Site Overlay

7月31日(金)⑤ 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

リュープリンの使用年数について   [管理番号:8785」
左浸潤性乳管癌 ステージ1
温存手術
1.3センチリンパ節(0/1)ホルモン陽性HER2陰性
グレード3 ki67 32%
術後、抗がん剤治療TC 放射線治療 ホルモン治療タモキシフェン
生理再開後リュープリンを2年間続けてきました。

先日、主治医より2年間リュープリンを終えたから終了しても良いのでは?と言われました。
やめることによる再発転移のリスクはプラス5%程。
5年続けると鬱になる人が多い。
QOLを高めるためにとの事で、悩んだ末にやめることにしましたが、どうにも不安で先生のブログでリュープリン5年を拝見しまた不安になりました。
先生ならやはり5年継続することを強く勧めますか?
また一度やめたもののまた再開しても問題ないでしょうか?
5年リュープリンをやりその後生理が再開するのはそのままでよいのでしょうか?
それと、血液検査をしてもらえないのですが、やはり半年に一度位は 血液検査をした方がいいですか?エコー検査も年に1度で十分との主治医に言われました。
■病名:左浸潤性乳管癌
<女性:45歳> ……【詳しく読む】リュープリンの使用年数について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療後の妊娠出産について   [管理番号:7782]
2017年8月から3ヶ月に1回のゾラデックス注射加え、毎日のノルバデックスを服用しており、今年の9月でまる2年を迎えました。

検査については、3ヶ月に1回薬の処方の時に主治医の元で血液検査をし、半年に1回のエコー、年に1回のマンモグラフィ、たまにこちらが心配になったりすればその都度CTやMRIを追加してくれます。

罹患当時は結婚の予定もなかったのでもくもくと治療を続けていたのですが、今年の5月に結婚して少しだけ妊娠出産のことを考えるようになりました。
夫婦とも術後の治療を優先で、無理に子どもが欲しいとは思っておらず、もし、出来ればいいなと言った感じなのですが、一応家族や周りの勧めもあり、主治医も背中を押してくれたので、2年間の治療を終えた後、一旦休薬して、2年間だけ妊活をしようということになりました。
2年間中に出来なかった場合、また残りの3年(又は8年)の
ホルモン療法に戻るといったような計画です。

また、私は、罹患時に遺伝子検査を受けており、BRCA2遺伝子は陰性でしたが、BRCA1が未確定遺伝子といった診断を受けました。
(陽性でもないが、陰性とも言い切れない、現代の医学では分からない遺伝子という結果が来ました。)そいった判定を受けた人間が周りにはいないため、いつもそこを心配してしまいます。

妊活のために2年間無治療期間に入りますが、その未確定遺伝子についていつも考えてしまいます…。

私のような状況の場合でもこれから妊活しても大丈夫でしょうか。
■病名:乳癌
<女性:39歳> ……【詳しく読む】治療後の妊娠出産について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

腹水について   [管理番号:8758]
2017年11月に右胸乳ガンの温存手術を受けました。

腫瘍径2.7cm ki値5% 少葉がんも混ざっていると言われました。

今年の6月の検診で腹水が少量溜まっているとのことでCTをとりましたが、
他に病変がなかったために経過観察となりました。

主治医はこれ以上の検査はできないし、腹水を取って調べるのは難しいと言われてしまいました。

腹水が溜まるのは何か原因があると思うのですが、詳しい検査はしていません。

乳ガンプラザを見ていると、腹腔内再発ではないかと、とても不安になりました。

田澤先生のところで詳しい検査をしてもらうことは可能でしょうか?
■病名:乳癌
<女性:50歳> ……【詳しく読む】腹水について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up