Site Overlay

1月22日(金)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

非浸潤癌が病理で覆る可能性   [管理番号:9124]
現在以下の状況を言い渡され、来週の左全摘手術に向けて準備をしております。

<現状>
・マンモトーム生検で「非浸潤性乳管癌」の結果
(ホルモン受容体 陽性・核異形度 グループ2)
・MRIで病変が左上内側(乳房の約4分の1くらいのイメージ)にモヤモヤと広範囲に広がっている
・エコーで平べったい黒い影がいくつかあった
・CTでは目に見えた転移なし

主治医からは本当に早期か分からない、センチネルリンパ生検を実施とおっしゃっています。

また同時再建も避けるとのことでした。

情報が少ない中で大変恐縮なのですが、病理の結果で「浸潤癌」「進行癌」とステージが上がり、抗がん剤を使うような展開がありうるか、田沢先生の所感をお伺いできないでしょうか。

なんだか左腕もむくんでいる感じがして、リンパ節転移しているのではないかと、こちらも大きな不安材料となっております。
■病名:乳癌
■症状:乳頭分泌・時々乳房痛
<女性:40歳> ……【詳しく読む】非浸潤癌が病理で覆る可能性

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

病理の結果について   [管理番号:9104]
私は12月の下旬に右胸を全摘しました。

質問したい事は、病理の結果主治医から、
治療方針を決めてくるように言われているので、田澤先生の意見をお聞かせ頂きたいです。

私は閉経前です。

癌は粘液癌で、浸潤6㎜(非浸潤5cm)
細胞グレード1、核異型グレード1
ER陽性、PgR陽性、Ki67は、20%
リンパ節転移は、無し(センチネルしました。)脈管侵襲、切除断端、いづれも陰性。
ルミナルA型
ここまでだと、主治医は、ホルモン治療か、6㎜なので、経過観察かどちらか選んで。
と言われました。
この場合は、経過観察を希望する予定です。
しかし、HER2が、2+で、再検査しております。
このHER2が、陽性の場合ホルモン治療のみか、抗がん剤とホルモン治療か、抗がん剤のみか、経過観察か。
選んでと言われています。
抗がん剤はした方がよいですか?希望といたしましては、抗がん剤は、避けたいです。
しかし、ホルモン治療は、するか迷っています。
田澤先生のご意見をお聞かせください。
■病名:乳癌(粘液癌)
<女性:45歳> ……【詳しく読む】病理の結果について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

エコーで要精密検査   [管理番号:9123]
してもらいまして最後は二年前になります。

今回健診エコーで、乳管拡張と5mm程度の腫瘤を指摘されました。

予約が取れず、仕事を休めず、受診出来るのが来月になってしまうのですが、
その間に大きくなったり癌ならば進行したりしてしまうことはありませんでしょうか?
<女性:48歳> ……【詳しく読む】エコーで要精密検査

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

血液検査の素朴な疑問   [管理番号:9122]
血液検査の疑問なのですが、通常再発の有無の検査って
血液検査から、異常があれば、追加でエコーやCTってなりますよね?
でも仮に初めから頻繁にエコーやCTなどの検査をしているとしたら、血液検査をする意味ってあるんですか??
エコーやCTで異常があった場合に血液検査をしてみよう!とはならないですよね?
ではなぜはじめから血液検査ではなく画像検査をしないのかなぁとふと疑問に思いました。
<女性:42歳> ……【詳しく読む】血液検査の素朴な疑問

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up