Site Overlay

8月7日(金)② 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

非浸潤性乳管癌全摘後の創部下に嚢胞多発   [管理番号:7481]
昨年11月末に非浸潤性乳管癌で左乳房全摘しました。
5月半ば頃傷跡部分に湿疹と痒みがあり塗り薬で治りましたが 次に手術痕中央部分に白く扁平なな隆起に気付きました。
6月半ばに超音波検査の結果 皮下の嚢胞との事事でした。
取り残した乳腺に嚢胞ができたのでしょうか?全摘後半年位でこのでこの様な事が起こるのでしょうか?下記が検査結果です。

左乳房:切除後皮膚直下に 最大27.6×11.8×5.0mm 他6個程度 ?数~6.3mm程度のcystic~mixed pattern lesion多数あり。
その他D区域に?4.7mm B区域に?6.2mmのcystic lesionあり。
いずれも明らかな内部流血信号は認めず。
(op後変化susp)
右乳房:CD区域に 1.5mmのcystic lesionあり。
その他明らかなmassや点状高エコーは認めず。

診察は(再発なし。皮下の嚢胞)で次回は11月にエコーと診察で良いとの事でした。
術後半年の出来事で理解できず取り残しの不安もあります。
■病名:神経内分泌能を有する非浸潤性乳管癌
<女性:70歳> ……【詳しく読む】非浸潤性乳管癌全摘後の創部下に嚢胞多発

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

5センチのしこりについて   [管理番号:8793」
ステージが予後と関係していることと
よくお見かけしております。

1、
自分自身のステージが明確でないことの不安
ステージが知りたいです。

主治医に、再発率は80%
抗がん剤をしても50%と言われ
何度も聞き直したのですが……

2、
術後の病理検査の結果
再発率が抗がん剤しても50%もあると
言うことなのでしょうか?

3、抗がん剤は、この種類で間違いないでしょうか?

4、ホルモン70もあったのに陰性になることがあるのですか?
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:46歳> ……【詳しく読む】5センチのしこりについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

腋窩覚醒部に米粒大のしこり一つ   [管理番号:7863]
2018年2月 両側乳房全摘手術
左 浸潤性小葉癌 ステージ3a 腋窩覚醒レベル2 リンパ節転移 9/23

右 非浸潤性乳管癌 ステージ2 センチネル陰性
どちらもルミナルA ki12%
術後 FEC ドセタキセル 左のみ放射線治療 フェマーラ

2019年9月 左腋窩覚醒部に米粒大のしこりが一つあり診察
確定診断は判断が難しいからと経過観察 現在様子見状態
現在まで、腫瘍マーカー問題なし。

先生の回答を拝見し、勉強させて頂いております。
このような場合は悪性ならばその他の転移再発を確認し、無ければ手術で切除が望ましいと思うのですが、米粒大のしこりの確定診断は無理があるので大きくしてからという事か、自分の癌進行具合から切除に有意性を感じない判断からか、病院の方針に沿っての経過観察か、いずれにしても大きくなるのを待つのが不安です。

先生でしたらどのようにされるでしょうか。

また、もし可能でしたら飛び込みで確定診断をして頂けたらとも思うのですが、その必要性は感じられるでしょうか。
■病名:両側乳癌 (右乳管癌ステージ2 左小葉癌ステージ3a)
■症状:全摘術後1年8か月左腋窩覚醒部に米粒大のしこり一つ。
<女性:58歳> ……【詳しく読む】腋窩覚醒部に米粒大のしこり一つ

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳菅癌 CT検査について   [管理番号:7069]
11月上旬より左乳頭より赤褐色の分泌物があり、乳腺外科受診しエコー、マンモ、針生検をしました。

その結果、DICSとの診断をうけました。

手術は田澤先生が以前勤務されていた東北○○病院にお願いしようと思い、そこで術前検査でCT検査を行ったところ、「副腎腺腫の疑いあり」ということで、内科を受診するよう指示があり、来週内科受診予定です。

私は長期透析をしており(18年)その影響でMRIは造影剤等リスクがあると取っておりません。

こちらで初期の癌では遠隔転移の可能性は低いと読み、転移の可能性は低いのかなとは思っているのですが、浸潤性だった場合は転移もあり得るのでしょうか?

また、副腎腺腫が乳がんの手術や術後のホルモン治療になった場合に影響を与えるのでしょうか?

乳がんと告知を受け、全摘でとっておしまいと思っていたので他の病気もみつかり、
透析もしているため、今はとても動揺しています。

内科でどのような検査が行われるのか分かりませんが、乳がんからくる転移だったらなど不安な毎日です。

副腎や透析は乳がんとは直接は関係ないかもしれませんが、手術をたくさんこなされてる田澤先生に乳がん治療の観点からご意見を伺いたく思いきってメールしました。
■病名:非浸潤性乳菅癌
■症状:乳頭分泌
<女性:37歳> ……【詳しく読む】非浸潤性乳菅癌 CT検査について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

葉状腫瘍の疑いですが、、、   [管理番号:8661]
ご相談させてください。

①ずっと一昨年の乳腺炎のしこりの残りだと思っていたのが、線維腺腫、今では葉状腫瘍の疑いとなって驚いております。

乳腺炎のしこりがこのようなことになり得るのでしょうか?
それとも乳腺炎のしこりは消えて線維腺腫若しくは葉状腫瘍が発生したものとなるのでしょうか。

②もしも葉状腫瘍であれば、この経過から悪性及び転移は考えられますか?

③不安から色々と検索している内に目にしたのですが、肉芽腫性乳腺炎などの病気ということはあり得るのでしょうか?また、もしそのような場合には、組織診で明らかになるのでしょうか?
■病名:葉状腫瘍疑い
■症状:しこり
<女性:37歳> ……【詳しく読む】葉状腫瘍の疑いですが、、、

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up