Site Overlay

6月24日(月)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

治療方針について   [管理番号:7462] 
乳癌診断にて全摘手術をしたものです。

病理の結果
2cm以下の病変でほとんどが非浸潤癌 浸潤は2mm程度
g 、ly3 、v0 、グレード1 、断端陰性 センチネルリンパ節微小転移あり
レベル1リンパ節郭清リンパ節転移なし
追加所見にて
微小浸潤部は染色にて非浸潤癌の範疇
リンパ管侵襲は疑わしい部分が一部みられるが判定が難しい
参考値
ER(+)
PgR(-)
HER2(-)
MIB-1 15%

この情報で先生ならどのような術後補助療法を行いますか?
■病名:乳癌
<女性:39歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの補助療法と術後の傷   [管理番号:7376] 
術前検査から左胸に2個、右胸に1個、左脇リンパに転移1個があるとの事で、両側全摘、左腋窩郭清、右センチネルリンパ節生検を受けました。

病理検査の結果、左胸の2個は硬癌で腫瘍はそれぞれ1.8cm程、リンパ節転移3個、ホルモン剤のよく効く進行の遅いおとなしいタイプとの事でHER2も陰性のようです。

右胸は小葉癌で腫瘍の大きさは左と同じくらいだったが、無数の癌が散らばっていたそうで、全摘して良かったねと言われました。

こちらもホルモン剤がよく効くタイプなので両側同じ治療でいけるからそれも良かったとの事でした。

HER2は、先生のパソコンを必死で覗き見た結果1+となっていました。

右脇に転移はありませんでした。

詳しく知りたくて色々質問するのですが、他の方の相談に書かれているような詳しいデータは説明してもらえません。

問題はこれから受ける補助療法についてです。

私が手術を受けた病院の乳腺外科には3人の先生がおられるのですが、
主治医からは抗がん剤の上乗せは数%しかないからホルモン療法のみで良いと言われたのですが、3人の先生のカンファレンスで意見が別れたそうで、2人の先生は脇のリンパに3個の転移があった事と年齢とを考慮して抗がん剤をした方がいいという意見だそうです。
■病名:乳がん
■症状:術後の補助療法の選択等
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳頭真下の血流   [管理番号:7461] 
質問1、腫瘍なしで血流がある乳ガンはありますか?

質問2、乳首が切れたためにドップラーで血流が出るものですか? 当然な現象でしょうか?

質問3、質問2がNOの場合、
腫瘍がないのに
なぜ、血流が見えたと思いますか?
先生の経験で構いません。

質問4、また違う乳腺外科へ行くべきでしょうか?
次回はまた1年後でいいよと言われていますがそれを信じていいでしょうか。
■症状:腫瘍がないのに血流
<女性:34歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳頭乳輪温存乳房全摘術3年後の乳頭局所再発について   [管理番号:7393] 
2015年7月にher2 3+、ホルモン陰性の乳癌(ステージ2A)が発覚し、
術前化学療法後2015年12月に乳頭乳輪温存乳房全摘術を受けました。

病理検索の結果術前化学療法が効いたらしく、
4cmあった腫瘍が3mmくらいになったとの事でした。

(画像では見えなくなっていました。)
その後、ハーセプチンを私の希望で2年し、
経過観察をしていましたが、2018年秋頃から乳頭が黄色くガサガサし
定期検診で相談していましたが、よくならなかった為、
細胞検査をしたところ乳頭局所再発が判明しました。

サブタイプはher2 +2(fish陽性)、ER(4)、PGR(4)とのことで
前回と多少変わっていましたが、ルミナルが低発現とのことで
主治医は前回と同じタイプではないかと言っています。

そこで先生質問したいのは、今後の治療方針です。

まだ病理結果はでていませんが画像上腫瘍は5mmないとのことで
主治医は化学療法適応でないと言っていましたが
私は結局以前の化学療法がきいておらず遠隔転移しているのではと心配で
子供がまだ小さいため化学療法をしたい気持ちがあります。
■病名:局所再発乳癌
■症状:乳首の黄色いガサガサ
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

今後について   [管理番号:7460] 
今年の1月に胸に痛みを感じ、触るとシコリがあった為3月中旬に乳腺外科を受診。

細胞診、CT、MRIの結果、20mmの浸潤性乳ガン、トリプルネガティヴ 、ki67 90%、グレード3、リンパ節への転移なしのステージ1と診断されました。

その後腫瘍内科のある病院に転院し、5月末にセンチネルを含む全摘手術。

浸潤径24mm、脈管侵襲 軽度、ステージ2aと変更はありましたが、サブタイプもルミナールbに変更されました。

来月からTCでの抗がん剤治療、その後ホルモン療法へと以降します。

転移、再発の可能性はそう高くはないのだと理解しましたが、予め確認、覚悟しておきたいのでよろしくお願いいたします。

・私のガンはグレード3でki67が90%だった為、進行が早かったのでしょうか?
・上記の条件の場合、オンコタイプするまでもなく抗がん剤の上乗せがあると判断して良いのでしょうか?また上乗せがあるとしたらどれくらいでしょうか?
・『抗がん剤は〇〇%の上乗せ』とは、抗がん剤治療をした場合にしない場合より転移、再発を予防できる可能性が〇〇%上がる、ということでしょうか?
・手術から2~3年目に転移、再発が起こることが多い様ですが、私のような進行が早いタイプが転移、再発する場合、もっと早い段階で起こる可能性が高いのでしょうか?
■病名:乳がん
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up