乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後病理結果待ち   [管理番号:7364] 
乳ガンと診断されてから、こちらのサイトを拝見させていただいております。

今年3月末にしこりを見つけ、エコー、マンモ、針生検で乳ガンと診断されました。

左内側上部にしこり4.0×3.3cm、術前検査ではリンパ節、他臓器転移なしと言われています。

4月上旬に乳房切除術(胸筋温存)手術をしました。

その際、センチネルリンパ節生検で3個取ったとのことです。

まだ病理結果が出ておりませんので、詳しい数値などは分かりませんが、術前にホルモンを餌にしたガンですねと説明がありました。

その場合、ルミナルタイプということになる可能性がありますか?
もしもルミナルAタイプだったとしても、4cmという大きさを考えるとホルモン療法に化学療法もプラスになりますか?
4cmの大きさなので遠隔転移が出てくるのではないかと心配です。

本来なら病理結果が出てから先生のご意見をお伺いすべきなのですが、どうしても気になってしまいました。
■病名:乳ガン
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

パージェッタは必要か   [管理番号:7404] 
乳癌右全摘10月
病理結果
浸潤1・1cm
ホルモン陰性
HER2+3
脈菅浸潤なし
リンパ菅浸潤なし
リンパ節転移なし

主治医より治療方針
ウィークリーパクリ+ハーセプチン12回
ハーセプチン単独14回

ホルモン治療ができないので再発の不安があるから違う角度からの分子的治療薬パージェッタを追加したいのですが主治医は私の病状では適応外と言われます。
紹介状を
書いてあげてもよいが・・・と言われますがおそらく同じ診断かもしれないとのことで迷っております。
田澤先生の見解はどうですか?
■病名:浸潤性右乳癌
<女性:51歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン治療を10年続けるべきか   [管理番号:7403] 
ホルモン治療についてセカンドオピニオンをお願い致します。

5年前に乳がんの手術を受け、化学療法は無し。
タモキシフェンを服薬しております(リュープリンを2年打ちました)。

もうすぐ5年経つので、ホルモン治療も終わると思っていたのですが、
主治医の意見が変わり10年を勧められています。
田澤先生のご意見を聞かせて頂けますか?

以下病理結果です。

T1bN0M0 浸潤径7mm
ER 90%以上
PgR 90%以上
Ki67 5%
HER2 陰性
Oncotype DX RS21
組織学的異形度 2 (3+2+1)
■病名:乳癌
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

胸膜播種について   [管理番号:7377] 
今回先生に伺いたいことは、
①胸膜への転移である事が確定した場合、まずは抗がん剤治療を行い、
胸膜の方が良くなれば、乳癌の手術を行って頂く事は可能でしょうか?
また、胸膜への転移であればステージ4となってしまうと思いますが、
根治を目指す事は可能でしょうか?

②胸水を調べて確定するまでは、胸膜への転移では無い可能性も、まだ少しは残っているのでしょうか?
母はMRIの検査後、胸の苦しさが数日続いた経緯があります。
何らかの副作用等で胸膜炎を起こしている可能性や、服用中の糖尿やコレステロールの薬の副作用の可能性などは全くないでしょうか?
PET 検査も炎症がある部位には集積する事もあるかと思いますので、まだ希望を捨てきれません。
■病名:乳癌
<女性:68歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん検診(マンモグラフィーの必要性)   [管理番号:7402] 
去年5月、エコーとマンモグラフィーを受け、問題なしでした。

検診時、乳首を絞ると、数個の穴から白や黄色の分泌がありました。

出産し、断乳後1年だったので、「母乳、もしくは生理的な分泌でしょう。」とのこと。

その1ヶ月後、右のブラジャーに黄色い汁が本の少し付いていました。

受診したところ、「1ヶ月前にエコー、マンモグラフィーもしているし、赤や黒でなければ問題ない。」と言われました。

あれからここ1年、下着に分泌物が付くことは一度もありませんでした。

来月、検診を受けます。

去年マンモグラフィーをしたので、今年はエコーだけ、と考えていました。

去年の分泌のことが気になり、マンモグラフィーも追加すべきか迷っています。

分泌が悪性のものによるなら、エコーのみで解りますか?
アドバイス頂きたいです。
■症状:ブラジャーに黄色っぽいしみがついた
<女性:36歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。