乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

検診のときのエコー範囲   [管理番号:8020]
質問①乳腺の末端?(鎖骨のほう)に米粒の大きさで固いのがありますが、先生がエコーしてくれた時はそんなに上部まではエコーしてなかったですが乳腺がない場所なのでしょうか?
左側の鎖骨の真下ではないですが少し下くらいです。

質問②乳房の末端だと思いますが 乳癌って乳房の中心部に癌がなければそんな末端まではエコーしないのでしょうか?
田澤先生は中心部にしかエコーしてなかったです。

確か、今まで他の乳腺外科でもそんなに上まではエコーしてなかった気がします。

質問③先生のところで毎年検診を受けることは可能なのでしょうか?
先生のところに行くときは他で指摘された腫瘍などや自覚症状がないとかかれないのでしょうか?
<女性:36歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

皮下腫瘍と診断された脇の下のしこりについて   [管理番号:8019]
以前、妊娠後期の段階で左脇の下のしこりが気になり乳腺外科を受診、エコーをとってもらいました。

結果、リンパなどではなく皮下腫瘍だと診断を受けました。

(癌などになるものではないとのことで、汗などの分泌物が溜まったものだろうとのことでした)

その後出産し、授乳中なのですが 胸の張りにあわせてその皮下腫瘍もかなり大きくなっています。
(以前はそこを触らなければ腫瘍だとわからなかったくらいの見た目でしたが、今は触らなくてもボコッと表皮から出ています)
授乳後は少し、胸の張りとともに小さくというかおさまるような気もします。

皮下腫瘍であっても、授乳などの乳腺の影響を受けることはあるのでしょうか。
■病名:脇の下の皮下腫瘍
■症状:皮下腫瘍の大きさが授乳とともに大きくなった
<女性:26歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

確定後の諸々の心配   [管理番号:8018]
下記が詳細です。

乳腺CNB:小型均質な異型上皮が、小管状~策状の砲巣を形成し浸潤しています。
浸潤性
乳管癌、硬性型の像です。
核異型は軽度です。
波及度は少なくともFです。

HER2タンパクは陰性、ERは90%(TS8)、PRGは20%(TS5) KI67とか?核グレードは記載ないです。

クリニックからルミナールAといわれてますが。

質問は下記になります。

1.今回は自分で精密検査にしてほしいと伝えたが、センターは5MMだし今回はそこまで必要ないと言われて、私の心配性で紹介状を無理に書いてもらい、癌と確定しました。
何のための定期健診だと思ってしまいました。
このような状況は普通なのでしょうか?

2.乳房の癌のできやすい場所は上の外側ですが、内側や下にできるよりリンパに飛びやすいでしょうか?

3.PRGが20%となっておりますが、これが少ないとルミナールAの決定打が弱いということでしょうか?ERとPRの比率で増殖度と関係はありますでしょうか?

4.上記の癌の状態の結果報告でどんな癌かわかりますか?読んでも想像がつきません。
■病名:乳癌、硬癌
<女性:52歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

右脇のしこり   [管理番号:7802]
左乳癌、トリプルネガティブ、ステージ3Cで、術前化学療法後に手術しました。
その後、左鎖骨上・下、胸骨傍リンパ節に放射線治療をしました。
5月に治療を終えたばかりです。
9月再診のエコーで右脇の腫れを指摘され、細胞針をしました。
治療が終わって4ヶ月しか経っていないのに転移かと思うと、不安でたまりません。

先生の経験上、転移の可能性が高いでしょうか?
■病名:左乳ガン
■症状:右脇のしこり
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の傷口感染について   [管理番号:8017]
10月に乳房全摘(再建なし)した後傷口が感染症になりました。
傷口が一部壊死したため切除されました。
その部分が直径2cmくらいのポケットがあります。

その状態になって2週間ほど経ち今は被覆材(アクアセルag )で湿潤療法中です。
ポケットは塞がる様子どころか広がっていきます。
だいたい1日で黄色っぽい膿のようなものが溢れ出てきます。

通院中の乳腺科の先生はそのうちに皮膚が出来て塞がるとおっしゃいます。
ただ私のような症状は主治医の経験上初めてのようなので経過を観察するまでです。
具体的な将来が見えないためただ治療を受けるだけです。

このまま被覆材の治療で治癒を待っていていいものでしょうか。
何か他に早めに皮膚形成外科などに受診をすべきでしょうか。

私のようなケースは現代は珍しいようで毎日不安でたまりません。
皮膚の伸びも足りないので再縫合も難しいようです。

田澤先生の同じようなご経験談がございましたら是非ご回答頂ければと懇願します。
■病名:乳がんステージ1
■症状:術後の感染症による皮膚潰瘍
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。