乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7402]
性別:女性
年齢:36歳
病名:
症状:ブラジャーに黄色っぽいしみがついた

36歳です。

去年5月、エコーとマンモグラフィーを受け、問題なしでした。

検診時、乳首を絞ると、数個の穴から白や黄色の分泌がありました。

出産し、断乳後1年だったので、「母乳、もしくは生理的な分泌でしょう。」とのこと。

その1ヶ月後、右のブラジャーに黄色い汁が本の少し付いていました。

受診したところ、「1ヶ月前にエコー、マンモグラフィーもしているし、赤や黒でなければ問題ない。」と言われました。

あれからここ1年、下着に分泌物が付くことは一度もありませんでした。

来月、検診を受けます。

去年マンモグラフィーをしたので、今年はエコーだけ、と考えていました。

去年の分泌のことが気になり、マンモグラフィーも追加すべきか迷っています。

分泌が悪性のものによるなら、エコーのみで解りますか?
アドバイス頂きたいです。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「分泌が悪性のものによるなら、」
→多孔性なので、「乳管内病変が原因」ではないようです。

「エコーのみで解りますか?」
→本当の乳管内病変ならば、エコーでもマンモでも解らない(乳管造影が必要)ことが多いですが…

 質問者の場合には、当てはまらない(乳管内病変を想定する理由がない)ようです。

 ★いずれにしても「マンモよりはエコーの方がまし」であることは間違いありません。(マンモでは小さな病変は解らないが、エコ―ならば3mmくらいの病変でも検出できます)

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

乳がん検診(マンモグラフィーの必要性)
性別:女性
年齢:36歳
病名:
症状:

ご回答ありがとうございました。

多孔性なら問題ないとのこと、安心しました。

断乳してから2年半たちますが、ブラジャーに黄色い染みがつくことがあります。

多孔性か確認したいのですが、私はとても心配性なので、絞ることが怖いのです。

悪いものなら、絞らなくてもどんどん出てきますか?
ブラジャーについていないか、確認するだけで良いのでしょうか?
ちなみに、毎年マンモグラフィー、エコーは受けていますが、問題は指摘されていません。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「多孔性なら問題ないとのこと、安心」
→その通りです。
 安心してください。

「断乳してから2年半たちますが、ブラジャーに黄色い染みがつくことがあります。」
→普通のことです。
 気にしないように。

「多孔性か確認したいのですが、私はとても心配性なので、絞ることが怖い」
→検診の際に絞ってもらえば十分です。(前回絞ってもらった際には多孔性だったのだから)

「悪いものなら、絞らなくてもどんどん出てきますか?」
→その通り、そして自分でも「これはおかしい」と実感するので大丈夫です。

「ブラジャーについていないか、確認するだけで良いのでしょうか?」
→その通り。
 分泌に過剰になるのは止めましょう『乳頭分泌をブラックボックスに入れていませんか?』をご一読ください。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

片側ブラジャーに黄色い分泌がついた
性別:女性
年齢:36歳
病名:
症状:

先生いつもご回答ありがとうございます。

6月、エコーとマンモグラフィーを受け、
問題なしでした。

本日、ブラジャーを見たら、左側だけに、
小さな黄色い分泌がついていました。

受診は必要でしょうか?
とても心配しています。

今、断乳して2年8ヶ月です。

前々回質問しましたように、去年まで多孔性の分泌はありました。

絞るのが怖くて、最近は絞ってはいませんが、ここ1年は、自然に分泌されてブラジャーに付くことはありませんでした。

エコーとマンモグラフィー以外に、その他必要な検査はありますか?
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「本日、ブラジャーを見たら、左側だけに、小さな黄色い分泌がついていました。」
「受診は必要でしょうか?」

→とんでもない!!

 6月にエコーしたばかりなのに、その発想は止めましょう。
 そうではなくて、分泌の原因として本当に「乳管内病変」であれば、「1か所からの」分泌が、継続するはずです。
 ★そもそも多孔性ならば、気にする必要はありません。

  もしも単孔性ならば、最低3か月は分泌が続くかどうか「毎日軽く絞って」見ましょう。(「絞れば必ず1か所から出る」状態が3か月以上続けば「乳管内病変」の可能性があります)

 
 

 

質問者様から 【質問4 】

CT被爆と乳ガンリスク
性別:女性
年齢:36歳
病名:
症状:

あれから下着に分泌液が着くこともなく、
落ち着いています。

ありがとうございました。

2017年~2018年にかけて、大病を患い、
何回かCTを撮りました。

2017年1月 全身CT (造影あり、なし)
2017年8月 肺CT (造影なし)
2018年8月 肺CT (造影なし)
また、胸部エックス線も、この2年間に6回近く撮りました。

2017~2019年は、年1回マンモグラフィーも撮影しています。

こんなに被爆をしてしまって、乳ガンリスクや、その他発ガン性は大丈夫だったんだろうか、ととても不安です。

ご教授頂けると幸いです。

また、今後の検診方法について、マンモグラフィーは毎年撮影する必要はあるでしょうか?
黄色い分泌が下着についたこと以外に、今までで異常を指摘されたことはありません。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

「こんなに被爆をしてしまって、乳ガンリスクや、その他発ガン性は大丈夫だったんだろうか、ととても不安」「ご教授頂けると幸いです。」
⇒常識的な
 検診で十分です。
 ご安心を。

「また、今後の検診方法について、マンモグラフィーは毎年撮影する必要はあるでしょうか?」
⇒?
 (巷には)マンモグラフィー神話があるのでしょうか?
 私からみれば、マンモはエコーより2つ3つ「格下」です。

 30歳代であれば、3年に1回程度でいいでしょう(毎年エコーの方が1000倍位重要です)

 
 

 

質問者様から 【質問5 】

片側ブラジャーに肌色の分泌がついた
性別:女性
年齢:36歳
病名:
症状:ブラジャーに薄い肌色のしみがついた

いつもありがとうございます。

あれから、右側のブラジャーに分泌がつくことはなくなりました。

しかし先日、今度は左側のブラジャーに、
ごく薄い肌色のようなシミがついていました。

布で軽くこすったら、取れてしまったため、病院に持っていくことはできませんが…。

3ミリ×3ミリくらいの大きさです。

六月にエコー、マンモグラフィーをして問題はありませんでした。

さらに7月に黄色の分泌のため、念のため再度エコーをしてもらい、やはり問題なしでした。

今度は逆のブラジャーに薄い肌色がついていたのですが、心配なものでしょうか?
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答5】

こんにちは。田澤です。

「あれから、右側のブラジャーに分泌がつくことはなくなりました。」
「しかし先日、今度は左側のブラジャーに、ごく薄い肌色のようなシミ」

⇒両側ということです。(お願いだから、もう気にしないようにしましょう)

「六月にエコー、マンモグラフィーをして問題はありませんでした。」
「さらに7月に黄色の分泌のため、念のため再度エコーをしてもらい」

⇒いくらなんでも…

 気にしすぎです。

「今度は逆のブラジャーに薄い肌色がついていたのですが、心配なものでしょうか?」
⇒両側ということで、これで100%安心できますね?(無駄な心配をするのは止めましょう)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。