乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6955]
性別:女性
年齢:55歳
病名:
症状:乳白色の分泌液、胸の赤み、かゆみ、鈍痛

田澤先生、
左胸の症状について、アドバイス頂けますでしょうか。
(私は55歳で、2年前に閉経しております。
30~40代の頃に不妊治療を長くやり、ホルモン系の薬を多く取ったことがあります。
マモグラフィーに行くと、乳腺が密だといつも言われます。)
8月末に左乳首から透明な分泌液が出たので、医師に相談したところ、マモグラフィーと
エコーを指示され、結果は異常なしで、分泌液もその後は止まりました。

しかしその2か月半のちに、今度は乳白色の分泌液が2日ほど出て、それはすぐ止まりましたが、その直後から左胸に赤い腫れが出て、いま鈍痛とかゆみがあります。

本日再び診察に行き、上記の症状を話したところ、「乳腺炎」ではないかとのことで、
医師が分泌液を検査のために搾取しようとしましたが、全く出ませんでした。
抗生物質を処方され、MRIを受けるよう指示が出ました。

胸の赤みは、先生が「乳がんプラザ」に載せて下さっている「鬱滞性乳腺炎」の写真に酷似しているのですが、この症状は「授乳期に起こる」とあるため、50代で閉経後の私がこれに該当するのか疑問を覚えまして。

(1)先生も「乳腺炎」だと思われますか?
(2)私の医師の指示(抗生物質とMRI)は的確でしょうか。
そうでないなら、どういった検査や処置が妥当でしょうか?
ご多忙の折恐縮ですが、アドバイス頂けだら幸甚です。
宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

乳腺炎は、理由もなく起こることはありません。
1.(授乳期の)うっ滞性乳腺炎
2.(陥没乳頭に伴う)乳輪下乳腺炎

上記のどちらでもない場合には
3.肉芽腫性乳腺炎を疑わなくてはいけません。

ただし、常に「乳癌ではないのか?」という注意が必要です。

〇「赤み」がある乳癌と言えば、「4.炎症性乳癌」がありますが、これは実際には炎症はなく(炎症性乳癌に炎症無し)、皮膚のリンパ管が(広範囲に)閉塞することにより「一見炎症に見えるだけ」の病態です。
 今回は「発熱がない(少なくとも記載がない)」ことより、「実際は炎症ではないのでは?= もしかして炎症性乳癌?」という視点は必要です。

「(1)先生も「乳腺炎」だと思われますか?」
→冒頭のコメントにどおり・

 (授乳期でもないのに)うっ滞性乳腺炎ではありません。
 可能性としては
  2.乳輪下乳腺炎?
  3.肉芽腫性乳腺炎?
  4.炎症性乳癌?

 陥没乳頭があれば、2の可能性が高いですが…
 重要なのはエコー像でしょう。
 もしも腫瘍があるのであれば、それを組織診(この場合にはMMTEがベスト)しましょう。

「(2)私の医師の指示(抗生物質とMRI)は的確でしょうか。そうでないなら、どういった検査や処置が妥当でしょうか?」
→MRIなど無駄。

 エコーで腫瘤影があれば、MMTEすべきです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。