乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術前病理結果について   [管理番号:6868] 
9月にA病院にてマンモトーム生検を行い、
ホルモン陽性、HER2陰性、Ki67は2%の浸潤がんと診断されました。

腫瘍の大きさは約3センチあり、
全摘も視野に入れてと言われましたが
温存で行うことを決めました。

MRIの造影剤には反応あり、
マンモグラフィは構築の乱れが元々あります。

エコーもギザギザしてはいますが、腫瘍の形がはっきりせず、
触れてもはっきりしないタイプと言われております。

その後A病院には放射線施設がないこと、
長く仕事と両立して通うことを鑑みて、
B病院に転院を決め、昨日訪問したところ、
B病院の病理結果では、良性腫瘍とのこと。

先生の説明では「ほぼ白」とのことでした。

検体は共に9月に行ったマンモトームのプレパラートですが、
こんなに診断がずれることはあるのでしょうか。

また先生ならどのようなアドバイスをされますでしょうか?
■症状:胸のしこり、乳癌か乳腺症
<女性:34歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールAかルミナールBか治療方法について   [管理番号:6867] 
所見
組織型:浸潤性入管癌
浸潤系:2.1センチ
リンパ節転移:なし
脈管侵襲:なし
異型度:グレード2
切除断端:陰性
エストロゲン:陽性
プロゲステロン:陽性
ki67 :中間30%
HER2:0

質問1. 抗がん剤は不要でしょうか。
抗がん剤をしても上乗せは数%と主
治医に言われました。
できればやりたくありませんが、子供が小さいの
で再発防止のメリットが大きければやることも考えます。

質問2.私はルミナールAかBかどちらなのでしょうか?
主治医は中間との見解でした。
■病名:乳癌
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん肺転移の治療方法の選択枝について   [管理番号:6110] 
主治医の話では、フェソロデックスが効いていないなら、ハーセプチン+抗がん剤になる可能性が高く、私が「もう使えるホルモン剤はないのですか?」と尋ねると、「あるけれど、、多分効かないだろう」とのことでした。

私としては、このまま、がんが大きくなるのが一番怖いです。
早く叩いてがん細胞を小さくし、転移カ所をこれ以上増やさないようにしたいのですが。
抗がん剤を使い、効かなくなったら、次の抗がん剤、また次のと、、そのうち使えるのが無くなってと不安ばかりがつのります。
あと1年経てば10年になり、晴れて無治療になれるとばかり思っていたので、とても辛いです。

田澤先生に助言を頂きたいのですが
①フェソロデックスが効いていない場合、次の治療方法として、どのような物がありますか?
(投薬の種類、投薬方法、投薬の期間など、解らないので教えてください)
②その中で、今の私の場合、どれが一番良いと思われますか?
(もし、田澤先生のご家族だとしたらどれをお薦めになりますか?)
■病名:乳がん、両肺転移、鎖骨下リンパ節転移
■症状:乳がんにより症状は無し。抗がん剤治療による副作用がある。倦怠感、便秘、下痢、胃潰瘍、爪周囲炎、手指のしびれ
<女性:58歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。