Site Overlay

12月17日(木)② 6件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

おそらく悪性のしこり   [管理番号:9036]
もう悪性の可能性は覚悟しているのですが、
この放置していた半年に、
しこりが手遅れになっていないかとても心配です
そしてこの検査を待つ間に、
大きくなってしまったら…とか、
転移してしまったら…と不安で仕方ないです。

わたしはバレーボールをしているのですが、
今この状態でスポーツをする事は大丈夫でしょうか?

田澤先生の存在を知り、
この近くに先生みたいな方がおられたらと心から思ってしまいます。

わたしは関西に住んでいるので、
田澤先生に診てもらうなど現実的ではないでしょうか?
■病名:乳がんの疑い
■症状:しこり、違和感
<女性:48歳> ……【詳しく読む】おそらく悪性のしこり

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの再発について   [管理番号:8882]
2016年9月に右乳がん温存手術、16ミリステージ1He r2陽性アポクリン癌術後タキソテールカルボプラチンを6回ハーセプチン18回放射線25回を受けました。

その後3ヶ月毎に検診を受け今年から半年に1度になり1月と7月(中旬)日に血液検査とエコーを受けました。
異常なしと言われ、次回12月に予約したのですが、8/(下旬)に脇下にしこりを自分で発見し、病院に行くと、リンパと乳房との線状にあり、7ミリでした。

これは主治医の見落としではありませんか?急に7ミリはおかしくないでしょうか?
そして、リンパ全部と乳房一部とると言われたのですが、この手術は最適なのでしょうか?
■病名:乳癌
■症状:胸のしこり(脇の下)
<女性:56歳> ……【詳しく読む】乳がんの再発について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳ガン検診、細胞診クラス3でマントームをすることになりました。   [管理番号:9013]
田澤先生にもいくつかお聞きしたいです。

20代、30代の線維腺腫は問題ないが40代の大きくなる線維腺腫は要注意とみましたが本当でしょうか?
今まで右胸の違和感から癌の可能性は高いでしょうか?
エコー所見
(腫瘤形成性病変)
円形 内部エコー、低、不均質、線上エコー
明瞭平滑
(前方境界断裂)-(後方境界断裂)-
後方エコー増強、血流+- (エラストグラフィ)軟充実性病変疑い
細胞診結果
疑陽性 Atypical ductal cells/ductal hyperplasia
とありました。

どのような意味あいか教えて頂きたいです。
<女性:39歳> ……【詳しく読む】乳ガン検診、細胞診クラス3でマントームをすることになりました。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

縦楕円形のしこり   [管理番号:9056]
12/(上旬)検診(マンモ、エコー、細胞診)
マンモでは発見されなかったが、エコーで13mmの縦楕円形のしこりと円形のしこりがみつかりました。

エコーでは13㎜でしたが、先生からは多分2センチくらいだろうとの診断です。

検診日に2つのしこりとリンパの細胞診で、12/16の結果待ちです。

結果が出ていないのにお聞きし大変失礼だとは重々承知しておりますが、結果が出るまで長くピリピリ ジンジンする痛みや、大きくなってきているのがわかり不安なため教えていただければと思います。

また、手術は先生にお願いしたく手術日までの日数等も教えていただけると助かります。
■症状:右胸13mmの楕円形縦しこり 少しの乳房痛
<女性:44歳> ……【詳しく読む】縦楕円形のしこり

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳癌手術後の後治療についてと再発転移の予後についての不安   [管理番号:9055]
2019年10月に乳癌と診断され、11月末に左胸乳房温存手術を受け1月から3月まで12回パクリタキセル+ハーセプチンの
抗ハーツ療法を受けその後1回ハーセプチン単剤、その後放射線療法25回、放射線治療の間左胸のため、ハーセプチンは1回後ろ(1年後に)スキップするということで今ハーセプチン15回目を受け終わりました。

放射線治療の間ハーセプチン治療を後ろに1回、スキップしたので1月から始めました抗ハーツ療法が2月に18回目となえい1年を超えてしまいます。

抗ハーツ療法は1年ということですが1年を超えても18回行う方が効果が増すのでしょうか?
それと放射線治療が終わった時点で今現在タモキシフェンを半年飲み続けております(子宮筋腫でOPして子宮がない為
子宮癌の心配がないと言われ)がタモキシフェン以外のアロマターゼ阻害薬が再発リスクが低いと言われました。
タモキシフェンを半年飲んできましたが途中で薬を替える方がほうが再発を抑えるために効果がありますか?
Ki67が36%でしたので将来再発転移を予期するようにと言われショックを受けています。
(ハーセプチン単剤の14回目から自宅近くの乳腺外科に移りました。)11月12月とこれまで手術を受けて治療を行ってきました主治医とは違って再発転移があることを毎回診察時に言われて気力が奪われています。

手術をしてくださった主治医はゼロではないがと希望を持たせる診察でしたが後者の移った病院の主治医は真逆で5年は
大丈夫だけどKi67が15以下ならよいが36と高めだと将来を予期する言葉を毎回言われます。

田澤先生でしたらどうお答えいただけますか?
■病名:浸潤性乳管癌 エストロゲン陽性HER2タンパク陽性乳癌
<女性:63歳> ……【詳しく読む】乳癌手術後の後治療についてと再発転移の予後についての不安

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

細胞診について   [管理番号:6393]
先日の診察で脇に5ミリの腫瘍とのことで5/19(土)に細胞診をする予定です。
診察時にお話ししましたが、前院での手術でリンパ、level1までしか郭清していません。
level2までが標準ですよね。
そこでご相談&質問です。
①今回の細胞診の結果はどうあれ、前院でのやり残し?やるべきだった(level2郭清等)手術をお願いできないでしょうか?
② ①が可能なら細胞診検査は必要ないのでしょうか?
③術後に放射線治療をしていますが手術とは別の病院で行いました。
データは田澤先生のところにもありますか?(確か脇と鎖骨も照射した)
④ ③のデータがない場合は先生の方から前院へお願いして貰えるのでしょうか?
質問は以上4点です。
よろしくお願いします。
<女性:44歳> ……【詳しく読む】細胞診について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up