乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

遺伝性乳がんかどうか   [管理番号:7665]
私は四年前の7月に左側非浸潤がんで全摘しました。

が、先日の定期検査(造影剤CT、マンモ)で、右側に石灰化が見つかり、造影剤MRIで、右側も非浸潤がん疑いとなりました。

細胞を取り検査待ちです。
両側ともなると、遺伝性乳がんですか?娘がいるので心配ですし、卵巣がんのリスクも高いようなので、予防的切除を真剣に考えています。

娘の為に生きたいのです。
それだけです。

先生、どう思われますか?両側非浸潤がんで、贅沢な悩みと思われるかもしれませんが。
■病名:両側非浸潤がん?
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

右脇のしこり   [管理番号:7802]
左乳癌、トリプルネガティブ、ステージ3Cで、術前化学療法後に手術しました。
その後、左鎖骨上・下、胸骨傍リンパ節に放射線治療をしました。
5月に治療を終えたばかりです。
9月再診のエコーで右脇の腫れを指摘され、細胞針をしました。
治療が終わって4ヶ月しか経っていないのに転移かと思うと、不安でたまりません。

先生の経験上、転移の可能性が高いでしょうか?
■病名:左乳ガン
■症状:右脇のしこり
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:7794]
がんの大きさ 25×17ミリ 乳頭腺管がん
リンパ節転移 なし
ER 陽性
PgR 陽性
HER2タンパク 陰性
リンパ管侵襲 なし
核異形度 3
ki67 20%
ⅡA期(T2 N0 M0)
と言う術後結果でした。

この様な場合田澤先生であれば抗がん剤治療を薦めますでしょうか?
またホルモン療法単独の場合再発率はどのくらいとなるのでしょうか?
<女性:52歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ノルバデックス服用中の他の治療について   [管理番号:7546]
左乳房全摘・左腋窩リンパ郭清(レベル Ⅰ.Ⅱ )の手術をしていただきました。

ノルバデックスを7月4日から服用しています。
「目が疲れやすい・時々胸焼けっぽくなる・両下肢(ふくらはぎ)のだるさ(右下肢は妊娠中に静脈瘤になった経緯もあるので余計に)」がありますが、他はほぼ普段と変わらない生活ができています。

オンコタイプDXの結果次第で抗がん剤治療(TC)をする可能性があります。
その前に虫歯治療をと思っていますが、注意する事はありますでしょうか?親不知に虫歯があるので、抜歯をしなければいけません。
普段通っている歯科医で問題ないでしょうか?

また、風邪などひいた際もかかりつけの内科で問題ないでしょうか?
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの術後の治療について   [管理番号:7109]
気になる点が2点あります。

①追加のレポートに「左Aの内側断端近くにDCISがあったため、真の断端を調べる目的で埋めなおし標本を作製しました。
その結果真の断端には腫瘍細胞が陰性でした、断端陰性とします」とあり、陰性ではあるもののマージンは2mmに至らず1.5mmと主治医から聞きました。

ただ非浸潤癌なので放射線も追加切除もしないとなりましたが、再発のリスクは極力抑えたく、追加の切除または放射線治療の追加は本当に不要なのか?先生ならどう判断されますでしょうか?

②術前のKi-67は60%と高かった為、抗がん剤も適応になる可能性を念頭に入れてました。

術後は15%のためホルモン単独となり、抗がん剤の負担がなくなった分、術前の数値とまま乖離しており、本当にしなくてもいいのか多少不安がございます。
主治医は再発予防のために徹底的に叩きたいのなら抗がん剤もしてもいいとの言及はあります。

こちらで勉強させて頂き、ルミナールAでの抗がん剤の上乗せ効果は低い可能性を念頭に入れ、ホルモン剤のみの選択としましたが、自信をもって今後の治療に臨むべく、ベストの治療をどのように推奨されるかご意見を頂けると幸いです。
■病名:乳がん
■症状:術後の症状は、切除部周辺の軽い痛み
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。