】浸潤について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up