Site Overlay

術後の病理検査の結果は、癌でなかった

[管理番号:8693]
性別:女性
年齢:44歳
病名:右乳癌
症状:乳頭分泌、胸のしこり
投稿日:2020年6月27日

乳腺クリニックで初期の乳癌と診断され、2月に全摘しました。
(しこりの位置が乳首の真下、母が乳癌で亡くなっている、放射線治療をやりたくないから、全摘を選択。)術後、主治医から病理医が「癌でなかったと言いにきた。」と言われ、癌でなかったのですかと聞くと、「色々症状あったんやし、癌や」と言わはり、釈然としないけれど、現在、ノルバティクスを飲んでいます。

最大の疑問は、術後の病理検査で癌でないという結果が出ても、やはり、癌であるということもあるのでしょうか。
術前と術後の病理医は違う人です。

別の病院で診てもらっている卵巣内膜症が2ミリから4.4ミリに大きくなっていることも気がかりです。
薬の副作用でしょうか。
このことを主治医に伝えると、リュープリンという注射とアロマシンという薬に変更するかと言われました。

もし、癌でなかったとしたら、何のためのホルモン療法なのかと不安になっています。
術前の病理組織検査では、「広い範囲において増殖細胞のMIB1陽性率は1%程度であるが、散在性に高い陽性率を示す部分が散見された。
それらの部位では、13%程度の陽性反応が認められた。
以上の結果とHEによる組織所見を総合的に判断しepithelial hyperplasiaの一部が悪性化して浸潤性となったものと考えられる。」と書かれています。
よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「最大の疑問は、術後の病理検査で癌でないという結果が出ても、やはり、癌であるということもあるのでしょうか。」
⇒状況が不明なので、回答不能です。

 ただ、術前組織診で「癌と言える部分は取りきれてしまっていた」という可能性はあります。

「薬の副作用でしょうか。」
⇒状況的に…

 ほぼ間違いありません。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

術後の病理検査の結果
性別:女性
年齢:44歳
病名:右乳癌
症状:乳頭分泌、胸のしこり、
投稿日:2020年7月5日

以前は、お忙しい中、回答していただきありがとうございました。

主治医から術後に「リンパには飛んでいなかった。特に何もなかったしな。」という
言葉以外に詳しく病理検査結果を聞いていなかったので、先日、もう一度、術後の病理検査結果を詳しく、説明してほしいと言いに行きました。

その時の主治医の説明は、「術後の結果は、非浸潤癌と出た。癌や。」
病理組織検査を書面でもらいました。

書面には「検体 右乳房全摘術検体と腋窩リンパ節(Level 1)です。
E領域に硬結をふれ周囲に拡張乳管をみとめます。
脂肪組織以外は全て標本としています。

組織学的所見 乳腺:病変部は乳頭腫を示します。
(6.0×5.0×1.0センチ)背景には
通常型乳管過形成、乳管拡張、アポクリン化生をみとめます。
免疫染色では、腫瘍細
胞はER不均一な陽性、CK5は筋上皮および乳管上皮の一部に陽性、
P63,SMA,calponinは筋上皮に陽性でした。
これらの結果は乳頭腫に合致します。

リンパ節:悪性所見を認めません。」と書かれていました。

この報告書には、非浸潤癌という言葉が書かれていませんが、この結果は、非浸潤癌ということでしょうか?(質問1)

主治医は、卵巣が腫れているなら、遺伝子検査(母が乳癌で亡くなっている)をやって、遺伝と出たら、卵巣を取ってしまったらいいと言われましたが、急いで検査をする必要はあるのでしょうか。
(質問2)

質問3、術後に、今後診てもらう病院を変えることは可能でしょうか。
もう手術してしまっているので、難しいのでしょうか。

質問4、術後の病理検査結果を見ると、今後、ホルモン療法をする必要があるのだろうかと疑問に思うのですが、やはり薬を飲んだ方が良いのでしょうか。

卵巣が腫れてきている副作用を思うと、どうなんだろうと思います。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「この報告書には、非浸潤癌という言葉が書かれていませんが、この結果は、非浸潤癌ということでしょうか?(質問1)」
⇒このレポートは良性(乳頭腫)です。
 もしも疑問なら「病理のセカンドオピニオン」という方法もあります。

「主治医は、卵巣が腫れているなら、遺伝子検査(母が乳癌で亡くなっている)をやって、遺伝と出たら、卵巣を取ってしまったらいいと言われましたが、急いで検査をする必要はあるのでしょうか。」
⇒そもそも(ホルモン療法の副作用で)腫れている卵巣に対処するためにBRACAnalysisを行うという発想は「ぶっ飛んでいる」と思います。
 素直に、「タモキシフェンを辞める」か、「リュープリンを追加する」べき。但し「(術前の)生検で取りきれてしまう」程度の癌なら、(副作用が出れば)止めるべきです。★

「質問3、術後に、今後診てもらう病院を変えることは可能でしょうか。
もう手術してしまっているので、難しいのでしょうか。」

⇒「何らかの理由」があれば、可能です。

「質問4、術後の病理検査結果を見ると、今後、ホルモン療法をする必要があるのだろうかと疑問に思うのですが、やはり薬を飲んだ方が良いのでしょうか。」
⇒上記★のとおり、無理して続けるなど論外です。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
38+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up