乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

マンモトーム後のエクボのようなへこみ   [管理番号:7846]
9月上旬に吸引式の針生検を受けた者です。
その節はありがとうございました。
結果は良性の線維線腫でした先生からの100%確定診断の手書き文字嬉しかったです。
あれから1ヶ月経ちますが
不安なことがありメールしました。
手をあげて横を向いたときに鏡を見ると組織を取った場所がエクボのように凹んでいます。
上から見下ろすとよくわかります。

確かに組織を取った場所だと思いますが、
もしかして癌で凹んでいるのでは?と先生に確定診断してもらったのにも関わらず失礼ながらに思ってしまいました。
手を下ろしている時は、組織を取った分、少し胸の肉が削げているような感じです。

(他人にはわからないかもしれません)
ちなみに、私は痩せ型で、胸もかなり小さいから余計に目立ちます。

気付いたのは針生検をしてから2週間経ってからで最初は一時的なものかな?と思いましたがマンモトーム針生検?を行っていただいてからもう1ヶ月も経ちますし一時的なものでないのかな?と不安になっています。

確かに先生は針生検の止血中に「あらゆる方向から組織をとったから凹んでいるね」と仰っていました。

1ヶ月たってもエクボのように凹みがあることは普通のことですか?
■症状:マンモトーム後のエクボのようなへこみ
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:7845]
術後診断
浸潤癌(充実腺管癌)
浸潤部:2.4cm
腋窩リンパ節転移:3個
グレード:3
脈管浸潤あり
ER陽性.PgR陽性
HER2 2+ → FISH結果まち
Ki-67:49%
切除断端:陰性
ステージⅡBの診断でした。

主治医からは、化学療法(アンスラサイクリン、タキサン)→放射線療法→ホルモン療法が必要だと言われました。

期間は短いですが、母と同じようなケースの質問を読ませていただいて、先生にご意見をお伺いしたいと思います。

◎リンパ節転移は3個なので、放射線療法はしなくてよかったでしょうか。

◎術前でHER2:2+→FISH陰性との結果が出ましたが、術後のFISHで陽性になることはありますでしょうか。

◎Ki-67値:49%、グレード:3と出たのですが、抗がん剤はやはり必須なのでしょうか。

先生ならどういったメニューにされますでしょうか。
■病名:右乳癌 リンパ節転移
<女性:61歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

授乳中の乳管拡張   [管理番号:7844]
授乳中に丸くコロコロ動くしこりを感じ、エコーで乳管拡張と診断されたのですが、
卒乳すれば乳管の拡張は治りますか?それともずっと乳管は拡張したままなのでしょうか?
あと乳管の拡張とはしこりみたいにコロコロ触れるんでしょうか?
<女性:30歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

外科的生検し、乳がんと言われました   [管理番号:7684]
8月になり、その病理の結果がでて、乳がんと言われました。
大変落ち込んでいます。

大きさは15m mで、早期の乳がんと言われました。
断片は陰性で、全て取り切れているので乳房の手術はもうしないと言われました。

今度は、今月末にクリニックでセンチネルリンパ節生検をすると言われました。
センチネルリンパ節生検の結果を見てから、今後の治療方針を決めていく事になると言われました。

センチネルリンパ節生検で陽性だと、今度は大きな病院に入院して全身麻酔で腋窩リンパ節を取る、と言われました。
そうすると、二度も腋窩を切ることになり、また、クリニックから病院へ転院して再度手術となることに不安があります。
なんだか後手後手に回っている気がするのです。

最初から細胞診でなく、針生検をして、乳がんの確定をしたら、大きな病院で手術が一回で済んだのにと思うのです。

こんなクリニックなので、MRIなどの検査もしておらず、不安になります。

こういった診察の順序でも、問題はないのでしょうか?
このQアンドAを見ていても、私のような診療をされている方がいなくて不安になります。
■病名:右乳がん
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤癌の広がり   [管理番号:7843]
今年6月健康診断エコー、マンモにて石灰化を指摘され、7月(上旬)日大学病院受診。
再びエコー、マンモやはり石灰化が気になるということで、8月(中旬)日ステレオガイドマンモトーム生検、9月(上旬)日に非浸潤癌と診断されました。

9月(中旬)日 MRI を受け9月(下旬)日非浸潤癌の広がりが大きい5~6 CM と、乳頭すれすれまであるので全摘すると説明を受けました。

11月(中旬)日手術予定で病理結果は術後さらに1ヶ月後だそうです。

7月(上旬)日の時点では癌だとしても早期に非浸潤癌の可能性なので手術すれば終わるのことでしたが、MRIの結果非浸潤がんの広がりが大きいので浸潤の可能性もありますということで動揺しております。

このような場合、脇リンパ転移の可能性も高いのでしょうか?
ホルモン治療は人によっては副作用がきついのでしょうか?
12月の病理結果まで時間があり、また手術までの間に浸潤になってしまうのではと不安でおります。
■病名:非浸潤癌
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。