乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

治療後の妊娠出産について   [管理番号:7782]
2017年8月から3ヶ月に1回のゾラデックス注射加え、毎日のノルバデックスを服用しており、今年の9月でまる2年を迎えました。

検査については、3ヶ月に1回薬の処方の時に主治医の元で血液検査をし、半年に1回のエコー、年に1回のマンモグラフィ、たまにこちらが心配になったりすればその都度CTやMRIを追加してくれます。

罹患当時は結婚の予定もなかったのでもくもくと治療を続けていたのですが、今年の5月に結婚して少しだけ妊娠出産のことを考えるようになりました。
夫婦とも術後の治療を優先で、無理に子どもが欲しいとは思っておらず、もし、出来ればいいなと言った感じなのですが、一応家族や周りの勧めもあり、主治医も背中を押してくれたので、2年間の治療を終えた後、一旦休薬して、2年間だけ妊活をしようということになりました。
2年間中に出来なかった場合、また残りの3年(又は8年)の
ホルモン療法に戻るといったような計画です。

また、私は、罹患時に遺伝子検査を受けており、BRCA2遺伝子は陰性でしたが、BRCA1が未確定遺伝子といった診断を受けました。
(陽性でもないが、陰性とも言い切れない、現代の医学では分からない遺伝子という結果が来ました。)そいった判定を受けた人間が周りにはいないため、いつもそこを心配してしまいます。

妊活のために2年間無治療期間に入りますが、その未確定遺伝子についていつも考えてしまいます…。

私のような状況の場合でもこれから妊活しても大丈夫でしょうか。
■病名:乳癌
<女性:39歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

多発性ガンと単発ガンの予後の違い   [管理番号:7834]
確定診断した病院では癌のサブタイプの他に、MRIの画像をみて、
○「今回癌と診断された箇所(11ミリ)の他に同じ入管と思われる数ヶ所(ポツポツ離れて3箇所ぐらい。
各大きさ一センチ未満)に影があるのでそこも癌の可能性がある」
○「少し離れた乳頭付近(恐らく別の乳管)に違う乳にくっきりとした1箇所(一センチぐらい)怪しい影がある」
○「癌のタイプは進行がゆっくりだが、広がってるかもしれない。
手術後の病理検査してみないと他の箇所についてはガンかはわからない。」
○「反対側の乳房にも影が2、3箇所(各一センチ)ありそこも癌の可能性ある」と言われました。

「広がっているかもしれない」ってことは、「ガンが乳房内で広がっているかもしれない」と言う意味かと思ってましたが、
帰宅してから、あの意味は、「すでに全身に癌細胞が広がってるかもしれない」という意味だったのかと思い不安になりました。

これらが全部ガンだったら、それぞれの大きさは小さくても、これだけ多発すると、
遠隔転移したりする可能性はありますか?
ガンのステージは1番大きい腫瘤のサイズで決まると先生のサイトで学びましたが、
腫瘤が一個の場合と多発性の場合では再発率、生存率に違いはでますか?

確定診断前には、「癌かどうかもわからないぐらいなので、恐らくステージ1でしょう」と聞いていたのに、今回急にこんな怪しい箇所が浮上し不安が募ります。
■病名:乳ガン
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤治療中のミレーナ   [管理番号:7833]
乳がん HER2+3 温存手術は終わってます。

10月よりTC4+ハーセプチン18投与で今後の方針を決めていただきました。

準備をしなければと思ってますが、子宮にミレーナを装着してます。

生理痛がひどく毎回うずくまる痛みがあることと、子宮腺筋症と診断され1年半ぐらい前にミレーナを装着しました。

抗がん剤治療中は、外さなければいけないのか、そのままでいいのか分からず婦人科に確認しましたが、担当の先生の判断と言われてしまいました。

田澤先生の患者さんの中にミレーナ装着してる方はいますでしょうか?
抗がん剤が始まる前に外すべきでしょうか?
ミレーナを装着してる人があまり多くないのか、調べてもわかりませんでした。
■病名:乳がん
■症状:抗がん剤治療開始待ち
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。