Site Overlay

5月25日(月)② 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

オンコタイプDXに関して   [管理番号:8522]
いつも田澤先生のブログを拝見させていただき、とてもとても勉強になり、参考にさせていただいております。
有難う御座います。

ご質問ですが、
私は、術前の針生検で
腫瘍径:10mm×11mm×12㎜
浸潤性乳管癌、stage Ⅰ
Luminal型(悪性度1、ER 陽性(7/8)、PgR  陰性(0/8)、ki-67 10%~14%)

これまでの田澤先生のコメントを拝見させていただきますと腫瘍径とstageが予後に大きく影響するとおっしゃられておられますが、オンコタイプDXの計算式を見ますとホルモン受容体が大きく影響しているような式になっています。

更に、色々な方がオンコタイプDXの結果を示されているのを拝見しますと、仮にリンパ節転移があったとしてもER、PgRが共に陽性の患者さんは再発スコアが比較的低リスクであるのに対し、リンパ節転移が無くてもER、PgRのどちらかが陰性のの患者さんは良くて中間リスク、高リスクという結果になっている傾向があるように思われます。

①実際のところ、オンコタイプDXはどのくらい信用できるものなのでしょうか。

②私は一般的には早期乳癌と思われる症例と自分では思っておりますが、PgRが陰性なので、仮ににオンコタイプDXを依頼しても中間リスクあるいは高リスクで戻ってくることは概ね推測されます。
低リスクで戻る可能性はありますでしょうか。
40万円と高額ですので事前に推測するままの結果ならあまり期待できる検査だとは思えないのが本音です。

すみませんが、ご教授お願いいたします。
■病名:浸潤性乳管癌
■症状:胸のしこり
<女性:33歳> ……【詳しく読む】オンコタイプDXに関して

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

胸の痛み   [管理番号:8557]
最近胸の真ん中辺り、胸と胸の間らへんが痛いです。

痛みの種類は打撲のような痛みです。

先月、超音波とマンモは異常なしでしたが、病気ではありませんか?
■症状:胸の痛み
<女性:38歳> ……【詳しく読む】胸の痛み

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

へこみ?   [管理番号:8556]
お乳を寄せるときにふと胸を見ると凹んでいるとこがあります。

手を離すとその凹みはなくなります。

先日、別件で乳腺エコーしたばかりで
何もなかったですし手を離すとなくなるの
はやはり乳がんの凹みではないのでしょうか?乳がんの場合で凹む場合 寄せなくても普通の状態でも凹んでいるのですか?
またエコーしたときに1センチくらいの大きさで写りますか?

乳がんの凹みのときはどのくらいの大きさの腫瘍で引き込むのでしょうか?
<女性:37歳> ……【詳しく読む】へこみ?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルポジティブ乳癌の術後治療について   [管理番号:8555]
Q1
左乳癌は浸潤径2mmとはいえ浸潤癌で、
HER2 3+ですが、無治療でも大丈夫でしょうか?

Q2
今後の治療候補としてハーセプチンがあるとのことですが、なぜすぐ開始しないのでしょうか?(病理結果を告げられたら際に、知識がなく質問できませんでした。
次の診察の際に伺おうと思っていますが、次の診察が半年後なので不安で、こちらで質問させていただきます)

Q3ハーセプチン治療は、抗がん剤と併用しないと効果がないとの情報を目にしましたが、ハーセプチン治療の開始となった場合は、こちらからお願いしてでも抗がん剤と併用した方がよいでしょうか?
■病名:乳癌
<女性:52歳> ……【詳しく読む】トリプルポジティブ乳癌の術後治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん転移を早く見つける意味がない、につきまして   [管理番号:7412]
13年前に初発左乳がんにて温存手術、センチネルにて小さいリンパ転移1個のみFECとドセ各4クール、放射線治療60グレイを受けました。
ハーツータイプ
当時は初発患者にハーセプチン適応無。

8年後(2014年)局所再発にて全摘(広背筋より同時再建)ハーセプチン単独投与にて受けるも4か月後に心臓に影響あり本人希望にて中止。

昨年末定期健診にてCA15-3上昇(78)のためPET-CT受けたところ
肺・肝臓・鎖骨リンパに転移認められました(自覚症状なし)
ハーセプチン・パージェタ・パクリタキセル投与開始し、3ヶ月投与後奏功ありたまたま別で胃カメラにて食道癌があったためその治療に切替(OPなしCF療法と放射線治療)
今に至ります。
現在は無治療ですが、来月より乳がん治療再開予定です。

もし奏功したまま、転移巣が大きくなっていなければまだしばらく無治療を希望したいのですがいかがでしょうか。

以前より、“乳がん転移は早くみつかっても、意味がなく生存率に変わりはない”という説を何度も目にしてきました。

たまたま主治医の方針で定期健診で腫瘍マーカーを調べみつかったわけですが
病院の方針によっては採血せず、フォローはマンモとエコーのみというところもあるようです。

転移していても自覚症状もなかったのでもう少し様子見をお願いするのは得策ではないでしょうか。

転移治療では吐き気など大きな副作用はないものの、日常生活に支障をきたすレベルの
指先指紋割れ疼痛を生じステロイド軟こうなどいただきましたが今ひとつ効き目はなかったです。
■病名:乳がん転移
<女性:55歳> ……【詳しく読む】乳がん転移を早く見つける意味がない、につきまして

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221

Copyright © 2020 江戸川病院 乳腺外科. All Rights Reserved.
Scroll Up