乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

微小石灰化、カテゴリー3   [管理番号:7444]
2週間前から左胸しこり?が気になり、乳腺外科と母乳外来を受診。
超音波をし、乳腺炎とのことで、それは気にならなくなったのですが、

念のため、と受けたマンモで右胸に小さい粒のような石灰化が2、3個まとまったように写りました。

カテゴリー3とのことで、東北公○病院に紹介して頂きましたが7月(上旬)日の予約……それまでとっても不安です。

石灰化は良性9割と見ましたが、小さい粒状石灰化は乳がんの確率が高いですか?
授乳中ですが母乳の沈着など関係あるでしょうか。

来月まで待って大丈夫でしょうか?
■症状:胸のしこり?、小さな石灰化
<女性:33歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法について   [管理番号:7506]
人間ドックで要精密検査になり組織検査の結果浸潤性乳管癌と宣告されました。

癌の異形度 グレード1
Ki67   7パーセント
ホルモン受容体 陽性
ハーツー  陰性

転院先でMRIの結果複数の小さな散らばりがあるという事で同時再建の手術を受け術後生検の結果が出ました。

結果、非浸潤性乳管癌のみ残存7ミリの癌は組織診の時点で取り切れてであろうとの事でした。

そもそも、そう言う事はあるのでしょうか?
又、現在の主治医はホルモン療法はしておいたほうが良いが難しいところで骨密度などを測定してもう一度考えても良いとの見解です。

忙しいところ申し訳ございませんが先生ならどう診断されますでしょうか。
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:60歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。