Site Overlay

10月1日(木)② 3件の乳がんQ&Aを更新しました。【9/25受付分】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

抗がん剤における白血球低下および、病理についての質問   [管理番号:3642]
ウィークリーパクリタキセルを点滴していますが、わずか2回受けたところで白血球が
基準範囲の7割程度
(3300μL~のところ2802)になり、1週空けたものの今度は好中球が低く(42%~のところ40.9%)足踏み状態です。
主治医からは次回受けることができる状態なら、75%の量でやりましょう、と言われましたがそれでも効果があるのでしょうか。
<女性:43歳> ……【詳しく読む】抗がん剤における白血球低下および、病理についての質問

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

造影CTで癌の周辺にひろがる大きな画像   [管理番号:7812]
ご意見をお伺いしたいのは、
1、CTで映った部分はエコーで指摘されていたものと位置的には同じですが、大きさが大きく異なります。
これほど大きなものでも、エコーでもマンモでも映らないのでしょうか。
それともエコーで指摘された部分がさらに広がった状態なのでしょうか。

2、このCTで映ったものはMRIで映った3か所と同じものを見ている可能性はあるのでしょうか。

3、癌と診断された腫瘍はエコーやMRIでは孤立しているように見えましたが、CTで広がって見えた部分と連続している可能性はあるのでしょうか。
その場合、主治医の説明のように、浸潤部分だけの大きさで評価するのでしょうか。
それとも1つの浸潤癌として評価するのでしょうか。

針生検の結果説明の時は、1cm程度の早期乳癌と思われるとの説明にどこか安心していたのですが、今回の画像を見せられ、その広がりの大きさから早期とは思えず、動揺してしまいました。
画像がないのでお答えにくく申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
■病名:乳癌
<女性:46歳> ……【詳しく読む】造影CTで癌の周辺にひろがる大きな画像

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術前組織検査の結果について   [管理番号:8900]
会社の健康診断で要精密検査となり、マンモトーム生検の結果浸潤癌と診断され、現在術前検査待ちです。

クリニックでは現状、癌の性質、今後の治療方針についてわかりやすく書き直した資料を頂きましたが、
検査報告書を読むと不明な点があり質問させていただきました。
ご回答頂けましたら幸いです。

【質問①】腫瘍径は1.6cmと聞いていますが、「乳管内病変を伴う」という記述から、非浸潤部分が存在している可能性があるのでしょうか?
【質問②】「腺管状に浸潤する」とはどういう意味でしょうか?
【質問③】(臨床所見より)DCISの可能性もあったのでしょうか?
【質問④】生検はバチン!と音がするものでしたが、マンモトームを実施との説明を受けています。
また、報告書にも「VAB標本」とありますが、マンモトームでもその様な音がするのでしょうか?
■病名:浸潤性乳管癌(腺管形成型)
■症状:自覚症状なし
<女性:42歳> ……【詳しく読む】術前組織検査の結果について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up