乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

進行性粘液癌   [管理番号:7086]
一年前に1.5センチの腫瘍が見つかりましたが、良性だろうとのことで半年ごとの検査で、半年後には変化なく、今回の検査で2センチに大きくなっていたため細胞検査したところ悪性で進行性粘液癌との診断でした。

HER2 +3
ER +3
Pgr +1
KI-67 30%
乳首のすぐ横に2センチのしこりあり。
MRIで脇のほうにも小さいしこりがありそうなので全摘出手術予定です。

術前にセンチネルリンパ生検してからリンパ郭清するかは決定。

手術後1か月してから
抗がん剤FEC 3週おき×4回
抗がん剤DOC+HER 3週おき×4回
リンパ郭清すればここで放射線治療5週間
その後HER トータル1年間(3週おき)
ホルモン療法開始と言われました。

質問①すぐに手術するよういわれましたが、深刻な状態でしょうか?
②粘液癌は進行しにくいと書いてあるのを見たことありますが、どうなのでしょうか?
③粘液癌は抗がん剤が効くのでしょうか?
④術後の治療は、上記の方法以外に副作用の弱い抗がん剤を使うとか方法はないのでしょうか?上記のとおりに治療をうけたほうがいいのでしょうか?
■病名:粘液癌
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

自己検診について   [管理番号:7862]
先生に素晴らしい手術をしていただいたおかげで、充実した日々を過ごしております。

本当にありがとうございました。

先生をとても信頼尊敬いたしております、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

自己検診について質問させてください。

田澤先生にエコーをしていただいてからは、自己検診を全くしていませんでした。

自分の正常な乳腺を自覚する為に、しておけば良かったものの、つい、田澤先生のエコーで異常なしと言われているのに、自己検診でしこりなんか見つかる訳がないと。

でも、先日、急にピンポイントで胸に痛みがあり、痛みの場所をさすってみると小さなしこりらしきものがありました。

サーッとなでるだけなら感知しませんが、ゆっくりなでるとここかな?と言うレベルです。

場所は、右胸の乳頭より脇側に斜め上です。

一瞬だけ焦りましたが、いつも他の方が自己検診で悩んでおられる質問を拝見しておりますし、そして何より先生に診ていただいているって事で冷静になれました。

私が感知したしこりらしき物が、乳がんなら、自己検診より先に、前回のエコーで見つかるはずだろうし、
もし、前回のエコーの後に、乳がんが発生したのなら、自己検診では、まだしこりは見つからない…
拡張した乳腺に触れたか?硬く繊維化した乳腺に触れたのかな?とも思ってます。

このような考えで合っていますでしょうか?

今年の6月より生理も止まって、更年期の症状も色々あります。

胸が痛いのも、私のような年代でもホルモンの刺激と考えてよろしいでしょうか?
■症状:小さなしこり
<女性:51歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

先日はありがとうございました。   [管理番号:7797]
質問1、私が悪性の可能性は何%か聞くと
右は100%中、5%以下でカテゴリー2。
左は100%中、10%、多く見積もっても20%、カテゴリー3。
と仰っていましたが一般的に考えると数字だけ聞くと少ないなと思いますが田澤先生の20%はどのくらいの命中率でしょうか?
今まで20%と宣言してどのくらいの確率で悪性でしたか?
最初、先生は「針が怖いなら経過観察でもいいよ」と仰っていましたが
経過観察にしてもいいくらい右側も左側も悪性の可能性は低いと考えてていいでしょうか?

質問2、左側右側ともに
今回の生検は癌を否定するためというより良性を良性と確信するため、と思っていいのでしょうか?
癌を見つけるというよりは癌ではないことを確認するための意味合いが強いでしょうか。
カテゴリー3はかなり癌の可能性が高いようにも思えます。

質問3、万が一、癌だったとしたら非浸潤性乳管癌でしょうか?
左側は7ミリと仰っていましたが癌だったら超早期発見の0期になりますか?
画像上、浸潤性乳管癌はありえないですか?
<女性:34歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん転移を早く見つける意味がない、につきまして   [管理番号:7412]
13年前に初発左乳がんにて温存手術、センチネルにて小さいリンパ転移1個のみFECとドセ各4クール、放射線治療60グレイを受けました。
ハーツータイプ
当時は初発患者にハーセプチン適応無。

8年後(2014年)局所再発にて全摘(広背筋より同時再建)ハーセプチン単独投与にて受けるも4か月後に心臓に影響あり本人希望にて中止。

昨年末定期健診にてCA15-3上昇(78)のためPET-CT受けたところ
肺・肝臓・鎖骨リンパに転移認められました(自覚症状なし)
ハーセプチン・パージェタ・パクリタキセル投与開始し、3ヶ月投与後奏功ありたまたま別で胃カメラにて食道癌があったためその治療に切替(OPなしCF療法と放射線治療)
今に至ります。
現在は無治療ですが、来月より乳がん治療再開予定です。

もし奏功したまま、転移巣が大きくなっていなければまだしばらく無治療を希望したいのですがいかがでしょうか。

以前より、“乳がん転移は早くみつかっても、意味がなく生存率に変わりはない”という説を何度も目にしてきました。

たまたま主治医の方針で定期健診で腫瘍マーカーを調べみつかったわけですが
病院の方針によっては採血せず、フォローはマンモとエコーのみというところもあるようです。

転移していても自覚症状もなかったのでもう少し様子見をお願いするのは得策ではないでしょうか。

転移治療では吐き気など大きな副作用はないものの、日常生活に支障をきたすレベルの
指先指紋割れ疼痛を生じステロイド軟こうなどいただきましたが今ひとつ効き目はなかったです。
■病名:乳がん転移
<女性:55歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。