Site Overlay

4月20日(月)③ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

異時性両側乳癌   [管理番号:8463]
2013.10月右乳癌告知、放射線治療。

2014~16ホルモン治療、2018タモキシフェン服薬。

リンパ転移なし、浸潤径11mm、癌細胞グレード1、HER2陰性、
ki67普通(16%)組織型、硬がん。
でした。

そして、2020.4月左乳癌告知。
エコーで14mm。

マンモトーム生検までしました。

オペは、6月(中旬)日に決め、細部検査はこれからです。

私は、状況からして前回同様の治療をお願いしたいと主治医に伝えました。
主治医は、初発の年齢などからして遺伝性乳癌の可能性を疑い。
今回全摘した方がいいと言われ…主治医は卵巣癌のリスクもあがるからと言われ目の前が真っ暗になり、自分の考えが本当に正しいのかわからなくなりました。

独身ですので、出産経験はありません。

喫煙もしておりません。
■病名:乳癌
<女性:48歳> ……【詳しく読む】異時性両側乳癌

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

断乳後の血乳について   [管理番号:8462]
血乳について質問させていただきたいです。

3/(下旬)に断乳しました。
まだ、時々胸が張るので3日に1回くらいは搾っていました。
先週の金曜日(4/(中旬))に右胸を搾乳した所、母乳に血が混じっていました。
初めての事で驚いたのですが、その後昨日今日と搾ってみるとまだ血が混じります。

ほんのり混ざっている程度ですが…乳ガンの症状にもあるため不安です。

早急に受診をすべきでしょうか?
<女性:35歳> ……【詳しく読む】断乳後の血乳について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

黒い液体   [管理番号:8461]
3歳の子供の親です。

生理前で胸がはるのもあるんですが、ちょっと気になって搾乳する時みたいに押したら母乳と黒い液体がちょっとでました。

これは異常なんでしょうか?
ちなみに乳首は陥没で、授乳期には乳腺炎にもなり助産院にも長く通いました。

母は乳がんの既往があります。
■症状:乳頭分泌
<女性:34歳> ……【詳しく読む】黒い液体

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肺再発転移?   [管理番号:8279]
●今回の経緯
2019年12月 造影CT (右肺中葉に2カ所結節)
2019年1月  PETCT (右肺上葉?中葉?に一カ所5ミリ、中葉に一カ所3ミリ 肺以外臓器転移なし)
2019年2月  肺 造影CT (結果待ち)
結果次第で、肺の中葉全部切除か上葉と中葉の両方の部分切除かが決まります(胸腔鏡手術)
手術を担当してくださる呼吸器科の先生は初発の肺癌の可能性は低く、乳がんからの転移だろうとのことです。

この4年間恐れていた転移が目の前に突きつけられ絶望感で一杯です。

田澤先生に質問です。

①遠隔転移の場合の予後悪いと聞きます。
5年生存率3-4割のようです。
一般的にあと何年元気に日常を送れますか。

②10年元気でがんと共存されている方はいらっしゃいますか。

③転移再発の場合の治療は、手術ではなく抗癌剤と放射線と聞いたことがあります。
私の場合、肺の切除手術は必要ですか?
④肺の術式、胸腔鏡手術は一般的でしょうか
⑤抗癌剤治療は今後ずっと続きますか。
(初発の時は3ヶ月で終わりましたが転移の場合は?)
■病名:乳がん肺転移
<女性:49歳> ……【詳しく読む】肺再発転移?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の経過について   [管理番号:8312]
田澤先生にエコーして頂いてたので安心はしていますが何があるのか心配です。

1 やはりきちんと調べたほうが良いでしょうか

2 1月に化学療法閉経中にもかからわず
出血がありました 少しだけですぐに止まりました まだ一度だけなら閉経中と考えててもいいですか
主治医は生理が再開してもしないでもどっちでもいいと言われましたが 生理が再開したらとめてしまったほうが予後はいいのではないでしょうか。

3 毎回 不安を抱えたまま病院から帰ることに少々疲れてきました 田澤先生に診て頂きたいです 遠方からの転院はやはり再発したときに通えなくなるのでしょうか。
■病名:乳癌 硬癌
<女性:45歳> ……【詳しく読む】術後の経過について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up