Site Overlay

1月5日(火)③ 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

HER2乳がんの再発率について   [管理番号:9090]
手術を行った主治医は、センチネルまでいってたのと術中声を出してしまったと言っていました。

術後の治療は
FEC療法 4クール
タキソテール、ハーセプチン 4クール
放射能25回
ハーセプチン単独で1回で
今現在はハーセプチンの終盤となっています。

治療中、腫瘍マーカーであるCEAが5.1→6.7→7.0と一時上昇し、
前回の血液検査で4.8と下がっていましたが、(そのまま上昇していればCT検査をやるはずでした)
再発ではないのかと非常に気を揉み、また、センチネルリンパにまで転移していたこともずっと気にしています。

術後の主治医の説明では、HER2の再発率は30数%あり、また他のサイトでも早期のステージであってもHER2の場合30%以上の再発率であるとかかれており、本人も再発のことが頭から離れなくなっております。

治療が終わりに近づくにつれストレスがだいぶつのり一時期精神状態がかなり悪く、心療内科を受診するようになってしまいました。

もともと母はかなりネガティブ思考で、何事も悪い方にばかり考えてしまう性格なのですが、ストレス自体が再発率にも影響すると言うことも聞き、ますますストレスがたまり悪循環となってしまっています。
■病名:乳癌
<女性:66歳> ……【詳しく読む】HER2乳がんの再発率について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

頸部リンパ節のしこりと皮膚腫瘍   [管理番号:9089]
質問したい点は
①コラムにて頸部リンパ節再発はトモセラピーが有効とありますが、この場合も有効だと思われますか?
②皮膚腫瘍がある場合、選択肢は抗がん剤のみでしょうか?他臓器に転移なしの場合でも、手術は視野に入らないですか?

がんの増殖スピードが予想以上に早く、うまく整理が出来ていません。
結果が出揃い次第、セカンドオピニオンを受けたいと思っています。

江戸川病院で田澤先生にセカンドオピニオンをしてもらう事は可能でしょうか?
■病名:乳がん
■症状:皮膚腫瘍と頸部にしこり
<女性:38歳> ……【詳しく読む】頸部リンパ節のしこりと皮膚腫瘍

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性小葉ガンについて   [管理番号:9088]
術前は乳管ガンか小葉ガンが、手術してみないとわからないと説明されており、術後小葉ガンと判明したようです。

抗がん剤治療はHER2陽性と出たから追加になったのか、小葉ガンとわかって部分切除したから追加になったのかがわからないところです。

そして極め付けは、今月いっぱいで私は辞めるので、次の人に引き継いでおきます。
と言われました。

会ったこともない先生に全てを丸投げされ、呆然としています。

その先生に会うのは1月に入ってからです。
そして担当医と話し合いながら治療ができるのか不安でなりません。

コロナ禍であまり病院に出入りすることを避けているような感じで、無治療期間中です。
術後胸に水が溜まっても病院に行きづらい感じです。
溜まった水はどんな感覚になれば抜きに行けば良いのでしょうか?
一度抜いたら2日ほどでパンパンになっています。
■病名:乳がん 浸潤性小葉ガン
■症状:しこり
<女性:60歳> ……【詳しく読む】浸潤性小葉ガンについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up