Site Overlay

術後の経過について

[管理番号:8312]
性別:女性
年齢:45歳
病名:乳癌 硬癌
症状:
投稿日:2020年2月19日

田澤先生 こんにちは。

12月にメディカルプラザ市川で診て頂いた(ID〇〇)です。
紹介状も無しに診察していただいたのにも関わらず一つ一つ丁寧に質問に答えて頂き本当に感謝しています。
またいくつか質問させて下さい。

左乳がん ステージⅢaで化学療法 放射線も終わり現在 ホルモン療法中です。

田澤先生にエコーで右も診察していただきおそらく大丈夫だけど心配なら生検してもいいよと言って頂きそれだけでも安心して帰ることができました。

しかし 放射線科の先生に右の乳輪辺りのしこりを指摘され 最近は自分でも小豆くらいのしこりがわかります。

主治医に相談したところ エコーで診ても何もないと言われました。
たしかにしこりに触れるのですが。
田澤先生にエコーして頂いてたので安心はしていますが何があるのか心配です。

1 やはりきちんと調べたほうが良いでしょうか

2 1月に化学療法閉経中にもかからわず
出血がありました 少しだけですぐに止まりました まだ一度だけなら閉経中と考えててもいいですか
主治医は生理が再開してもしないでもどっちでもいいと言われましたが 生理が再開したらとめてしまったほうが予後はいいのではないでしょうか。

3 毎回 不安を抱えたまま病院から帰ることに少々疲れてきました 田澤先生に診て頂きたいです 遠方からの転院はやはり再発したときに通えなくなるのでしょうか。

4 去年末から腰と股関節に痛みがあり整形外科でMRIをとってもらいましたがなにも悪いものはないと言われましたが今だ痛みがとれなくて不安です。

主治医は関節の痛みは関係ないといいますが ホルモン剤による影響でも痛くなることはありますか 我慢できないほどの痛みではありません。

5 整形外科で念のためにと骨量検査もしてもらいましが40代では少し値が低いそうです これもホルモン療法と関係はありますか。
お忙しいところいつもありがとうございます。
よろしくお願いします。

前回の管理番号がわからなくなってしまいました すいません。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「1 やはりきちんと調べたほうが良いでしょうか 」
⇒「きちんと調べる」とは??

 私が12月にエコーしたうえに、
 「放射線科の先生に右の乳輪辺りのしこりを指摘されて「主治医に相談したところエコーで診ても何もない」
 となっているのだから、これ以上疑う余地はありません。
 ご安心を。

 乳輪部は「乳管の拡張」や「モントゴメリ腺の腫大」など勘違いされやすい部位です。
 その部位を「エコーで診てもらって」いるのだから、心配する余地がありません。
 ご安心を。

「2 1月に化学療法閉経中にもかからわず出血がありました 少しだけですぐに止まりました まだ一度だけなら閉経中と考えててもいいですか 」
⇒(この文章からは)「化学療法終了後どのくらい経っているのか?」不明ですが…
(終了後半年以上経っていれば尚更)

 卵巣が復活している可能性はあります。
 LH-RHagonist併用したほうが無難です。(緊急性はないとしても、次の外来受診の機会には)

「主治医は生理が再開してもしないでもどっちでもいいと言われましたが 生理が再開したらとめてしまったほうが予後はいいのではないでしょうか。」
⇒質問者が正しい。(SOFT試験の解析から)

「3 毎回 不安を抱えたまま病院から帰ることに少々疲れてきました 田澤先生に
診て頂きたいです 遠方からの転院はやはり再発したときに通えなくなるのでしょうか。」

⇒皆さんが躊躇する原因のようですが…

まず重要なのは
1.「再発したら…」というnegativeな意識を排除することです。
 『再発しないための最善の策はどうあるべきか?』
 それを「第一に」というか、「唯一の」選択肢とするべきです。

次に指摘したいのは
2.万が一再発したら…
 再発治療も(当然)当院で行っている方は沢山いらっしゃいます。
 「近いから」という理由で地元で再発治療を行うべきなのか?かんがえるべきでしょう。
 ・地元を希望する場合には、病院の「地域連携室」で病院間で(地元の別の病院を)探す事ができます。

☆大事なことは物事には優先順位をつけることなのです。
  あくまでも「再発しないベストの選択」が何であるか? 考えてください。

「4 去年末から腰と股関節に痛みがあり整形外科でMRIをとってもらいましたがなにも悪いものはない」「ホルモン剤による影響でも痛くなることはありますか」
⇒これは、(化学療法閉経に伴う)「エストロゲンの急激な欠乏症状」だと思います。

 (閉経前の方に)LH-RHagonistを行うと頻発する典型的な症状と言えます。

「主治医は関節の痛みは関係ないといいます」
⇒誤り!
 関係「大あり」ですよ。

「40代では少し値が低いそうです これもホルモン療法と関係はありますか」
⇒単純に…

 (化学療法による)早期閉経が原因です。

 ☆ 閉経後女性が徐々に骨密度低下する原因と同じですよ。
  ただ、年齢的には「骨粗しょう症の基準には程遠い筈」なので、気にする必要はありません。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

術後の経過観察中の転院
性別:女性
年齢:45歳
病名:乳癌
症状:
投稿日:2020年3月18日

田澤先生 こんにちは。

いつもお忙しいところ 沢山の質問に一つ一つ回答して頂きありがとうございます。

前回の質問に回答してもらったのを何度も読みました。
こんなにきちんと説明してもらったことがなく何度も読んでいると涙がでそうになりました。

これから先生にお世話になろうと思います。
どうぞよろしくお願いします。

市川で予約とりました。

転院するにあたっていくつか質問させて下さい。

・診療情報提供書を書いてもらうのに 今の診療所でお願いしたら 手術の情報等 どこまで用意してくれるかわかりませんが
入院した病院からも書いてもらったほうがいいでしょうか。
放射線科や皮膚科の情報も必要でしょうかTCで手足症候群になり、その後も湿疹がでたりで現在も皮膚科に通院中です。
放射線科も照射後1年ですが時々診察に行ってます。

後 先生のところに3ヶ月一度行ったときには腫瘍マーカーの検査もお願いできますか。
腫瘍マーカーの値にすごい恐怖をもってます。

化学療法中に一度 腫瘍マーカー(CEA)が基準値を超えていたのに 何も説明してもらえず腫瘍マーカーの検査をしてることも知らず 電子カルテが横から見えて 腫瘍マーカー上昇と書いてあったときの恐怖と悲しみは1年たった今も忘れられません。

前回質問させて頂いた件で、現在化学療法閉経中 一昨年の12月からです 今年になって1月に一度だけ不正出血?みたいなのがありました その後はありません 卵巣機能もどってきてるのでしょうか 注射も田澤先生のところに行ってからご検討していただけますか。

どうぞよろしくお願いします。

コロナウイルスで大変な時ですが 4月に田澤先生に会えるのが楽しみです。

これからどうぞよろしくお願いします。

先生もお忙しいでしょうが体調崩されませんように。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「・診療情報提供書を書いてもらうのに 今の診療所でお願いしたら 手術の情報等 どこまで用意してくれるかわかりませんが
入院した病院からも書いてもらったほうがいいでしょうか 」

⇒その診療所の判断でいいと思います。

「放射線科や皮膚科の情報も必要でしょうか」
⇒それは不要です。

「先生のところに3ヶ月一度行ったときには腫瘍マーカーの検査もお願いできますか。」
⇒それは希望があればそのようにします。

「現在化学療法閉経中 一昨年の12月からです 今年になって1月に一度だけ不正出血?みたいなのがありました その後はありません 卵巣機能もどってきてるのでしょうか 」
「注射も田澤先生のところに行ってからご検討していただけますか。」

⇒微妙ならば・

 エストラジオールを測定(採血)するといいでしょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
29+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up