Site Overlay

6月30日(火)④ 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

線維腺腫と診断されました。   [管理番号:8590]
1週間前左胸にしこりを見つけました。

先日近所の乳腺科併設クリニックで触診、超音波検査の結果「若い女性によく見られる線維腺腫だろう」と診断されました。

触診ではしこりはよく動き、コロコロした感じで典型的な線維腺腫の症状だそうですが、超音波検査では薄い様な感じでうまくうつらず…(画面を見せてもらいましたが素人目ではしこりがどこにあるか分かりませんでした) よく見ると、確かに1.5センチのしこりがあるとのことですが…。

触知できるしこりがあるのに超音波検査で上手く見えないということはあるのでしょうか?
また半年後に来てくださいと言われましたが、不安でセカンドオピニオンを考えています。
■病名:線維腺腫
■症状:胸のしこり(触診で1センチ弱)
<女性:20歳> ……【詳しく読む】線維腺腫と診断されました。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の病理検査の結果は、癌でなかった   [管理番号:8693]
乳腺クリニックで初期の乳癌と診断され、2月に全摘しました。
(しこりの位置が乳首の真下、母が乳癌で亡くなっている、放射線治療をやりたくないから、全摘を選択。)術後、主治医から病理医が「癌でなかったと言いにきた。」と言われ、癌でなかったのですかと聞くと、「色々症状あったんやし、癌や」と言わはり、釈然としないけれど、現在、ノルバティクスを飲んでいます。

最大の疑問は、術後の病理検査で癌でないという結果が出ても、やはり、癌であるということもあるのでしょうか。
術前と術後の病理医は違う人です。
■病名:右乳癌
■症状:乳頭分泌、胸のしこり
<女性:44歳> ……【詳しく読む】術後の病理検査の結果は、癌でなかった

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

再発   [管理番号:8692]
ドセタキセルの抗がん剤を4クール、タモキシフェンの服用を続けてきました。

しかし今月の始めに頚部のしこりに気付き受診。

細胞診を行い陽性。
その後PET検査を行い右頚部リンパ節
右鎖骨内、右の胸のリンパ、胸膜は影で可能性があるとの事でしたが転移が見つかりました。

現在、頚部から採取した組織検査の結果待ちですが
エストロゲンホルモンが90%の結果が出ましたがHER2が2だったため更に遺伝子検査に回すことになり今、結果待ちです。

今の治療方針としてはHER2が陰性だった場合は
イブランスかベージニオ の服用と注射
陽性だった場合には抗がん剤の治療になると言われてます。

私のタイプは手術の時、ルミナールBでした。

3年で再発してしまうようなタイプなのでしょうか?
■病名:乳癌
<女性:47歳> ……【詳しく読む】再発

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナルB HER2 3+   [管理番号:4782]
乳癌の告知をうけました。
病理結果は、ルミナルB HER2 3+です。
ホルモンは、90%以上陽性といわれました。
硬癌、グレード1、腫瘍計6ミリからも7ミリ。
オペは6月です。
やはり、私の主治医も、HER2が高い事を気にしていました。
転移、再発の危険度は高いと。
温存という話しですが、全摘しなくても大丈夫でしょうか?
<女性:49歳> ……【詳しく読む】ルミナルB HER2 3+

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up