乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

今日PET検査です。   [管理番号:7978]
2018年7月(中旬)日に右胸の乳がん手術をしました。

ステージ1 シコリの大きさ0.9cm リンパ節転移 陰性
腫瘍周囲の脈管浸潤 わずか(医師から気にしなくていい程度)
ki67 15% ホルモン感受性ER pgr ともに95% HER-2陰性
放射線治療20回  ノルバデックス5年服用

一年後2019年7月の検査でncc-st-439 の値が39.7hとなり10/(下旬)再検査で31.9h

今日PET検査です。

CEAは7月1.2 10月0.8
CA15-3は7月12 10月は11.6 の値でした。

ncc-st-439 だけ異常な高値で再発の可能性はありますか?
■病名:乳がん
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

良性か悪性かの診断について   [管理番号:7977]
2週間前に6年ぶりにマンモとエコーの検診を受け、エコーで右胸に4mmのシコリがあり、乳管内乳頭腫か非浸潤性乳管癌かと思われると言われました。
分泌物は無く、マンモは異常なしでシコリは写ってなかったです。

MRIをして、シコリに血管があれば癌、無ければ良性かわかると言われましたが、喘息が1年以内に出ている事から造影剤が使えず、3ヶ月後、大きくなってたら癌、そのままだと良性なのでエコー検査に来て下さいと言われ帰って来ました。
3ヶ月待つのが精神的にしんどかったため、他に確定できる方法が無いかと調べるうちに先生の回答へ辿り着き、MRIの必要性や診断方法に疑問が湧き、現在、違う病院で再度診てもらおうと診断書を書いてもらった状況です。

【質問】先生は他回答でエコーでシコリの質が分かると書かれてますが、乳管内乳頭腫か非浸潤性乳管癌かも判断つくものでしょうか。

【質問】判断がつく場合は再検査を勧められてるので癌の可能性が高いでしょうか。

【質問】他院で確定診断をしてもらう場合、針生検をお願いしたらいいのでしょうか。
色々検査方法の名前がありどれが自分に適しているのか教えていただきたいです。
■病名:乳管内乳頭腫か非浸潤性乳管癌
<女性:49歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

再発について教えてください。   [管理番号:7976]
病歴
1月に左乳房全摘をしています。

グレード1、ホルモン陽性、ki67 8%、ステージ1、グレード1、ルミナールAでした。

術後、5月よりタモキシフェン20㎎のみ服用していました。

10月上旬にしこりを自覚、エコー上、良性と判断できるが、6ヶ月前にはなかったからと念のための生検で再発がわかりました。

質問
1.タモキシフェンが効かなかったのでしょうか。
ホルモン陽性乳癌の20%はホルモン剤に反応せず、予後不良という研究報告を見ました。
それに該当するのでしょうか。
また、手術後の治療は抗がん剤の可能性はありますでしょうか。

2.再発までの期間が非常に短いと思いますが、取り残しなのか原発なのか、やはり再発でサブタイプが変わっているのか等、どのようなことが考えられるでしょうか。

3.PET検査をしましたが、初期であっても転移の有無は確認できるのでしょうか。
また、腫瘍マーカーはいずれも陰性ですが極初期であれば陰性に出てしまうのでしょうか。
■病名:乳癌
■症状:再発(局所か転移があるかは確認中)
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ 肝転移 骨転移 リンパ節転移の今後の治療について   [管理番号:7975]
肝臓多発転移(最大腫瘍径2cm、12個ほどバラバラ)、骨転移、胸骨傍リンパ節転移との診断
そして下記治療を提案されました。

1. 抗がん剤 パクリタキセル+ベバシズマブ
2. 抗がん剤 パクリタキセル+免疫チェックポイント阻害薬
3. BRCA検査陽性の場合 リムパーザ

そして今後 治験やパネル検査を検討していきましょう

現在、BRCAと免疫チェックポイントの結果待ちの状態です。

長い説明にお付き合いいただきありがとうございます。

先生であれば、私のような患者の場合どのように治療計画をたてられますか?
私に使える薬は何種類あるのでしょうか?
■病名:みぎ浸潤性乳管癌
■症状:肝転移 骨転移 リンパ節転移の今後の治療について
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

断端陽性(侵潤癌3ミリ)再手術、部分切除か全摘の選択について   [管理番号:7974]
不妊治療(体外受精)を毎月のように5年以上治療していました。

毎年マンモ、エコー検査をしていたのに、わずか10か月で
7月末に右乳房内側上部に2.1センチの侵潤癌、ホルモン陽性高、HER2陰性、グレード1、KI64 20%、が見つかり、オペまで2か月順番待ちで、10/(上旬)1部分切除術、センチネル生検。

① わずか10か月で2センチ越えは、ホルモン注射毎月10本以上の影響が考えられるのでしょうか?(5年以上毎月のように治療していたので)

3週間後の病理検査の結果、実際は2.5×2.7×1.7、ステージ2A、グレード1、KI67は20%以上、ホルモン陽性は両方共かなり高、HER2陰性、リンパ転移なし、ルミナールAとBの間ぐらいとのことで、10人でカンファレンスしたが、抗癌剤はなしで、ノルバデックス20mg5年間でよいと言われました。

② オンコタイプの検査も言われず、KI67の%のはっきりした数値説明もなく(20%以上とだけ)不安ですが、10人の医師がカンファレンスで抗癌剤なし→これはそう信じてよいのでしょうか?
(主治医はルミナールAとBはグラデーションだし、ホルモン陽性がこんなに高くHER2陰性なら、抗癌剤はほとん効果ないだろうからと。)

そして不運なことに、断端陽性でぎりぎりの断端に3ミリ侵潤癌×1があり、再手術となり、11/(中旬)です。

(他に、娘結節と侵潤癌2ミリ×1は5ミリマージン内にあったが切除内なのでこれだけなら陰性だったのだがとのこと)
不妊治療中断のショック、断端陽性で抗不安薬を毎日飲む日々です。
■病名:乳癌
■症状:侵潤癌ステージ2A
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。