乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7978]
性別:女性
年齢:44歳
病名:乳がん
症状:

いつも拝読させていただいております。

昨年2018年7月(中旬)日に右胸の乳がん手術をしました。

ステージ1 シコリの大きさ0.9cm リンパ節転移 陰性
腫瘍周囲の脈管浸潤 わずか(医師から気にしなくていい程度)
ki67 15% ホルモン感受性ER pgr ともに95% HER-2陰性
放射線治療20回  ノルバデックス5年服用

一年後2019年7月の検査でncc-st-439 の値が39.7hとなり10/(下旬)再検査で31.9h

今日PET検査です。

CEAは7月1.2 10月0.8
CA15-3は7月12 10月は11.6 の値でした。

ncc-st-439 だけ異常な高値で再発の可能性はありますか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「ncc-st-439 だけ異常な高値で再発の可能性はありますか?」
→その可能性はあります。(可能性がなければ、マーカーを測定する意味がありません)

 小範囲の骨転移や縦隔リンパ節転移などが見つかるケースがあります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。