乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

抗がん剤をやらない事にしましたが…。ki67値について。   [管理番号:7245] 
昨年の12月に 乳房全摘出手術を受けました。
ステージ1・腫瘍径 35×20・ホルモ
ン受容体陰性・HER2陽性(3+)・ki67
(マンモトーム生検)30~50%(手術)10~30%・核グレード3・リンパ節転移なし・脈間侵襲なし・切断断端陰性・です。

①田澤先生でしたら 抗がん剤を進めますか?
②ki67値が、生検と手術で 変わったのは、生検で悪い部分ピンポイントで採り除いたと言う事ですか?
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

悪性葉状腫瘍について   [管理番号:247] 
左胸にしこりを発見し、乳腺科を受診しました。細胞検査の結果「悪性葉状腫瘍」との診断でした。ネットで調べたところ、大変な稀な病気であることがわかりましたが、今度は入院して手術をしなければいけません・・・
■病名:悪性葉状腫瘍
■症状:再発?
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの再発転移について   [管理番号:1581] 
わたしはほんとに抗がん剤をしなくてよかったのでしょうか?
グレード3でki67 25が気になります。。
■病名:乳がん
■症状:腹水について
<女性:39歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳腺炎でしょうか?   [管理番号:6955] 
左胸の症状について、アドバイス頂けますでしょうか。
(私は55歳で、2年前に閉経しております。
30~40代の頃に不妊治療を長くやり、ホルモン系の薬を多く取ったことがあります。
マモグラフィーに行くと、乳腺が密だといつも言われます。)
8月末に左乳首から透明な分泌液が出たので、医師に相談したところ、マモグラフィーと
エコーを指示され、結果は異常なしで、分泌液もその後は止まりました。

しかしその2か月半のちに、今度は乳白色の分泌液が2日ほど出て、それはすぐ止まりましたが、その直後から左胸に赤い腫れが出て、いま鈍痛とかゆみがあります。

本日再び診察に行き、上記の症状を話したところ、「乳腺炎」ではないかとのことで、
医師が分泌液を検査のために搾取しようとしましたが、全く出ませんでした。
抗生物質を処方され、MRIを受けるよう指示が出ました。

胸の赤みは、先生が「乳がんプラザ」に載せて下さっている「鬱滞性乳腺炎」の写真に酷似しているのですが、この症状は「授乳期に起こる」とあるため、50代で閉経後の私がこれに該当するのか疑問を覚えまして。

(1)先生も「乳腺炎」だと思われますか?
(2)私の医師の指示(抗生物質とMRI)は的確でしょうか。
■病名:乳下腺膿瘍
<女性:55歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

しこりについて   [管理番号:7106] 
【質問】
①前回、田澤先生の所に行かせて頂いたのは2018年の8月で、次は1年後ね。
と言って頂いてたのですが、不安な為、上記の内容を再度、田澤先生にしっかり見て頂く事は可能でしょうか?もし、気にしすぎだったとしても、一度診て頂きたいなと思ってます。

体外受精の移植を来月に控えており、出来るだけ早めに田澤先生に診て頂きたいと考えております。
お忙しい所申し訳ありません。

②田澤先生に診て頂いた上で、田澤先生が気になられる所見が少しでもあれば、確定診断のマンモトーム生検をして、白黒ハッキリつけた上で安心して不妊治療に臨みたいです。

マンモトームの予約も混み合ってると思います。
予約はだいぶ先になりますでしょうか?
状況によって、不妊治療の病院に、来月の移植をどうするか報告したいと思っております。

③京都の病院に、マンモグラフィの画像などを貸して頂きたい旨や紹介状を伝えるのが少し言いづらいのですが、田澤先生の所で再度マンモグラフィをとって頂くのは可能でしょうか?
それとも、さすがに1年に3回目となるマンモグラフィの撮影は頻度が多くて、身体に危険でしょうか?(乳がんプラザを見ていても、1年に2回は問題なさそうだったのですが。)
2018年8月に江戸川病院で。

2019年1月に今回の京都〇〇乳腺外科で。

④紹介状もある方が宜しいでしょうか?
■病名:乳腺症
■症状:左右の下部分にしこりがあります。
(特に左胸)
<女性:35歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。