乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

生検しないで部分切除することが不安です。   [管理番号:6884] 
マンモ、超音波をし左胸に7ミリの腫瘍が見つかりました。
生検しておとなしいタイプの浸潤癌と言われました。
その後MR、
CTをしました。
マンモにはうつってないが、超音波では左の腫瘍近くに小葉癌かもしれない所見がみられるとのこと、また右胸にも腫瘍が見られたので右胸腫瘍を生検して良性でした。
その後左胸の腫瘍の凍結治療をすすめられたが、結局は位置が悪く凍結はできなくなり手術にて左胸の腫瘍を切除することになりました。

どうせ切るのなら、ついでに小葉癌かもしれないとこもとりましょうといわれたのですが、生検してない(小葉癌かもしれないという未確定な)部分をとってしまうことが不安なのです。
手術を延期しても小葉癌かもしれない部分の生検をしたほうがいいでしょうか?もともとの腫瘍が、小さく見つかったから一度に疑わしいものはとったほうがいいというのが先生のお考えのようなのですが、いかがなものでしょうか?
■病名:浸潤癌
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

私のサブタイプはルミナールなのかトリプルネガティブなのか?   [管理番号:7148] 
【質問】

①グレード1
NA2
MCI1

は、たまたま採取した4つの細胞のうち、3つがグレード1NA2MCI1、ひとつは(-)なだけで、もっと顔つきの悪いものが潜んでいるということでしょうか。
ルミナールではないということなんでしょうか。

②2か3aのステージにいると思って思っています。

サブタイプがトリプルネガティブの場合、標準治療した場合の無再発生存率を教えてください。

③一時期、毎日何十分も脇や胸周辺のマッサージをしてしまっていましたが、脇にリンパ転移が3つ4つもあるのは、マッサージも原因していますか?

④ステージ3程度で、標準治療した後転移しないようにするには、何に気をつけたら良いのでしょうか。
■病名:乳癌
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後半年皮膚の赤み   [管理番号:7121] 
2018年7月(中旬)日に手術を受け、ステージ2a左胸浸潤小葉ガン、腫瘍径2.5センチ、リンパ節転移なし、高度ホルモン反応、HER2陰性、グレード1、ki-67 16%、脈管浸潤なし、とノートに書いてもらいました。
ルミナールAでホルモン療法ノルバデックスを1日一錠飲んでいるだけです。

飲み始めて1ヶ月で生理は来なくなり、術後検診では主治医は経過は順調です、と言っていますが、術後半年経って心配な事が出てきました。

術創部(全摘)下側の皮膚に広範囲な赤みがあってなかなか消えないので主治医に診てもらいましたが、軽く触診しただけで皮膚表面だけなので、問題ないとステロイド入りの軟膏をもらいました。
塗ってしばらくたちますが、赤みは少し薄くなりましたが、まだ消えず残っています。

皮膚に再発ではないかと不安です。
先生ならこのような症状赤み、湿疹はないですが押すとあざのような痛み感覚は再発の兆候とお考えですか?
再発ではないとすれば、これは何の症状なんでしょうか?主治医の先生も問題ないというだけで、根拠なく不安です。
■病名:浸潤小葉乳癌
■症状:術後半年皮膚の赤み
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療方法について   [管理番号:7157] 
●2018年12月上旬
マンモトーム検査の結果、がんの告知を受ける。

●2019年1月中旬
右乳房全摘手術を受ける。
同時再建せず。

●2019年2月上旬
病理の結果が出たので説明を受け、今後の治療方法を相談をする。

【術前】
診断名:浸潤性乳管がん
ER:80%陽性・PGR:70%陽性
HER2:陰性
Ki-67 8%

【術後】
診断名:浸潤性乳管がん
ER:陽性・PGR陽性
HER2:陰性
Ki-67 測定なし
悪性度 1
腫瘍径 75mm
浸潤径 40mm
波及度 脂肪
センチネルリンパ節 陰性
断端 陰性
ly1・v0

ノルバデックス(20mg)は、明日の朝から開始、リュープリンは恐らく1か月後のノルバデックスの影響を血液検査で確認してからの投与(6カ月製剤と聞いています)になると思われます。

私にとって、この選択が大きく間違っていないのか不安があります。
■病名:浸潤性乳管がん
■症状:乳頭分泌物・しこりなし
<女性:49歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

 
 

Q&Aコーナーで質問をした方へ。

可能な方は、その後の【結果(経過)】をおしらせください。
【結果】のご案内ページはこちらをクリックしてください。